ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ケット・シー


ヨミ: ケットシー
掲示板をミル!
10カキコ!

ケット・シーCait Sith、あるいはCat Sí、またはCat Sidhe)とは、アイルランドの伝承に登場する妖精である。


概要


ケットは「」、シーは「妖精」を意味する(同じアイルランドの伝承にある女モンスターバンシー」の「シー」も同じである)。

人前では普通のように装うが、そうでないときは二本足で歩き、人も解するという。伝統的なケット・シーの姿はくらいの大きさで、胸毛黒猫だという。それ以外の毛色や大きさのケット・シーが出てくる話もよくあるが、一方で人間の姿になる話はあまりない。アイルランド人はケモナー趣味ですねかわります。

一般的に人間なすような存在ではないが、を虐げる者には容赦しないという。ヨーロッパでは魔女徴(化身とも使い魔とも)と考えられてきたこともあり、キリスト教の土着神話否定によって悪魔として解釈されることもある。

アイルランドの民話に限らず、ケット・シーはファンタジー系の創作作品でもよく見かける存在である。扱いこそ様々だが、総じて原典通りの二足歩行の黒猫姿で登場することが多い。

同じような妖精クーシー妖精)がいるが、人間じみたケット・シーとは違ってこちらは常に四本足で歩くケモノの姿をしている。


主な登場作品


ファイナルファンタジーシリーズ
ファイナルファンタジーVI』にて魔石(召喚獣)として初登場。小さな王冠を頭に載せた、伝統的な黒猫の姿をしている。敵全体にコンフュ(混乱)の微妙効果があった。意外にも、以降の作品には召喚獣としての出番がほとんどない。
FFにおけるケット・シーと言えば、パーティーキャラとして使用できた『ファイナルファンタジーVII』の印が強い。デブモーグリぬいぐるみに乗った黒猫で、関西弁で喋る賑やかし系キャラである。武器はメガホンで、これで足下のデブモーグリに命して戦う。リミットブレイクは2つだけで、賽のによってダメージが変わる「ダイス」、った絵柄で効果の変わる「スロット」と、前作のセッツァーを彷彿とさせる内容である。前作よろしく、スロットにはラスボスでも一撃死させる「オールオーバー」、味方全滅の「ジョーカーデス」も含まれている。このキャラクターについての詳細は「ケット・シー(ファイナルファンタジーVII)」の記事も参照。
女神転生シリーズ
真・女神転生II』や『女神異聞録ペルソナ』などに登場する、序盤の雑魚悪魔。種族は魔獣
サーベルを手に持ち、羽根つき帽にマントと、民話(および東映アニメ)の『長靴をはいた猫』を意識したと思われる姿をしている。
魔導物語シリーズぷよぷよシリーズ
「ふたごのケットシー」が登場する。双子シャムシャム双生児とかけている)で四足歩行と、人を解するである点を除いては伝統的なケット・シーとかけ離れた姿をしている。
シリーズにおいてはMSX版『魔導物語』から登場(当時は「ふたごのシャム」名義)している古雑魚キャラで、ぷよぷよシリーズでは『ぷよぷよ通』から登場している。
毒舌キャラらしく、アルルく「喋るとかわいくない」とのこと。

関連動画



■sm10307510[ニコ動]


関連商品


■azB0013N8YSS


関連コミュニティ


ケット・シーに関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 19/08/08 23:43
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ