ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ゲド戦記


ヨミ: ゲドセンキ
掲示板をミル!
91カキコ!

『ゲド戦記』とは、アーシュラ・K・ル=グウィン作のファンタジー小説である。2006年映画化されたような気がしないでもない。


概要


ことばは沈黙に

は闇に

生は死の中にこそあるものなれ

飛翔せるタカ

にこそける如くに

多数のから成り立つ世界アースシー」を舞台としたファンタジー小説。「ゲド戦記」というのは邦訳につけられたタイトルで、実際には戦記的要素はあんまりない。ついでに言うと明確なシリーズ名すらなく、海外ファンからは大まかに The Earthsea cycleアースシー作品群)等と呼ばれている。

また、ゲドが実質的な主人公なのも一巻のみで各物語ごとに主人公は違う。第三巻と第四巻の間には長い中断があり、第四巻以降はそれ以前とかなり作が違う。

日本国内では『指輪物語』『ナルニア国物語』と並べて「世界三大ファンタジー小説」とも称されるが、それはあくまで日本のみでの話である。確かに海外でも英を中心にヤングアダルト向けファンタジーとして高評価を受け、特に「帰還」は1990年のネビュラ賞長篇部門を獲得したが、日本ほどに深く浸透した存在というわけではないようだ。

とはいえイギリスではBBC1996年シェイクスピア劇の俳優声優に採用して「影との戦い」をラジオドラマ化し、好評だったのか後にカセットテープ化されたらしい。アメリカでは2004年に「影の戦い」と「こわれた腕輪」をテレビドラマ化したが、こちらは原作意味な変+オリジナル要素入れまくりで大コケ原作者が公式サイトで「総合プロデューサーさんの想像にはただ感心するばかりですが、私の作品にはどうか関わらないで頂きたかった・・・」と泣きを入れる始末であった。


既刊


この他に1964年に発表され未邦訳の作品集に収録された短篇が2つある。


登場人物


名前は、通り名/の名
ハイタカ(Sparrowhawk)/ゲド(Ged)
「影との戦い」における主人公
アースシー北方に位置するゴン(Gont)の出身で、類い希な魔法の才を持つ。
若い頃はその才から傲慢な性格で、結果として「影」を呼び寄せてしまう(影との戦い)。
アルハ(Arha)/テナー(Tenar
「こわれた腕輪」における主人公
東方に位置するカルガド帝国Kargad Lands)のアチアンの墓所に仕える巫女。墓所の事と自分に仕える女官と宦官しか知らない狭い世界で生きてきたが、ハイタカとの出会いによって外の世界興味を持つ。
アレンArren)/レバンネン(Lebannen)
「さいはてのへ」における主人公
エンラッド(Enlad)の王子で、世界の異変に対処するためにハイタカとともに最果ての地へと立つ。
テルー(Therru)/テハヌー(Tehanu)
「帰還」「アースシー」におけるキーパーソン
両親の虐待によって顔の左半分がケロイドになっており、うまく話すこともできない。テナーによって育てられる。
アイリアンIrian)
「ゲド戦記外伝 トンボドラゴンフライ)」における主人公
女人禁制であるロークの学院(the School of Roke)を敢えて訪ね、自分の本来の姿を探する。


スタジオジブリによる映画(2006)


宮崎駿息子宮崎吾朗監督として製作された。

世界的な名作新米監督映画化するという時点で不安が漂っていたが、実際の出来は…→お察しください

開前後のグダグダwikipedia参照[外部]


関連動画



■sm3236962[ニコ動]


関連商品


■az4000280716
■az4000280724

■az4000280732
■az4000280740

■az4000280767
■az4000280759


関連コミュニティ


■co3618


関連項目



最終更新日: 14/01/18 02:13
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ