ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ゲーム&ウオッチ


ヨミ: ゲームウォッチ
掲示板をミル!
64カキコ!

ゲーム&ウオッチ(げーむうぉっち)とは、1980年より任天堂から発売された任天堂初の携帯液晶ゲームである。

曖昧さ回避

概要


オクトパス

電卓の液晶とチップを応用した手のひらサイズ携帯液晶ゲーム機。正確な公式文字表記は「ォ」が小さくなく「オ」と大きい。(でもテレビCM[動]での発音はゲームウォッチ。&も発音しない)

モノクロの画面でシンプルゲームを淡々とプレイし、高得点を狙うというのが基本的な形だが、後期にはキャラカラーで表示されたり、二人で対戦できるようにコントローラーがついたりと様々な工夫が凝らされるようになった。

携帯ゲーム機はゲーム&ウオッチ以前にも存在していたが、ゲーム&ウオッチはその文化を広く根付かせた。子供達にゲーム&ウオッチ旋を巻き起こし、社会にもなった。内だけでも1287万個、全世界では4340万個を売り上げた。

そのあまりの人気故に、模倣品、類似品も爆発的に出回った。内では類似品でくにれたが、海外では10年近くに渡り売れ続けた。類似品も含めればその販売数は一億個にも上ると思われる。当時80億近く借があった任天堂の業績を好転させ、ファミコン開発の礎となった。借済し、貯40億になったそうな。

マルチスクリーンドンキーコングは、世界の「十字キーが付けられたゲーム機でもある。十字キーはのちに発売されるファミコンにも付けられた。また、ゲームボーイルーツでもあり、画面が二つあるマルチスクリーンニンテンドーDSの原でもある。

ニンテンドーDSが世間に発表された時は、「これゲーム&ウオッチだ!」と思った人が沢山いたらしい。
この記事を読んでいる良い子の君のお父さんお母さんも、小さいころに夢中で遊んでいたかもしれないよ!


開発のきっかけ


発案者は横井軍平アイディアのきっかけは電卓で遊ぶサラリーマン新幹線で見たことだった。「サラリーマン暇つぶしに遊べる小さなゲーム機はどうだろう」というのが最初の発想だったのだが、横井自身はそれほど見込みがあるアイディアとは思っていなかったようで「あのことがなかったらおそらく忘れ去っていた」とっている。

ある日横井は、風邪で休んだ専属運転士の代わりに山内組長社長で送迎することになった(どうやら横井が外好きで、左ハンドルに慣れているため適任だろうと人事部長が選んだらしい)。

運転士じゃなくて開発部長なんだから仕事の話をしないと」と横井山内に先のアイディアを相談。山内も聞き流すような様子ではあったのだが、その日たまたま会合でシャープ社長と会った社長が話を取り付けたことから、一週間ほどで開発がスタートした。もし運転士風邪を引かなかったら、もし横井内で雑談をしなければ、もし社長シャープ社長と会わなかったら、ファミコンも、ゲームボーイも、現在任天堂かったとも言えるわけである。

またシャープも当時デジタル電卓の「小さく薄く安く」という価格競争のあと、供給過多で価格が下落した液晶を持て余していたようで、電卓より大きな液晶を使うゲーム&ウオッチはまさに渡りに船だったわけである。横井く「ゲーム&ウオッチがかったらシャープの液晶部門はここまで来なかった」とシャープの偉いさんからよく言われたという。

サラリーマンが両手で隠して遊べるように」と名刺のような手のひらサイズシンプルボタン操作になったが、実際は小学生によく売れた。これを受けて「手に隠して操作は押すだけ」というところから脱却していったのが、折りたたみ式で十字キーを備えたマルチスクリーンシリーズだったりする。初期の頃は「隠れて遊ぶもの」だったゲーム機が、次第に市民権を得ていったことが伺える。


シリーズ一覧



シルバーシリーズ


[画像を見る]

初めて登場したシリーズ。画面は白黒で本体の前面が銀色になっている。価格は5800円。

ゲーム 発売日 内容
ボール
[画像を見る]
1980年
4月28日
両手でボールを落とさないようにお手玉を続けるゲーム
後の作品にはこれの変形版が多く、ゲーム&ウオッチの礎を築いたソフトといえる。
フラッグマン
[画像を見る]
1980年
6月5日
定された通りに4つのボタンを押していく記憶ゲームゲームBは定されたボタンを素く押すゲームになっている。
バーミン
[画像を見る]
1980年
7月10日
両手のハンマーモグラを退治するモグラたたきゲームミスカウントはモグラ
ファイア
[画像を見る]
1980年
7月31日
ビル火災現場から落下してくる人を救急車までバウンドさせて運ぶゲーム。開発版(移植版で遊べる)は画面構成が左右逆だった。ミスカウントは天使(というか死人)
ジャッジ
[画像を見る]
1980年
10月4日
プラカードに表示される数字の大きさを時に判断し、大きいほうが相手をゲーム。本体を左右から2人で持つことで2人対戦ができる。

ゴールドシリーズ


本体の前面が色になっている。本体裏に立てかけスタンドが付き、アラームも搭載された。白黒だった画面が一部カラー化された。また、一定の点数を取ると今までのミスかったことにされる仕様になった。価格は6000円。

ゲーム 発売 内容
マンホール
[画像を見る]
1981年
1月27日
通行人が落ちないようにマンホールの蓋を支えるゲーム
ミスカウントは濡れたシャツ。
ヘルメット
[画像を見る]
1981年
2月21日
工具が降ってくる中を頭に当たらないように走り抜けるゲームミスカウントは驚いた顔。
ライオン
[画像を見る]
1981年
4月27日
ライオンがオリから出ないように椅子で中に押し戻すゲームミスカウントはライオンの顔。

ワイドスクリーンシリーズ


[画像を見る]

その名の通り液晶の大きさが1.7倍に。ゲーム&ウオッチブームの火付け役となった。価格は6000円。

ゲーム 発売日 内容
パラシュート
[画像を見る]
1981年
6月16日
から落下で降りてくる人をボートでキャッチするゲームミスカウントはサメ
オクトパス
[画像を見る]
1981年
7月16日
の足を避けながら財宝を船に持ち帰るゲームミスカウントは船上の人数。
ポパイ 1981年
8月5日
オリーブが投げる瓶や缶をキャッチするゲームミスカウントは空き缶
シェフ
[画像を見る]
1981年
9月8日
食材を落とさないようにフライパンでキャッチするゲームミスカウントはネズミ
エッグ
[画像を見る]
1981年
10月9日
舎から転がってくるをキャッチするゲームミスカウントはヒヨコ
ミッキーマウス 同上 ↑のキャラ変更版。移植版ではエッグの方が使われている。日本ではエッグは発売されておらず、こちらの方が販売された(海外では両方発売されている)。
ファイア
[画像を見る]
1981年
12月4日
シルバーシリーズの同タイトル移植仕様若干違うもののほぼ同じである。
タートルブリッジ
[画像を見る]
1982年
2月1日
気まぐれに沈むを渡って対へ荷物を届けるゲームミスカウントは
ファイアアタック
[画像を見る]
1982年
3月26日
インディアンから火を付けられないようにログハウスを防衛するゲーム。流石にマズかったのか移植版では変更されている。ミスカウントはインディアンの顔。
スヌーピーテニス
[画像を見る]
1982年
4月28日
スヌーピーを操作しボールを打ち返すゲームミスカウントは割れたビン。

マルチスクリーン


[画像を見る]

折りたたみ式になり、画面が上下あるいは左右二画面になった。価格は6000円。


次へ»
最終更新日: 18/08/30 21:19
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ