ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


コアラ(ONEPIECE)


ヨミ: コアラ
掲示板をミル!
3カキコ!

コアラ(ONEPIECE)とは、漫画ONEPIECE』に登場するキャラクターである。

CV:ゆきのさつき


概要


インペルダウン看守の動物悪魔の実者……ではなく、革命軍において主人公ルフィの義であるサボコンビを組む、魚人空手師範代を務める女性
クリッとした眼とオレンジショートヘア、キャスケットが特徴的な、可憐でたくましい革命軍の兵士である。

初出はコミックス63巻において、元・七武海ジンベエ回想に、元・奴隷少女として登場した。
初代魚人海賊団‘タイヨウの海賊団’船長フィッシャータイガーがとあるに寄港した際、人間は彼が為した「聖地マリージョア襲撃及び、種族を問わぬ奴隷の開放」という偉業を見込み、人の奴隷であったコアラの故郷への移送を頼まれる。
当時11歳、このときの彼女は、滑らかなもボサボサで、およそ健康的とは言えない容姿だった。

面も健全とは程遠く、コアラ奴隷であったときの過去から「種族の違う大人の男に囲まれようが、その男たちの一人から殴られようが泣きもせず笑顔。殺されないために」という、子供らしくないどころか尋常じゃない様子をしており、タイヨウの海賊団一同に奴隷時代の恐怖トラウマを見せつけることになる。
そんなコアラの姿を見て意を決し、タイガー彼女背中に焼き付けられた奴隷時代の焼き印を、
タイヨウの海賊団のマークで新たに‘上書き’し、コアラ人間でありながら魚人海賊団の掲げる「解放自由徴」「奴隷であった魚人と、そうでない魚人を見分けなくするマーク」を文字通り背負うことになった。

タイガーの痛みを伴う荒療治の御陰で立ち直るきっかけを掴み、コアラは徐々に海賊団の魚人たちと打ち解けて泣き笑い、故郷の村にたどり着いたときには「あたし村の皆に言うよ!!魚人にはいい人達がたくさんいるって!!」という言葉を別れ際に送り、惜しまれつつもタイヨウの海賊団と別れた。

……が、コアラを故郷を送り届ける一連の依頼はフィッシャータイガーを捕縛するための海軍作戦であり、彼女が送り届けられたには数の兵たちが待ち構えていた。
コアラ自身は全く知らなかったが、この待ち伏せでタイガーは重症を負い、結果彼女の大恩人は命を落とすことになってしまった。

その後、コアラ14歳になると、世界政府打倒を革命軍に入ることとなる。
経緯は不明だが、動機にタイガーたち魚人との交流や、虐げられていた奴隷時代のことがあるのは想像に難くないだろう。
同時期既に革命軍入りしていたサボとも交流を重ね、23歳にあたる新世界編の頃には、革命軍の戦士にして魚人空手師範代クラスまで会得するほどの立な成長を成し遂げており、
本編時間軸においてその姿でサボと再登場したときには、サボの再登場と共に読者を大いに驚かせた。「あの元・奴隷の子がまさか」「立になった」と……。


性格と信念


作者く「面倒見のいい性格」らしく、ルフィエースに似てをしたり突っ走ることの多いサボコンビを組み、彼の世話を焼いている。
革命軍の兵士として活躍している頃には、前述の通り普通に感情の発露ができるようになっていて、サボが数日間高熱と悪夢にうなされ、記憶喪失から回復海賊モンキー・D・ルフィポートガス・D・エース義兄弟であったことを思い出したときには、号泣しながらサボの身と、彼が革命軍の下を去ることを案じていた。

そんな彼女を、作者コミックスの質問コーナーにおいてこう評している。

にとってコアラホーディ逆の人生生きる、とても意味のあるキャラクターです。

ONEPIECE』巻七十五p86より

詳しくはリンク先を参照して欲しいが、ホーディ・ジョーンズという海賊は「人間の殺戮・迫と、それに同意しない者をも同類の敵と見做す」という危険極まりない信念を、自身の海賊団‘新・魚人海賊団’の行動針として定めている。自らの誇りたる海賊旗の徴も、「首を切られた人間を、斜め×で塗り潰す」という人間―他種族への念に満ち溢れた意となっている。
確かに、迫未来への希望自由への憧れを描いた「タイヨウ」とは逆の信念と言えるだろう。

どのような形であれフィッシャータイガーの意志を継いだ者は作中に数多くいるが、「解放自由」の意志は奇しくも人間コアラが一番近い形で受け継いでいるのではないだろうか。


関連動画



関連静画



関連項目



最終更新日: 16/01/17 23:52
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ