ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


コア・ファイター


ヨミ: コアファイター
掲示板をミル!
38カキコ!

コア・ファイターとは、アニメ機動戦士ガンダム』に登場する戦闘機である。


概要


CORE FIGHTER
コア・ファイター
FF-X7
全長 8.6m
重量 8.9t
最大速 マッハ4.8
搭乗者 アムロ・レイ 他
装甲 ルナチタニウム
武器

一年戦争時にハービック社によって開発が進められた小の多的軽戦闘機ベース機は同社のFF-6「TINコッド」。

戦闘機に似合わない高性のジェネレータや装甲材として優れるルナチタニウムを採用している。
とはいえ地球連邦軍が既に「モビルスーツ」に移行しつつあった中、これ程までに高性戦闘機が製造されたのにも幾つかの理由があった。

本機を開発したハービックは、連邦軍のFF-S3「セイバーフィッシュ」やFF-6「ティンコッド」に代表される戦闘機の製造を請け負ってきた老舗の軍事企業として知られている。
コア・ファイターは実はただの戦闘機に留まらない、重要な計画に組み込まれていた。

FF-X7「コア・ファイター」はMSの核となるブロックに「変形」する。それ自体が脱出機構(分離変形)を持つコックピットブロックを構成し、機体の中枢となるコアブロックシステムの最重要パーツなのである。

MSへ移行する際の過渡期に生まれた装甲車両の発展RX-75ガンタンク」、中距離支援RX-77ガンキャノン」、兵戦仕様の汎用機RX-78-1「プロトタイプガンダム」、RX-78-2ガンダム」といった試作機群「RXシリーズ」に採用された。
RXナンバー(RXシリーズ)は試作機に与えられる式番号であり、コア・ファイター開発にはこれらの実戦から得た戦闘データを本機に搭載した「教育コンピューター」に保存し、戦場から安全に持ち帰るという的も課せられた(一説にミノフスキー粒子散布濃度次第でCICデータリンク等が不安定になる事が採用経緯として考えられる)。

またコア・ファイターは単体の性も高く、爆撃機や重戦闘機に匹敵する戦果を挙げられ、かつインターセプトやアタッカーとしても有用な機体であった。 そのポテンシャルに注し、大ブースターユニットなどの追加装備を施した「コアブースター」という対モビルスーツ戦に特化した高性戦闘機も開発されている。

コアファイターはこれ以後も試作機に搭載されることが多かったようだ。ただしコアブロックシステムとして構造が受け継がれても、コアブロックにあたる戦闘機は名称が異なる物もある。
MSA-0011「Sガンダム」の「Gコア」、ガンダムTR-1[ヘイズル・アウスラ]ガンダムTR-6[ウーンドウォート]の「プリムローズプリムローズⅡ)」、ガンダム[ケストレル]の「コア・スクァード」、ガンダム[グリンブルスティ]の「コア・ピグレット」などはこれに該当する。

2世代機以降はイジェクションポッドが台頭したが、MSZ-010ZZガンダム」など、試作機(特にガンダムタイプ)では変わらず採用される事が多い。

ちなみに当時のメインスポンサーであったクローバー社から大の合玩具が発売されていたが、なんとコアブロックに変形した際転がし走行できるように、ウイング側面や背面に輪がついていた。

ガンダム2号機のコア・ファイター

RX-78-2RX-78-02に搭載されたコアファイター、コアポッド連邦軍の伝説エースアムロ・レイの搭乗機である。2号機が搭載するコア・ファイター(教育コンピュータ)にはアムロの実戦データが集積されている。

アニメ本編では当初から搭載されていたが、ガンダムORIGINにおけるRX-78-02 ガンダムではコア・ファイターは未搭載でジャブローでようやく組み込まれた。しかしこ戦闘機はコア・ファイターではなくコアポッドとなっている。

オリジンではコアファイターは単なる戦闘機で、WB隊に配備されていた機体に関してもコアブロックとしての機は持たされていなかった。当初は演出上の都合でかれていたが、「やっぱりコアブロックシステムって必要だよね機動戦士ガンダム THE ORIGIN 公式ガイブック』P84」と安大河原に提言し、結局コアポッドというコアファイターの代替品を組み込む事に決定したらしい(コアブロックでないラストの脱出シーンまで考慮されているが、やはりビジュアル的なインパクトが全然違うとの事)。
両作品ともアムロ・レイデータを積んだコア・ファイターは最終的にア・バオア・クーからの脱出後に棄された。

一年戦争から半世紀後、コア・ファイターの学習データを奪取した当時の木星帝国アムロ・レイバイオ脳を作って新MSに搭載し、 「胸に髑髏を刻んだガンダム」や「謎の旧式機」と交戦の末に破壊された。


FF-X5(プロトタイプコア・ファイター)


メカニックデザイン企画MSV-R』に登場。式番号FF-X5

FF-X5は制式採用に至ったFF-X7の前身・テストベッドである。ただしこの時点では出不足や変形時の機体制御に課題を残した。このためFF-X7のロールアウト前にも幾度かテスト良を行った。

テスト17回以上行われ、ソフト面の更新の他、最終的に火器換装・状の変化などを経て現在の形に至る。このプロトタイプ1号機がプロトタイプガンダムに搭載されるのだが、その際に番をFF-X7へとめている。


ホリゾンタル・イン・ザ・ボディ方式


コア・ファイターはRX-78ガンダム」のコアブロック構成時、コックピットとジェネレーターのみが使用出来るに留まっている。
従来のバーティカル・イン・ザ・ボディ方式と呼ばれる構造上、タテに収まるためスラスターや武装が扱えず部の脆弱性も問題視されていたのだという。これはホリゾンタルイン・ザ・ボディ方式…すなわちコアブロックとして差し込む方式に刷新されたことで善を見せ、MSコア時でも武装・スラスターを兼用できるようになった。

ホリゾンタルイン・ザ・ボディ方式の採用機にRX-78GP00「ガンダム試作0号機」、RX-78GP01ガンダム試作1号機」などが挙げられる。

アナハイム社製の機体以外に、ガンダム[ケストレル]やサナリィ製のF90ⅢY「クラスターガンダム」、F97クロスボーンガンダム」、リガ・ミリティア製の「ヴィクトリーガンダム」など、他社・他組織の一部機もこの方式を採用していた。


その他のコア・ブロック・システム



∀ガンダム


アニメ∀ガンダム』に登場する∀ガンダムにもコアファイターが搭載されている。ただし、コアファイターの位置は胸部ではなくフロントアーマー・股間部分になっている。
一説にターンエーは外宇宙から飛来したサイコミュ搭載機(ターンX)を基に、当時の地球文明を駆使して製造した機体とされるため、搭載機でも何ら不思議ではない。また、この機体もナノマシン技術を採用している。


アナザーシリーズ



関連動画



■sm16531069[ニコ動]

■sm16539281[ニコ動]
■sm18040689[ニコ動]
■sm18047681[ニコ動]


関連商品


■az4063301109


関連項目



最終更新日: 19/01/14 11:40
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ