ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


コカコーラ


ヨミ: コカコーラ
掲示板をミル!
89カキコ!

コカコーラとは、ザ・コカコーラ・カンパニーが製造販売しているコーラ飲料。通称コークコーラ飲料としては世界シェアトップである。


概略


医師ジョンペンバートンによってコカインコーラナッツ)エキスから作られたがコカコーラの直接的なな祖先である。後にこれはソーダファウンテンソフトリンクなどを扱う小規模の小売店舗)で販売される炭酸飲料になった。これがコカコーラであり、当初のコカコーラはその名の通りコカインコーラキスを含有していた。現代のコカコーラには両方とも含まれていない。

瓶詰め(ボトリング)しての販売、禁酒法の施行などを背景にコカコーラはアメリカ全土に普及してゆく。第二次世界大戦前には海外でも普及が進み、ドイツでは現地法人を設立してボトリングと販売を行っていたが、戦争によりアメリカからの原液輸入が途絶えコカコーラの生産は中止される(このとき代替品として生まれたのがファンタである)。

第二次世界大戦中は兵の士気を維持するための軍需物資として積極的に戦争に協したコカコーラであるが、戦後海外への更なる展開が進んだ。その一方で内外のシェアをめぐる最大のライバルペプシとの競争が化しており、コカコーラ首部は「ニューコーク」なる新製品を打ち出すが、すでに世界的なブランドとしてまたアメリカ文化のアイコンとして定着していた「コカコーラ」をないがしろにするかのような新商品は消費者の総すかんを食らいコカコーラ社はあわてて「コカコーラクラシック」を販売する運びとなった(この一件はブランドやマーケティングを扱った書籍で頻繁に取り上げられる有名な事例であるが、後に日本では「コカコーラC2商品名の由来が「コカ・コーラ 2nd generation」という「ニューコーク」と類似したコンセプトであった。「カロリー60%オフでコカ・コーラと同じ味をした」と謳っていたが、他のダイエットコーラとたいして味が変わらなかったという中途半端な商品で、発売開始後わずか1年足らずで市場から姿を消した。
オリジナルのコカ・コーラの味に近いダイエットコーラしたという点においては、現在の「コカ・コーラ ゼロ」のルーツでもあると言える。また、2015年3月にはコカ・コーラC2と同じカロリーで合成甘味料不使用(砂糖とステビアを使用)とし、カロリー60%オフ自然な甘さを両立した「コカ・コーラ ライフ」が新発売された。
」において似たような轍を踏んでいる)。


日本において


日本では日本コカ・コーラ株式会社(ザ・コカコーラ・カンパニーからすると子会社子会社、つまり孫会社)が商品開発、宣伝、マーケティングを担い、各地のボトラーが製造販売を担当する体制がとられている。

[画像を見る] 日本コカ・コーラ株式会社

東京都渋谷区渋谷四丁6-3
1957年6月25日 設立 [非上場]

元祖・電子マネー自販機「Cmode /シーモ」


おサイフケータイが普及する前からあった電子マネー対応自販機Cmode」。
当初はNTT docomoのiアプリにしか対応しておらず、購入時にはケータイの画面に「QRコード」を
表示させてから自販機スキャンさせるという、今で考えればとても使いづらいものであった。

QRコード」を表示させてから購入する初期シーモ」の自販機は、順次、新自販機シーモ2」「子シーモ」「新子シーモ」へ置き換えが進んでいる。
自販機では、EdySuicaiDなどおサイフケータイへの対応も進み、これらを使用する場合は「Cmode専用アプリ」は不要である。

なお、2011年3月末をもって、コカコーラ自販機専用「Cmodeマネー」はされた。
今後は、自販機ステッカーに表示されている電子マネーのみ使用可となる。

 

 【資料映像】 新子シーモ自販機

■sm5792737[ニコ動]


関連動画


■sm1256551[ニコ動]
■sm22817[ニコ動]
■sm7658252[ニコ動]
■sm5370662[ニコ動]
■sm2145017[ニコ動]
■sm2925211[ニコ動]
■sm2704862[ニコ動]
■sm4854801[ニコ動]


関連静画


■im5335914(静画)
■im5820677(静画)


提供番組



関連項目



リンク



最終更新日: 18/07/21 12:32
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ