ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ココロコネクト


ヨミ: ココロコネクト
掲示板をミル!
2324カキコ!

『ココロコネクト』とは、庵田定夏によるライトノベルシリーズである。イラスト担当は白身魚
2010年よりファミ通文庫エンターブレイン)から刊行されている。

ドッキリ事件に関する議論は【ココロコネクトドッキリ事件】の記事でお願いいたします。
この記事はあくまで原作およびアニメ作品についての記事です。
関係があるとはいえ不適切な会話はお控えください。
掲示板情報の一元化にご協をお願い申し上げます。

ココロコネクト』とは、庵田定夏によるライトノベルシリーズである。イラスト担当は白身魚

2010年よりファミ通文庫エンターブレイン)から刊行されている。


概要


ココロコネクト
ジャンル 学園青春
小説
著者 庵田定夏
イラスト 白身魚
レーベル ファミ通文庫
刊行期間 2010年-2013年
巻数 全11巻
漫画
作画 CUTEG
連載誌 ファミ通コミッククリア
連載期間 2010年-2013年
巻数 全5巻
アニメ
監督 川面真也
アニメ制作 SILVER LINK.
放送期間 2012年7月-9月

庵田定夏デビュー作。第11回えんため大賞特別賞受賞作品。
公式略称は「ココロコ」。青春の五コメディー
全11巻完結(長編8巻、短編集3巻)。
2013年9月、最終巻発売前で累計120万部(11巻含まず)。

イラスト京都アニメーション所属のアニメーター堀口悠紀子こと白身魚


オリコン年間ランキング2012年・年間文庫ライトノベルシリーズ別で
12位 (411,380部)を記録している。
また、角川グループ直営の電子書籍配信「BOOK☆WALKER」で
同年年間8位。漫画版も83位にランクインしている。
ライトノベル雑誌の「このライトノベルがすごい!」では2010年2012年ランキングで12位~15位を維持(2013年は大きな順位変動もあり27位)。
ヒロインの1人である「稲葉姫子」は女性キャラクターランキングで初登場から
13位→6位→3位と健闘している(2013年は11位)。

2010年10月より、ファミ通コミッククリアにてCUTEGによる漫画が連載され、
ズラダムまでが描かれ完結している。
1話のみ無料で読む事も出来る(2014年6月1日現在)。全5巻。




2011年2月(原作4巻チランダム発売後)にドラマCD第1巻、2012年1月に第2巻が発売している。
シナリオ監修は庵田定夏。脚本は後にアニメシリーズ構成・脚本を担当するファンである志茂文彦
このドラマCDオーディションは最初からレギュラー声優がほぼ決定しており、ドラマCDの内容とまったく関係のない「人格入れ替わり」の演技(豊崎愛生声優5人がそれぞれ【人格入れ替わり】の演技)も行われ、この時期からアニメ化が決定していたのではないかと声優が様々な媒体で触れている。
(5人全員が演技について1発OKをもらっている。声優5人はその後原作も二年生編まで読破している)
ヒトランダム編の【人格入れ替わり】の演技に限らず、全編に渡る「(高校生の)感情の起伏の表現の難しさ」と「それに対する演技が信頼されて任された」ということから「役者利に尽きる」とミチランダム上映後のラジオCD3巻・新規録音で豊崎愛生っている。

2012年アニメ化2012年7月2012年9月までに原作1~3巻に相当する
ヒトランダム」「ズラダム」「カコランダム」が放送される。

2012年11月PSPで「ココロコネクトチランダム」としてゲーム化され発売。
ヒトランダム編」後を舞台ゲームオリジナル異常未来予知」が巻き起こる。
原作者・庵田定夏が全監修。永瀬伊織シナリオのみ、庵田定夏の原案シナリオが採用されている。
また、有料DLCシナリオとして二年生編エピソード2本が用意され「永瀬伊織(二年生版)」や、新一年生
円城寺紫乃」「千尋」が登場する。

2012年11月12月にかけて原作4巻に当たるOVAチランダム」が新宿シネマートで7日間の期間限定で劇場上映された(11月に第14話~第15話、12月に第16話~第17話。関西では大阪シネマート心斎橋で4話一挙上映)

16話の序盤に「一期」「二期」「三期」「やる期」と書かれている看が存在するシーンや、最終話ラスト原作で今後登場する新キャラクター(円城寺紫乃東山奈央千尋豊永利行)の姿もあるが、2014年8月現在において公式で二期以降の発表などはない。ミチランダム編はOVAとして上巻が2013年3月、下巻が2013年4月に発売。

2013年3月アニメ放送版ダイジェスト漫画ココロコネクトONAIR」(著者:な!全1巻)が発売されている。
(Blu-ray3巻の特典に出張版としてヒトランダム編~カコランダム編までの描き下ろし四コマ本が付属)

2013年5月から2014年1月までフリューやセガライズによりプライズフィギュアなどの展開が行われている。

アニメBlu-rayに付属する特典ドラマCDにおいても志茂文彦が脚本を担当。監修も庵田定夏
特典ドラマCD原作にはない現が起きている期間における文研部のオリジナルエピソードが描かれている。

アニメ化は放送直前に「アニメーションプロデューサー」である金子逸人(SILVER LINK.代表取締役/同社の他作品でもプロデューサーを自ら兼任)が「企画を始めて2年(2012年7月6日)」とっているため、2010年5月29日発売の「ズラダム」の発売した時期からアニメ化企画が動いてた可性がある(総監督大沼心も帯で推薦していた)。
https://twitter.com/search?q=from%3Acandypop696%20since%3A2012-05-15%20until%3A2012-07-15&src=typd

 

ストーリー

文化研究部に所属する八重樫太一永瀬伊織稲葉姫子桐山唯青木義文に、
何の前触れもなく不思議な現が起こる。”人格入れ替わり”、”欲望解放”――。
それらの現は、自らを<ふうせんかずら>と名乗った”か”の仕業だった。
最初のうちは戸惑いつつも、どこかでそんな状況を楽しんでいた彼らだったが、
心の連鎖は彼らの秘めた心の傷をも浮かび上がらせ……。

穏が崩れたその時、5人の関係は形を変える。


登場人物


声優ドラマCDテレビアニメより。

八重樫太一 (やえがし たいち)
水島大宙
本作の主人公。山高校1年。エミヤ男子
元々プロレス研究会を立ち上げたかったのだが部員が足りず、
教師後藤善によって作られた「文化研究部(以下、『文研部』)」に所属させられることに。
他人の事を放っておけないタイプの莉奈を溺愛している。シスコン
永瀬伊織 (ながせ いおり) 
豊崎愛生
 本作のヒロインであり、もう一人の主人公。山高校1年の文研部部長
太一と同じクラスで、表情豊かな女の子である。Cカップ
特に希望する部活がなかったため後藤に一任し、文研部へ入部することに。
とても明るい性格で、悩みなど何もないかのように元気に振る舞うが、過去庭事情で何かあった様子。
青木義文 (あおき よしふみ)
寺島拓篤
高校1年。文研部に所属。と同じクラスである。
いつもへらへらした感じの笑顔を浮かべ、全体的に気怠げだが話しかけやすそうな印を持つ。
に好意を持っており、アピールするものの軽くあしらわれる始末。
入部届けには『遊びサークル部』などと書いたが、
文研部に所属している現在では「これはこれでいいか」と考えている。
桐山唯 (きりやま ゆい
金元寿子
高校1年。文研部に所属。青木と同じクラスである。Aカップ
ファンシー部なるものを希望していたが、人員確保に難があり、文研部に。
とても活発な性格で、中学時代は空手一筋で「童」とまで言われていた。
稲葉姫子いなば ひめこ)
沢城みゆき
本作のもう一人のヒロイン稲葉ん。山高校1年の文研部の副部長。太一と同じクラスBカップ
高校生とは思えない大人びた印があり、思ったことはズバズバ言うクールビューティーである。
最初はパソコン部に入部したが、一年である彼女の態度を巡って部長と対立。程なくして文研部に入った。
後藤善 (ごとう りゅうぜん) 
藤原啓治
文研部の顧問であり、物理の科を担当している教師
フランクで親しみやすい教師しているため、生徒からは「ごっさん」という称で呼ばれているが、
稲葉からは「後藤」と呼び捨てにされていたりする。ずぼらな性格。
藤島麻衣子 (ふじしま まいこ) 
伊藤静
八重樫と同じクラスで、学級委員。
元々高かったカリスマ性を生かし、同級生恋愛相談を引き受ける事が多い。
ただし、自身の恋愛は……。
作者彼女ばかり立たそうとするあまり担当者にいろいろと言われているらしい。
<ふうせんかずら>
後藤に乗り移り、文研部と接触している。全体的にやる気が感じられなく、面倒くさがり屋。
『人格入れ替わり』や『欲望解放』を起こした本人である。他にも仲間がいるらしい。
」がついていない(CV:なし)のは憑依した対を用いるため。 後藤に頻繁に憑依するため「藤原啓冶」ボイスの印が強いが、永瀬伊織にも何度か憑依しているため「豊崎愛生ボイスも存在する。
<二番>
「二番」に現れたふうせんかずら。原作では最初に太一のクラスメイト大沢美咲に表意して太一に接触。
アニメでの初登場時は太一の、莉奈に憑依した(この出来事は原作でも存在する)。
『時間退行』を起こした本人である。太一に他の四人のナイトになれというが…。
要点だけを短く話すあたりに大きな違いが見られる。

ミチランダム編


次へ»
最終更新日: 14/09/24 23:26
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ