ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


コズミック・ブレイザー・ドラゴン


ヨミ: コズミックブレイザードラゴン
掲示板をミル!
123カキコ!

コズミック・ブレイザー・ドラゴンとは、アニメ遊☆戯☆王ファイブディーズ」に登場……しなかったカードである。


概要


遊星がたどり着いたトップクリアマインドの地であるデルタアクセルシンクロモンスター……のはず。
アニメ5D's第149話でゾーンが見ていた遊星データの中に、彼が使用するデルタアクセルシンクロモンスターとしてその名前が記されていた。

以上。


あまりにも説明不足だが、本当にアニメでの出番はこれだけ。ゾーンのいた未来へつながる世界イリアステルによる変がなかった世界)での遊星は、トップクリアマインドの地にたどり着きこのカードを使用していたらしいが、アニメ5D'sで描かれた世界イリアステルによる変を受けた世界)では、遊星トップクリアマインドを飛び越えてオーバートップクリアマインドへとたどり着き、リミットオーバーアクセルシンクロモンスターである「シューティング・クェーサー・ドラゴン」を手にしたため、このカードは最後まで登場することがなかった。

状況からしゾーン世界歴史に存在しないはずの「シューティング・クェーサー・ドラゴン」の名前をゾーンの見ていたデータ内に書くわけにはいかず、代わりに名前だけ記されたのがこのカードということだろう。そんな存在なので、名前以外の公式データが存在しているかすらあやしい。アニメ世界では「なかったこと」にされたカードなので、本来の世界遊星が描かれでもしない限り、登場は絶望的。漫画5D'sでの登場を望むもあったが、進化形態として登場したのは「聖珖神竜 スターダスト・シフル」であり、そちらでの登場も同じく絶望的。

しかし、そんな存在でも名前が格好良いためか、時折、何らかの形での登場を望むが聞かれる。


アニメ5D'sの第5期ED(みらいいろ)では、ドラゴンが描かれているシーンがあり、それがこのカードなのではないかという話もあったが、5D's監督によればそれはの増えた「シューティング・スター・ドラゴン」とのこと。

カード名のブレイザーは、「シューティング・クェーサー・ドラゴン」のことも考えると、準恒星体(クェーサー)の一つであるblazarからか。また、「炎、閃光地獄」などの意味を持つblazeともかけられているかもしれない。
OCGのパックには「COSMO BLAZER」が存在するが、特に関係ない。

名前だけ登場し実際には現れなかったモンスターの例として、アニメGXの「暗黒界の混沌王カラレス」、アニメZEXALの「No.5 亡デスキマイラドラゴン」がある。「究極完全態・グレート・モス」も原作では最後まで名前だけの存在だったが、そちらはゲームアニメで日のを見ることになり、OCGにも登場した。ただ、カラレス以外は結果的に出なかっただけで設定上は存在するそれらと異なり、こちらは存在したという歴史自体が変わってしまっている。


OCG化


……という形で、全に風化していたこのカードだが、2017年2月11日に発売するパック『20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVE』にて、アニメでも名前だけしか出ていないはずのこのカードの収録が明かされた2016年12月18日に、イベントジャンプフェスタ」ならび遊戯王公式twitter開された。

シンクロ・効果モンスター
12/属性/ドラゴン族/攻4000/守4000
モンスターチューナーチューナー以外のSモンスター2体以上
このカードS召喚でしか特殊召喚できない。
(1):フィールドのこのカードエンドフェイズまで除外して
以下の効果から1つを選択して発動できる。
相手が魔法モンスターの効果を発動した時に発動できる。
その発動を効にし破壊する。
相手がモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚する際に発動できる。
それを効にし、そのモンスターを破壊する。
相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
その攻撃を効にし、その後バトルフェイズを終了する。

アニメではデルタアクセルモンスターとされていたが、同条件のTG ハルバード・キャノン同様、リミットオーバーアクセルシンクロシューティング・クェーサー・ドラゴンと同条件の召喚になっており、S召喚でしか召喚できないのも同様。召喚方法は同列モンスターと同じものが使える。

攻めに対する効果を何一つ持たないが、自身を一時的に除外する代わりに強固な防御性を持つ。
効果発動、召喚行為の効かバトルフェイズの終了、いずれかを行うことができる……と、書いてある性は極めて高いが、一時的にであっても自身を除外して効果を発動するのはかなり厳しいポイント。召喚が厳しいにも関わらず、場ががらきになる可性が高い。

基本的に相手が何らかのアクションを起こすたびにこのカードコストで除外でき、ターン縛りもないため、カウンター以外はカード1枚だけならば基本的にいなせるものと思っていい。さらに、除外はコスト扱いなので、カウンターなどで効果を効化されてもエンドフェイズには戻ってくる。そのため場持ちがかなりいいモンスター

ただし、ターン初めの行動で「壊獣」などの強制リリースコストによりどかされた場合、チェーンを阻する超融合を使われた場合など、少なからず抜けは存在する。また、除外された後戻ってくるまでが隙になるが、除外されたこのカードも例外ではなく、除外された状態で異次元からの埋葬などで除外状態から別の場所に移動するとそのまま戻れなくなってしまう。

効果自体は強そのものだが、シューティング・クェーサー・ドラゴンとは違い攻撃に役立つを持たない。同カードとは互いにとなる部分を補うことができるため、使い分けを意識したい。そもそもこんなカードはなかなかホイホイ出せるわけではないが。

Z-ONE時代の遊星の終着点がこのカードと考えた場合、Z-ONEの時械デッキを相手にこのカードを出したとしても時間稼ぎにしかならず、意味となる。
状況を打開するには、一人のの終着点では意味。仲間とのを束ね、限界えた「リミットオーバーアクセルシンクロ」でなければZ-ONEを止めることはできなかった。そういう意味では、設定に忠実なに制定されたともいえる、OCG側からの補として絶妙なカードである。


関連項目



最終更新日: 18/09/27 16:35
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ