ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


コルネリアス1世


ヨミ: コルネリアスイッセイ
掲示板をミル!
24カキコ!

コルネリアス1世Kornelias I)とは、「銀河英雄伝説」の登場人物である。


概要


ゴールデンバウム朝銀河帝国第24代皇帝。先マクシミリアン・ヨーゼフ2世の又従弟(19代レオンハルト2世兄弟の孫)にあたり、子のなかったマクシミリアン・ヨーゼフ2世皇后ジークリンデの養子として皇帝に立てられた。帝国3595月当時に28歳。

政においては法尚書ミュンツァーともども先革を引き継ぎ、名君と呼ばれるに相応しい業績を上げた。しかしながら」あるいは「再建」と呼ばれ賢と名高い先の跡継ぎとして肩できる業績をめ、自由惑星同盟への侵攻を企図し、自らそれを実行した。ゴールデンバウム王一の親征、コルネリアス1世の大親征である。


コルネリアス1世の大親征


大親征は帝国359年、宇宙で言うと669年、かのダゴン域会戦から29年後に開始された。これに先立ち、コルネリアス1世は三度にもわたって使者を送り、臣従を要する。この姿勢はゴールデンバウにおいては後のマンフレート亡命とならんで寛大な態度と言えたが、同盟首部はダゴン勝利幻想に驕って帝国の使者に冷笑を浴びせかけ、コルネリアス1世の持に致命的なまでの打撃を与えてしまったのである。

とはいえ、コルネリアス1世はヘルベルト大公のように同盟軍を過小評価するつもりはまったくなかった。彼は戦略面において万全に準備を整える見識とを持っており、それを終えた帝国3595月ダゴン域会戦時以上(すなわち52600隻以上)にも及ぶ大艦隊を直卒し、叛徒自由惑星同盟に対する最終的な勝利を得るべく、オーディンを出撃し征へと立ったのだ。

大親征はまさに大成功であった。
コルネリアス1世は、あるいは皇祖ルドルフを除く歴代皇帝において最も軍事に恵まれた人物であったかもしれない。事実20年前の勝利幻想を抱き続けていた同盟軍艦隊は彼の前に二度に渡って大敗を喫し、爆砕されることとなったのである。なお、以後150年間に四度にわたり会戦が行われることとなるティアマトで初めて両軍が矛先を交えたのもこの時であった。帝国艦隊はハイネセンに迫り、自由惑星同盟は建以来最大の危機を迎えることとなる。

しかし、ここでコルネリアス1世は都に帰還せざるを得なくなる。兵站など戦略面でのミスではなく、都で発生した宮廷クーデターによって。彼は念と失意のうちにオーディンに帰還した。そしてクーデターの鎮圧後には帝国の財政的な余裕は使い果たされており、コルネリアス1世はついに全宇宙の支配者、全人類の統治者になり損ねたのであった。

ここに、両間の飽くなき執念と流血によってられた熾な戦いが幕を開ける。
そして後にラインハルト・フォン・ローエングラムによって幕が閉じられるまで、130年の年を要したのだった。


元帥濫発帝


コルネリアス1世の欠点、あるいは奇癖といえば、節操なまでに元帥号を濫発したことである。

彼が大親征に随行させた元帥はあわせて58名。「元帥二個小隊」と呼ばれるほどであった。大親征での戦いにおいてこのうち20名が戦死したが、戦局には何ら意味をもたらさなかった。しかし撤退時の追撃においては更に15名が戦死し、これ以後彼が元帥号を与えることはなくなったという。

なお、先マクシミリアン・ヨーゼフ2世期いらい法尚書として皇帝を補佐してきた上級大将オスヴァルト・フォン・ミュンツァーは、引退にあたってコルネリアス1世より元帥号を受けたが辞退した。


関連動画


そもそも地の文で説明されただけなのに何をめてらっしゃるんですか、陛下


関連商品


■az4488725112


関連コミュニティ


コルネリアス1世に関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 19/04/30 21:26
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ