ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


コロナ禍


ヨミ: コロナカ
掲示板をミル!
3182カキコ!
加筆依頼 この項現在進行中の事を取り上げています。
今後、事態の進展によって記事の内容が増補、訂される場合があります。
また、古い情報が修正されずに掲載されている可性もあります。
最新の情報や詳しい情報については当記事をみにすることなく、各自で調べてください。

コロナ禍とは、新型コロナウイルスによって発生した事である。「コロナショック」とも呼ぶ。


概要


2020年初頭からの新型コロナウイルス世界的な拡大(パンデミック)により発生している。

ウイルスの感染防止・自粛のため人の移動が滞り、経済的には「コロナショック」と呼ばれる価の急落、消費の低下、収入の減少、失業者の増加などの気の退行が見られた。

また、プロ野球J1東京オリンピック2020などのスポーツ試合から、ジャニーズ等の音楽ライブコンサートコミックマーケットなどの同人誌即売会に至るまで、感染防止のため多くのイベントの中止・延期・無観客化・ネット配信化が決定された。

ディズニーUSJを始め多くのテーマパーク観光地が閉鎖され、映画アニメ開延期になるものが続出した。バラエティトーク番組も無観客化され、出演者の遠隔地からの中継配信が行われるなどの対応がとられた。ドラマなども撮影が中止され、過去人気番組の再放送を行うテレビ局が増加した。

これに加え、時差通勤テレワークや、商店の休業・営業時間短縮、臨時休校など、人々の日常的な行動にも制限がかかった。世界的には都市封鎖により、人の外出そのものを制限するも現れた。

物流の点では、マスクアルコール消毒液が慢性的な不足状態になっている。一方、トイレットペーパーなどの一部の日用品も一時期不足したが、4月現在はほとんど解消している。また、食料品や電気ガスインターネットなどのインフラは安定して供給されている。


呼称について


「コロナ禍」の読み方は「コロナ」である。「(か)」という表現は新型コロナウイルス以前から存在しており、「ペスト禍[外部]」「コレラ禍[外部]」など、伝染病の蔓延による被害に使われている。伝染病以外でも「リング禍」などの不幸な出来事をす用例がある。

「禍」の字は「わざわい(→禍)」「かこん(→禍根)」と入することで変換が可。「コロナ渦」「コロナ過」「コロナ鍋」は誤記。

「コロナ禍」だと一般にはわかりにくい、発音が「ころなっか」になってしまうという理由で「コロナショック」と呼んだ方がよいとする意見もある。ただ、「コロナショック」と「コロナ禍」をほぼ同じ意味とみなす意見もある一方、「コロナショックはオイルショックリーマンショック等と同じ意味合いとみなされる傾向があり、経済的な文脈での使用が多い」とする意見もある。「コロナ禍」は具体的・長期的、「コロナショック」は副次的・間的とする意見もある。

2020年4月現在、「コロナ禍」は新聞記事やWebページなどの書き言葉を中心に使われている。「コロナ危機」という言葉も一部にみられるが、新聞やWebページの見出しとしては文字数を抑えたい関係上「危機」ではなく「禍」が使われているのかもしれない。

ニコニコ大百科の記事名としては問題がない」などの掲示板等での意見も踏まえ、当記事名は「コロナショック」に変更せず「コロナ禍」の名称のままとする方針とした(当記事の掲示板の>>304参照)。

なお、参考までにGoogle検索結果を見ると、2020年4月15日18時半ごろで

となっていた。4月28日には

となっている。Twitter検索結果も以下に掲載する。


経過


当記事では責任追及的・評価的な記述を極避け、ウイルスの拡大による被害デマと措置・対策を中心に述べる。明るい話題は少なく、読んでいると気分が重くなる記述も多いので、状態になっている人は閲覧に注意してほしい。

また、内容は発表当時のものが多く、時間の経過により情報が変化したものも含まれている可性がある。


感染の拡大・人の移動の制限


海外

2019年12月に、中国武漢原因不明の肺炎患者の増加が報告される。武漢華南鮮卸売市場クラスターが発生したとみられ、翌年の1月1日華南鮮卸売市場閉鎖されたWHO「Pneumonia of unknown cause – China」[外部]。9日にWHOによって未知のコロナウイルスによる肺炎と判断されたWHO「WHO Statement regarding cluster of pneumonia cases in Wuhan, China」[外部]

9日には最初の死者が発生し時事メディカル「新型ウイルス肺炎、初の死者=中国・武漢」[外部]、13日にはタイ感染者が出たことで、中国以外の籍で初の感染者が現れたAFP BB NEWS「中国で感染拡大の新型ウイルス、タイで初の患者確認」[外部]。20日にWHO新型コロナウイルスの人同士の感染(ヒトヒト感染)があることを発表した日本経済新聞「新型肺炎「人から人に感染」 WHOが緊急会合へ」[外部]

22日に武漢での中国政府発表の死者が17人となり、23日には武漢都市封鎖され、人の出入りが自由に行えなくなったJETRO「武漢市、新型コロナウイルス感染拡大を受け移動制限を発令」[外部]

27日に中国政府海外への団体旅行を禁止した日本経済新聞「中国、27日から海外団体旅行を禁止 新型肺炎拡散防止で」[外部]2月2日、全世界での死者が300人をえたAFP BB NEWS「新型コロナウイルス、感染者が確認された国と地域(2日18時現在)」[外部]

2月下旬には韓国イランイタリアなどの感染者の拡大が続いた。イタリアでは感染拡大地域が封鎖される措置がとられ日本経済新聞「新型肺炎、イタリアで感染急増 一部自治体は封鎖」[外部]、一部ではパスタなどの各商品が品切れの状態となった。

3月7日WHOが「新型コロナウイルスに終息するかどうかは見通せない」という明を出した西日本新聞「「夏になれば自然終息」は間違い」[外部]。10日、イタリアでは全土で移動制限がかかりNHKニュース「イタリア 移動制限を全土に拡大へ 10日から」[外部]、12日にはWHOによりパンデミック宣言が出されたNHKニュース「WHO「新型コロナウイルスはパンデミックと言える」」[外部]

14日、アメリカドナルド・トランプ大統領が感染拡大を受け国家緊急事態宣言を発したNHK「トランプ大統領 国家非常事態を宣言 感染拡大を受けて」[外部]。15日になるとイタリア感染者が2万4000人に達し朝日新聞「新型コロナ、死者2万人超 イタリアとスペインで半数に」[外部]ドイツが封鎖された日本経済新聞「ドイツ、仏・スイスなど国境封鎖へ 物流は維持」[外部]フィリピンでも首都ニラ都市封鎖が行われ、抵抗する場合は射殺する措置もありうるとされた毎日新聞「フィリピン大統領 コロナ移動制限に抵抗なら射殺も マニラで都市封鎖」[外部]

22日、イタリアで全産業の生産活動が停止された読売新聞「イタリア、生活必需品除く全産業の生産停止…首相発表」[外部]。同日、ドイツメルケル首相感染者である医師と接触したため、2週間程度自宅隔離の状態に入った朝日新聞「メルケル首相、会見後に自宅隔離 陽性の医師と接触」[外部]

26日にはアメリカ合衆国感染者数が最多となりBBC NEWS JAPAN「米国の感染者数、中国を抜いて世界最多に 新型ウイルス」[外部]28日にはイタリアの死者が8000人をえ、世界最多となったAFP BB NEWS「イタリアの死者8000人超える、火葬追い付かず 新型コロナ」[外部]4月11日にはアメリカの死者数も世界最多となったBBC NEWS「アメリカで新型コロナウイルスの死者、世界最多に 2万人超」[外部]

4月20日ニューヨーク州では知事によって感染のピークがえたとされ、経済を再開するため大規模抗体検を行う方針がとられた日テレNEWS24「NY州で大規模抗体検査 あすから調査開始」[外部]

日本

1月16日中国滞在歴のある男性の感染が確認され、日本初の感染者が出たミクスOnline「新型コロナウイルスを日本で初確認 中国滞在歴ある神奈川県の男性」[外部]。26日には日本政府武漢空港にチャーター機を送り、北省全体の日本人のうち希望者を帰させる措置を発表し毎日新聞「邦人退避チャーター機、数日中に武漢の空港へ 対象は湖北省全体に 430人滞在」[外部]、29日に200人を乗せた最初のチャーター機が日本に到着したものの、4人が病院に搬送され朝日新聞「日本人乗せたチャーター機が羽田に到着 4人を病院搬送」[外部]、後に感染者が確認された朝日新聞「チャーター機で帰国の2人、新たに感染確認 1便と2便」[外部]

28日には中国人観光客を乗せた、大阪バス会社に勤務する奈良県観光バス運転手の感染が確認され、海外渡航歴のない日本人の初の感染者が発生した福井新聞「新型肺炎、奈良運転手バス立ち寄り先 新型コロナウイルス、奈良公園に1時間」[外部]

2月1日クルーズ船「ダイヤモンドプリンセス号」に乗船していた男性の感染が香港で確認された。ダイヤモンドプリンセス号は3日から横浜港に寄港し一部の乗客を降ろす予定だったが、横浜港で着せず停泊し、検疫措置がとられた読売新聞「感染香港男性乗船のクルーズ船、10人が発熱訴え…3500人異例の再検疫」[外部]

ここから1週間程度、内の新型コロナウイルスに関する話題は、クラスターが発生したダイヤモンドプリンセス号を中心に上がっていた。12日、ダイヤモンドプリンセス号の検疫官への感染が確認された時事メディカル「クルーズ船検疫官が感染=乗客ら新たに39人も―入院の5人重症・新型肺炎」[外部]

一方、13日には東京タクシー運転手の感染が確認され、タクシー組合支部が開催した屋形船の宴会がクラスターになったと摘された毎日新聞「新型コロナ 屋形船新年会で感染急拡大 関係者以外も確認 都「市中感染前提で対策」」[外部]

17日、日本政府不要不急の外出を控えるよう発表し朝日新聞「「不要不急の外出は控えて」 政府、感染拡大防ぐため」[外部]加藤勝信厚生労働相が「風邪症状がある場合は仕事を休む」要請を出した毎日新聞「「風邪症状なら学校・会社休んで」 厚労相、新型肺炎拡大防止呼びかけ 高齢者は注意」[外部]

19日からダイヤモンドプリンセス号の乗客の一部の下船が開始されたが、22日、下船した乗客1人に感染が確認された時事メディカル「クルーズ下船者が感染=栃木の60代女性―待機終了後、新型ウイルス初確認」[外部]。翌23日に加藤厚生相が「各自治体が下船者の健康観察を実施すること」と、「下船者は公共交通機関を利用しないこと」を通達した日本経済新聞「下船者の健康確認実施へ 公共交通機関利用は控えて」[外部]

さらに、22日に名古屋高速道路社の職員に感染が確認されたことを受け、23日には名古屋高速の料所5つが閉鎖された名古屋高速「料金収受会社事務員の新型コロナウイルス感染について」[外部]25日には千葉県内のスポーツジム利用者から感染者が複数現れた。ジムでのクラスターの発生が確認され、約600人が濃厚接触者と判定された読売新聞「感染者3人、千葉のスポーツクラブ利用…濃厚接触者は600人」[外部]

27日に安倍首相が各学校春休みまでの休校を要請した(詳しくは後述)。28日、感染者数が他地域よりも増加傾向にあった北海道鈴木知事から緊急事態宣言が出され、外出の自粛が要請された北海道新聞「鈴木知事が緊急事態宣言「週末は外出控えて」 新型肺炎」[外部]

29日、大阪ライブハウスで15日にクラスターが発生していたことが確認されたJIJI.com「大阪のライブハウス2カ所で集団感染か 密室空間で拡大、足跡追えず―新型コロナ」[外部]3月4日には利用者が他のライブハウスに立ち寄っていたことも発表された日テレNEWS24「別のライブハウスも…大阪で新たに9人感染」[外部]

3月5日日本大使館が出す中国人韓国人と一部のイラン人へのビザ発行が停止され、事実上の入制限措置がとられたSankeiBiz「事実上、中国人と韓国人の入国を制限 イランも新たに対象」[外部]。これ以降の該当地域からの入者には2週間の隔離措置がとられた。

7日、横浜スポーツジム感染者が利用したことで、1406人の濃厚接触者が出たと発表された朝日新聞「ジム利用の男性、陽性 同日利用1406人「濃厚接触」」[外部]。9日に安倍首相は今般の事態を公文書において記録を共有すべき「歴史的緊急事態」としたNHKニュース「政府 記録を共有すべき「歴史的緊急事態」に指定 新型ウイルス」[外部]

19日、大阪府知事が大阪兵庫の間での、休日の移動自粛要請を発表した朝日新聞「大阪-兵庫間の行き来、3連休中の自粛要請 大阪府知事」[外部]


次へ»
最終更新日: 21/05/08 12:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ