ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


コロンゾン


ヨミ: コロンゾン
掲示板をミル!
14カキコ!
注意 この記事はとある魔術の禁書目録の重大なネタバレが含まれています。
全体的にピクシブ百科事典の記述と一部似てますが、同一編集者によるもので無断転載ではないです。書き直し大歓迎。

コロンゾンとは、

  1. 20世紀に魔術師アレイスター・クロウリーが召喚した悪魔エノク魔術で喚起される30ものアエティールの内、10番のアエティール「ザクス」に横たわる《深淵》のであり邪悪な意識の集合体。
  2. ①を基にしたライトノベルとある魔術の禁書目録』に登場するキャラクター。コロンゾン自身は、アレイスター=クロウリーの2人ローラ」(実在したクロウリーの第二子ローラ・ザザ・クロウリーに該当)に憑依し、ローラ=スチュアートと名乗っているとるが…。
  3. ①を基にしたゲーム真・女神転生』のキャラクターヤダ、何このコロンゾンカッコいいを参照。

記事では「元ネタとなったコロンゾン」と「禁書録のコロンゾン」を解説する。


史実のコロンゾン


1909年に魔術師アレイスター・クロウリーが召喚した悪魔

喚起の理論ジョン・ディーエノク魔術、その中の魔術宇宙が基となっており、クロウリーが実践したのも、ディーが提唱した30もの「Aethyr(アエティール)」という高次領域から、「天使」「悪魔」等とも表現される高次意識体との交信・接触を試みるものであった。

クロウリーもディーの秘学に影を受け、既に「テクス」「リイ」と呼ばれるアエティールへの没入を済ませている。
クロウリーは喚起を一時期中断していたものの、聖守護天使エイワスの「」を聞いた事で、1909年に子のヴィクター・ノイバーを連れて作業を再開、ノイバーグと共に北アフリカし、残りの「体験」を成功させたのだった。

余談だが1909年は妻ローズクロウリーとの離婚で第二子ローラ・ザザ・クロウリーの親権を渡し、『明け』の秘儀を開して魔術業界を騒然とさせ、そしてかの万物照応表を記した「777の書」の初版が発行された、彼にとって動の年でもある。

333の悪魔「コロンゾン」の召喚実験

悪魔コロンゾンは〈明け団〉や〈〉における実践的な魔術師修行過程で、〈セフィロト〉間にわだかまる〈ダアト〉(クロウリーの体系では深淵と同一)を渡る際に、その深淵から結合を妨げる存在とされる。
ビナーは8=3位階すなわち「殿の首領(マジスターテンプリ)」に対応しており、コロンゾンの妨り越えることは、アデプトに課せられた試練である。

第14番の《ウティ》以外、喚起作業は特に支障もなく行われていた。しかし第11番の《イクー》で、深淵の「コロンゾン」の危険性を聞き、クロウリー達も万全を期した。

第10番のアエティールはザクスと呼ばれる
このアエティールは呪われており、霊視を得る者がその事を事前に警告されているため、筆記者のために予防措置を取ることにする。

邦訳《霊視と幻聴》より 

それは3羽のの血で「魔法陣」を描き、そのの「三角形」の中に入ったクロウリーと霊的なダメージを負うことなく一時的に同化するという理論であった。

ZAZAS ZAZAS NASATANADA ZAZAS」と有名な古の呪文を唱えると悪魔コロンゾンが降臨し、の中(三角形の外)に居たノイバーグを様々な手法で誘惑し始める。悪魔コロンゾンは美女、賢人、、様々なものに姿形を変えるがノイバーグは動じない。

ノイバーグは93聖守護天使エイワスに祈った。悪魔は「私は天使(エイワス)を知っているぞ。天使らの交渉は全て、不潔な魔女仮面に過ぎないのだ」と言った。

ノイバーグは悪魔に呼びかけを命じた。悪魔は自分の本質が「ディスパーション」(拡散,分散)であると告げた。しかし油断したと見たのかコロンゾンは魔法陣の円に砂をかけ、魔法陣の円を消し、人の姿を取ってノイバーグに襲いかかった。
コロンゾンと取っ組み合いになったノイバーグだが、持っていた魔術のおかげでなんとか元いたの中に戻すことが出来た。

そしてコロンゾンは「全ての物事は拡散である。拡散こそが物事の本質足り得る。10番のアエティールは付随物の世界本質がないのだ」と言う。
コロンゾンはそこからもしばし誘惑を続けたが、幾つか言葉をかわし、やがての血の効が切れたのかクロウリーの体から去っていった。

クロウリーはこの作業を乗り越え、〈8=3〉位階すなわち〈殿の首領〉に達した。


とある魔術の禁書目録のコロンゾン


史実通り1909年にアレイスター=クロウリーが召喚した悪魔

悪の諸溢れる〈クリフォト〉ではなく、秘なる〈セフィロト〉に隠された〈ダアト〉と同じ〈深淵〉に潜み、人の魂の上昇を途中で妨げる高次元存在とされている。
数価は〈333〉、拡散本質として「人と人の不和」を煽り世界の理の結合を妨げようとする。

禁書でもアフリカ旅行に赴いたクロウリーによって現世に呼び出された。この時にクロウリーが取った方法は、倫理的な問題で推奨されていない生物材料とした召喚儀礼だった。

当時、クロウリーは30もの〈アエティール〉と接触する事で「セフィラとセフィラの間」を越えようとした。そこで10番のアエティール〈ザク〉にわだかまる〈深淵〉をまたぐために〈深淵〉と同化することで、霊的なダメージを負うことなく的を達成しようとした。
その30のアエティールの内、10番にわだかまる〈深淵〉にいた存在がコロンゾンである。

魔法陣形成には三羽のの血が使われ、クロウリー自身を霊媒に召喚された。しかしコロンゾンはクロウリーの制御すら振り切ってその場に居た彼のヴィクター=ニューバー相手に、史実と同じような行動をとった。だがこれはクロウリー達の予想の範疇だったようで、あらかじめ付き従わせていたニューバーグが適切に機し、クロウリーの体から追い出されて事なきを得た。

成否はどうであれ、「獣の魔法名を持つ男」の制御を振り切った悪魔の名が魔術史に刻まれた。


『ローラ』への憑依


禁書におけるコロンゾン暴走は、〈黄金夜明〉創始者のサミュエル=リデル=マグレガー=メイザース[外部]が仕組んだ計画だったとされている。

明確な時期は不明ながら、クロウリーよりも前にメイザースがコロンゾン召喚に成功し、
初めて召喚されたふりをしてクロウリーを破滅に導け
契約を交わしていたが、その契約は失敗に終わり、メイザースとの契約も切れなかった。

その後、クロウリーの2人ローラ」(史実で言うローラ=ザザ=クロウリー)に憑依し、
ローラ=スチュアート
と名乗ってクロウリーを始末する為に策を巡らせていた。

スチュアート姓は、自称ハイランダーメイザースが「スチュアート王」の復活を願っていた事に由来する偽名。このファミリーネームを名乗るのは一種のサービスらしい。

普段はローラの長に隠れている。古い民間伝承では「女のには魔が宿る」とうが、純金髪留めを外すと伝承通り膨大なに「悪魔」の顔が浮かび上がり、自体が意思を持った生物のように蠢く。

なお、本性を曝け出した後も土御門元春から教わった妙な日本語は変わらなかった…。


コロンゾンの性質


コロンゾンは「世界自然分解」を標榜している。本来の耐用年数を越えても朽ちない人や器物や文明、そのような中途半端な秘を創ってしまった魔術が血栓のように蔓延しており、自然な滅亡の流れに身を任せず、不自然に生き残らせている。
世界の理の「外」にいるコロンゾンの的は、自然にある者を自然に帰し、次の誕生へ繋げるサイクルを作り出すこと、ただそれだけである。

しかし、コロンゾンはクロウリーのように魔術である位相の下地となった「科学世界」を考慮せず、下地科学の層はおろか、自らも含めた全てを一旦に帰す事をしている。


【新約とある】コロンゾンの使用魔術・力量


コロンゾンは〈セフィロト〉を自由自在に上昇・下降する事が出来る。

セフィロトの低層次元に溺れて上昇するしかがない下等な人間と異なり、下層に降りる事も厭わない。そのため、下層で活動する為の「の器」を自ら進んで獲得した。さらに人間が蓄えた科学智にも興味を示し、体系化された魔術も扱っている。

しかし、その特異性のために対応する徴が存在しない。守護天使も大天使魔神さえも、の強弱は別にしても性質上は今のコロンゾンを消滅させるには至らない。さらに言えば幻想殺しの器には対応しないので、弱点らしい弱点がない。

Magick:FLAMING_SWORD(燃える剣/フレイミングソード)

あらゆる数は等価。
が右の手に生のヌイト
有限の域を越えて広がる数価(かのうせい)を見よ。
が左の手に復讐ハディト
極小点はあらゆるを収斂・収束して一つの意味を作り出す。
すなわちここに
ラー=ホール=クイトの円にて限の加速から解放されし一撃を現世の表層に顕さん。

アレイスター=クロウリーMagick系魔術[外部]

1904年に到来する次なる〈ホルスの時代〉を支配するという魔術体系。その中の一つで、レイピアを構えるような仕から繰り出される極限の一撃。

史実におけるクロウリーの対応書〈777の書〉によると、 空気の短ではなく炎・電であり、ケテルより放たれるジグザグ閃光セフィロトの上昇/下降の原理を用い、一気に下に貫き通すことで得るクロウリーはこれとは別に「その本質は標的を確実に断ち切るエネルギーの塊。記号としては何度も左右に折り返しながら標的へ突き進むが近い」と記していた。

ミナ=メイザースく、上位3セフィラを守るために〈文字〉とともに配置され、分断して繋がりを断つ。あらゆる理の結合をバラバラにする悪魔にとって、使い勝手のよい魔術である。

ウニヘッドのハディト説と某ビリビリのヌイト説はどうなるのか……。

アエティール・アバター

ジョン・ディーエノク体系で30に区切った秘領域(アエティール)をもとにした

エノク文字配列エレメントの純属性にも手を伸ばしていたコロンゾンだが、長い時間をかけて膨大な長を蓄えており、に「天使」と呼ばれる化身を投影するに至っている。新約22巻では地脈・脈に蓄えられたを溶かして、広範囲に渡って同時多発攻撃を仕掛けた。

以下、〈The vision and the voice〉(霊視と幻聴)の邦訳書より読み引用

純粋属性

エノク属性魔術18と秘されし1の召喚文と表現される。
ディーが提唱し〈黄金夜明〉によって洗練されたエノク魔術体系だが、人間には決して到達不可能な領域の法則であり、メイザースですら実存世界では扱えなかった。

しかしコロンゾンは、エノクシークレットコールで純属性を実存世界に取り出して扱った。

参考:新約22巻、明け魔法体系、明け団入門より


【新約とある】活躍


初登場…というより正体バレは新約18巻。

しかし、2006年に発売された「電撃BUNKOYOMI」収録の番外編SS『とある三月の二〇一巻』では「サハラの一点で蠢くアレ」として存在が示唆されていた(他にも今後の伏線が散りばめられていたりする)。
また、新約14巻のネフテュス視点られた、かつてイシス・オシリス・ホルスと時代を区切った男が召喚した「も聞いた事のない大悪魔」もコロンゾンのことである。

クロウリーの「プラン」を妨する為に直属の魔術師烏丸」をスパイとして上里に送り込み、クロウリーにとってのイレギュラーである上里翔流学園都市に誘導するなど裏で暗躍していた。結果的に言えば、府はコロンゾンの予想以上に機し、学園都市インフラを壊滅状態に追い込んでいる。


次へ»
最終更新日: 19/04/28 15:55
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ