ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


コント


ヨミ: コント
掲示板をミル!
2カキコ!

コント(仏:conte)とは、寸劇・小話のこと。


概要


日本でコントとは、お笑い芸人などが行う笑いを的とする寸劇のことをす。一般的に10~20分程度で行われるが、更に短いコントも存在し、それらはショートコントと呼ばれている。

コントは東京から人気が広まり、榎本健一大宮敏充、コント55号(萩本欽一坂上二郎)、ハナ肇とクレージーキャッツ、そしてザ・ドリフターズといった面々を輩出した。また、浅草などはコントの聖地とされ、昭和時代に盛を極めた。浅草では演芸場のみならず、ストリップ小屋の幕間やスナックの営業で披露されることも多く、そこで腕を鍛えたコメディアン1950年代に始まったテレビの演芸番組に出演し全的な人気者となっていった。1970年代までは漫才よりもコントのほうが圧倒的に地位が高く、萩本欽一ドリフはその地位をコントで確立させた。1980年代以降もビートたけし明石家さんまとんねるずウッチャンナンチャンダウンタウンなどコント番組でトップタレントの地位を確立し君臨した芸人も多い。

大阪では戦後漫才の地位が高い時代が続いたが、吉本新喜劇などはコントの要素を採り入れて成功を収めたコメディーであり、コントは一定の地位を持って受け入れられている。また、伝説漫才コンビ横山やすし・きよし」などもコントの要素を採り入れており、コント仕込みのオーバーアクション人気を呼んだ。

英語圏では同様の形態のものをスケッチショー」「スケッチコメディーと呼ぶ。


漫才との違い


漫才との違いは、漫才が会話を中心にした笑いに対し、コントは動き・演技・小具・ステージ等を大いに活用するなどの違いがある。

また、漫才、コントともに相方との吽の呼吸でやる芸なのは共通しているものの、ボケツッコミで成り立つのが漫才に対し、コントはフリコナで成り立つ。

フリとはネタ提供する側で、コナシはこれを受け入れていなす側である。対してボケツッコミは、ボケネタ提供し、ツッコミはそのネタを跳ね返す違いがある。

何のことかさっぱりわからないので、例を挙げてみる。の前に今にも落ちそうながある、これを渡らせたいけどわざとネガティブなことを吹き込み、相手に込みさせるのがフリ役で、敢えて渡ってひどいに遭う道化役がコナシ役である。ダチョウ倶楽部の「絶対に押すなよ!」「聞いてないよー!」などもフリとコナシを具現化した名言といえる。

もっとわかりやすくいうと、ギャグ漫画などでこち亀ギャグ要素に用いているのがフリとコナシのコント的要素である(両津役のラサール石井はコント信号出身で、作者はその演技を賞賛していた)。更にいえば、十返舎一九の東海道中膝毛で弥次喜多のやりとりは、まさにこのフリとコナシの関係である。

対して、ボケツッコミというのは、同じくの前にがあった場合、どうしても渡らせたいボケ役とどうしても渡りたくないので言い返すツッコミの役割となる。そして、会話の中で「お前が渡って大丈夫やったらも渡るわ」「そんな、落ちたらどうするんや!」「大丈夫お前落ちても濡れへんから」と返し、相手が「なんでや!」と言い返したくなる状況を作るのがボケツッコミである。


関連動画



■sm701598[ニコ動]

■sm9992507[ニコ動]


関連商品


■azB00005YUWV


関連項目



最終更新日: 18/11/16 16:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ