ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


コーエー


ヨミ: コーエー
掲示板をミル!
330カキコ!

コーエー (KOEI)とは、かつて存在したゲームソフト会社である。

2010年4月1日に同業のテクモを吸収合併し、現社名であるコーエーテクモゲームスとなった。それ以前の社名は株式会社コーエーであり、もっとさかのぼると漢字表記の光栄である。古くからのファンには漢字表記にこだわる人も多く、ゲーム売り場のコーナー名が「光栄」と漢字だったりすることもあるようだ(新宿西口ヨドバシカメラでさえ数年ものあいだ光栄表記を続けた)。


概要


本社は神奈川県横浜市東急東横線日吉駅降りてすぐ。慶應義塾大学日吉キャンパスとは線路をはさんで反対側になる。社屋には太陽星座モチーフにした画があり、にでもわかると思う。になるとるらしい。

もともとはゲームではなく染料問屋だったが、1980年に入手したパソコンMZ-80K)に社長が熱中し、パソコンソフト制作会社に転向した。その翌年、社長のもうひとつの趣味であったボードゲームコンピュータゲーム化した『中島の合戦』を発売し、ゲームソフトに参入する。そして83年に『信長の野望』を発売し大ヒットパソコンゲームメーカーの中で確固たる地位を築いた。その後も『蒼き狼と白き牝鹿』『三國志』(共に85年)とヒット作を連発、そして88年にはファミリーコンピュータにも参入する。

ただ、ここで一つ問題が起きた。光栄ゲームは「光栄ライス」と呼ばれるかなり高めの価格設定(『信長の野望版』が9,800円、『三国志』が14,800円)であり、パソコンでは特に問題にならなかったもののファミコンソフトの価格帯と照らし合わせると明らかに高価であった。しかし任天堂光栄ライスを認めてしまい、9,800円というファミコンとしては異例の定価での発売が決定してしまった(三国志はさすがにパソコン版より安価になった)

当時のパソコンゲームは八千円程度程度が通常であるが、ファミコンに参入していたメーカー五千円程度というファミコンソフトの通常価格にあわせてゲームを販売しており、光栄だけこのような特権が認められたことに不快感を隠さない会社も少なくなかった・・・実際のところはファミコンSLG移植するにあたり、必要になる武将やなどの膨大なデータAI等の思考をる機に必要なメモリCPUの容量が当時の流だったアクションシューティングRPGよりも格段に多く任天堂からも移植するにあたって通常の倍の数のROMを用いたカートリッジを用意したことで実現したのである(光栄ソフトのあのデカいカセットはこの倍の数のROMを入れるため)・・・そりゃ生産するのに通常の倍のコスト掛かってるんだから高くしなきゃいけないのは仕方ないのである

歴史物に限らずシミュレーションゲームを得意にしてきた同社であったが、『無双シリーズヒット以降はアクションゲーム率がかなり高くなっている。また、それ以外にも『アンジェリークシリーズでいわゆる乙女ゲーを先取りするなど、意外にジャンルの幅の広い会社である。
また、BGMクオリティには定評があり、宮川泰川井憲次服部隆之大野雄二・タケカワユヒデといった錚々たる顔ぶれに加え、当時はまだ名だった菅野よう子大島ミチルなどの後の大御所となる人材を名時代に採用するなど、光栄BGMに外れなしとまで言われた。ゲームBGMを収録したCDを付けた『withサウンドウェア』と呼ばれるパッケージも販売していた。

また、日本初のエロゲーを発売した会社でもある。『ナイトライフ』『団地妻の誘惑』『オランダ妻は電気ウナギの夢を見るか?』『マイ・ロリータ』といったタイトルを発売していたのだが、現在はコーエーにとって黒歴史であるのか、コーエーのサイトを見てもその情報は得られない。まあ『蒼き狼と白き牝鹿』のオルドとかあるけどね

乙女ゲーム」を発売したのもコーエーが一番初め。『ネオロマンスシリーズの三大乙女ゲームアンジェリーク』『遙かなる時空の中で』『金色のコルダシリーズがある。

2009年4月1日に、テクモと経営統合し、共同持株会社コーエーテクモホールディングス株式会社」を設立。

2010年4月1日に、テクモと合併して株式会社コーエーテクモゲームスへ社名変更。新たに開発子会社として株式会社コーエーを設立。パブリッシャーとしての機コーエーテクモゲームスが担当。

2011年4月1日に、開発子会社として設立されていたコーエーがコーエーテクモゲームスに吸収合併された。ブランド名としてのコーエーは引き続き使用される。

2016年4月1日に、コーエーテクモゲームス内のブランド再編。コーエーのブランド名は消滅し、これまでコーエーとして発売されていたゲームは「シブサワ・コウ」、「ω-Force」、「ルビーパーティーブランドに移行した。


コーエー商法


コーエーが光栄だった頃から続く殿様商売の方法のことをコーエー商法と呼ぶ。
発売されたゲーム本編の欠点・不満などを補するサプリメント(いわゆる完全版)を後から発売するやり方のことで、わかりやすい所で『無双シリーズの追加ディスク「猛将伝」が良い例。『無双シリーズ以外ではPK(パワーアップキット)とも呼ばれる。使いまわしで散々けている、わざとゲームに欠陥を残していると批判されることもしばしば。
パソコンゲームでは、パッチダウンロードですむ不具合修正をわざわざPKなる商品を発売して解決などの手法を取る。要するにぼったくり。

乙女ゲームアンジェリーク』などのネオロマンスゲームでのぼったくりはコナミ商法に近い…が、コナミ商法よりぼったくり度は高い。
一年中、声優イベントを開催(入場料割高)、湯のように書籍・CDを販売。 ゲームリメイク移植を繰り返し、限定版も数多く発売(高額)。嫌々ながらも買ってしまうファンからは、値段に見合わない内容に不満が聞こえてくる。

このような完全版商法は、コーエーだけではなく他のゲーム会社も行ってはいるのだが(上述のコナミなど)、コーエーの場合は「完全版(PK・猛将伝)が出る」ということがファンの間ではほぼ前提となっているほど浸透してしまっている。

さすがにネット環境が発達した近年では、バグ修正やレスポンス善するアップデートパッチを配信したり、MIXJOY無印の内容を猛将伝仕様で遊べるようにするなど、無印版を購入した人にある程度のフォローが行われるようになった。SLGのPK商法は相変わらずだが


主な作品


歴史SLG
WWIIゲーム
リコエイションゲーム
英傑伝シリーズ
恋愛SLG
競馬SLG
イマジネーションゲーム
RPG
アクションゲーム
オンラインゲーム
その他

主な関連人物



削除状況


動画 詳細
アンジェリーク 声優映像[動]
[作業用BGM] 男性声優メドレー8[動] か・コルダキャラソン full
谷山紀章メドレーク[動] コルダキャラソン
【金色のコルダ】 愛のあいさつ 【画像集】[動]

関連動画



■sm13962152[ニコ動]

■sm165014[ニコ動]

■sm1411785[ニコ動]
■sm1541921[ニコ動]

■sm11738849[ニコ動]
■sm386082[ニコ動]


関連商品


■azB000OG985I
■azB000U67NI6
■azB000HT2LTW
■azB0012CGZJA


関連チャンネル


■ch211


関連項目



外部リンク



最終更新日: 18/05/24 19:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ