ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


コーラスライン


ヨミ: コーラスライン

コーラスライン(A Chorus Lineとは、

  1. 1975年初演のブロードウェイミュージカル
  2. 1.を原作とする映画

ここでは両方について記述する。


概要


初演は1975年7月25日
原案・振付・演出のマイケルベネットは、本作を作るに当たりダンサーを集め、インタビューを繰り返し行った。

やかなショービジネス世界にあって、ただの端役でしかない「コーラス」を若者たち。それぞれが抱える迷いや苦しみ、悲しい過去といった問題を裸々に描きつつ、それでもこの世界生きる事を選んだ彼らの姿が描かれている。

前評判は高く、本演後も関係者や観客により絶賛。翌年のトニー賞では最終週作品賞をはじめとした9部門を独占受賞し、更にピューリッツァ賞演劇部門賞を始めとした栄冠に次々とく。

好評にこたえたロングラン演は続き、1990年の閉幕までに延べ6137演、観客動員数664万人という大記録を打ち立て、ブロードウェイミュージカルとなった。

日本では劇団四季が上演権を得ており、1979年の初演以来、ロングランが続いている。

映画1985年開。監督リチャード・アッテンボローで、ザックマイケルダグラスが演じている。


あらすじ


ロードウェイのとある劇場を舞台に、新作の為のオーディション風景が描かれる。

新進気鋭の演出ザックが見守る中、厳しいオーディションが続いていた。決められた組から選ばれるのはほんの一握りだけで、それすらも次々と容赦なくふるい落とされていく。
役名のないキャストコーラス」をダンサー達。コーラス舞台に引かれた一本のい「ライン」を挟み、そこから先に立つ事を許されず、個性を認められず、名の端役にしかなれない。男性4名、女性4名、併せて僅か8名の募集に、それでも大勢のダンサー達が並び、その大半が立ち去る。

そんな中、ザックの元人・キャシーがこのオーディションに参加していた。かつては役を演じた事もある彼女ハリウッド映画女優すも夢破れ、新たにやり直す為に戻ってきたのだ。
ザックはかつて栄にあったキャシーに「この舞台は君に相応しくない」と言って止めようとするが、それでも彼女オーディションを受ける事を選ぶ。

オーディションの結果、最終選考に残ったダンサー達。
彼らに対し、ザックは「履歴書に書いてないことを話してもらおう。君たちはどんな人間なのかを」と言葉を発した。
それぞれがそれぞれの背景を持ち、ここまで来た若者達。彼らは戸惑いつつも促されるまま、一人、また一人と「自分」についてり始める。単純に歌い踊る事への喜び、辛い環境からの逃避、思い切って整形手術に挑んだ過去同性愛者としての悩み……

そして終盤、ザックは彼らに最後の質問をする。

「もし明日ダンスが踊れなくなったら君たちはどうする?」

彼らの答えは……


補足



動画



■sm11355447[ニコ動]

■sm7755099[ニコ動]

■sm4955570[ニコ動]
■sm3754433[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 20/07/19 16:57
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ