ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ゴジラVSキングギドラ


ヨミ: オマエダケニハゼッタイマケナイ
掲示板をミル!
114カキコ!

ゴジラVSキングギドラとは、ゴジラ映画である。


概要


ポスター

1991年12月14日開されたVSシリーズ第2作。
本来、91年は平成モスラ第1弾「モスラVSバガン」の製作開を予定していたが、メインゴジラへ変更した上で、対戦相手を人気怪獣であるキングギドラとして製作された(※予定されていた「モスラVSバガン」はそのプロットを発展させて次作「VSモスラ」となる)。

登場怪獣ゴジラキングギドラメカキングギドラゴジラザウルスドラット
今作のキングギドラ昭和シリーズとは鳴きも異なり、出自も宇宙怪獣だった昭和とは異なり、コントロールされる未来生物ドラットビキニ環礁の水爆実験放射能合体進化した超ドラゴン怪獣である、とされている。従来の宇宙怪獣ではなく未来人によって人為的に操る的で作られたキングギドラとなり、ゴジラタイムパラドックスの関係で「VSビオランテ」よりも大きくなった新3代となった。但し、伊福部昭によるテーマ曲はいつものキングギドラテーマ曲(チャララーン、チャ、チャ、チャ♪となるアレ)なので、鳴きが違おうが、多少厳つく西洋の顔立ちだろうが、画面に出た間にキングギドラキングギドラだ、とすんなり受け入れられるだろう。

ちなみに、キングギドラ進化前のドラットは、エミー役の中川安奈によれば、抱きかかえるシーンが多いのは画面に映らないところでコッソリスイッチを入れたり切ったりして人形に演技させていたためらしい。後半のメインになるメカキングギドラのコクピット中川くキッチン用品の塗装で誤魔化していたり、排水溝の網やおのフタなどがあちこちに使われていて間近でみると可笑しかったらしい。また、「ゴジラ捕獲装置」のマジックハンドのレバーだけが事前打ち合わせで決定しており、スタッフから「あとはご自由に」と残りの部分はまったく設定されておらず、あの操縦シーンの大半は中川自身が「このスイッチが引線」などとアドリブ的にその場で設定を作ってそれらしく操縦シーンに仕立て上げたとのこと。イメージとしては『エイリアン2』のエイリアンクイーンと闘う武装リプリーのシーンだそうな。

前作まではすぎやまこういちによる新鋭作曲によるゴジラ音楽が取り入れられたものの、流麗なハリウッド調のオーケストレーションイマイチ浸透しなかったこともあり、この時期にやや体調が回復したこと、そして宿敵怪獣の復活作ということ、何より強な個性を放つ最も有名なメインテーマえられない、という事情から、「もう頼もうよ」という潮がスタッフにも起きたため、伊福部昭氏を音楽に復帰させている。

伊福部氏は本作の音楽を担当するにあたり、ひとつだけ条件を出した。その条件とは「今はビデオを使って外のスタジオで録音をしていると思うが、砧の広いスタジオを貸切ってスクリーンフィルムを映写して音楽録りをさせてもらいたい。その条件を満たすのであれば引き受ける。」というものだった。要は映画映像と共にオーケストラ演奏させたい、ということであるが、既にこの当時このような大掛かりな手法はれており、マルチテープレコーダーはおろか譜面台すらも処分してしまっていたため大変な苦労をしたというものの、スタッフの尽によりこの条件をクリアし、晴れスクリーン伊福部怪獣音楽ることとなった。

また、キングギドラ自衛隊戦闘機との対決時には『の大怪獣ラドン』で使われた「ラドン追撃せよ」という楽曲も使用されている。オープニングUFOが飛んでいるシーンでかかっている楽曲も、元は『キングコング対ゴジラ』に同様の旋を用いており、言わばリメイクとなっている

右のポスターが印的に宣伝に使われたが、このポスター映画開前の大まかなプロットに沿って描かれたもので、描いた時期にはストーリーも何も全然決まっていなかったが、このポスターカッコよさに惚れ込んだスタッフがこのポスターシーン(キングギドラが3つの首でゴジラ拘束して攻撃するシーン)を実際に映像化したという逸話がある。

なお、タイムパラドックスに関して深く考え始めると迷宮に迷い込む事となるので注意する必要がある。ちなみに、過去タイムスリップした際にスピルバーグ少佐なる人物が登場するが、きっと有名な映画監督のご先祖様なのだろう。

84ゴジラから続く平成VSシリーズ一、ラストバトルがナイトシーンではなく、間の戦いで決着が付く作品である。このシーンでは当時できたばかりのバカカイ東京都庁がゴジラの餌食となってしまった。また、この作品以降、ゴジラ=不死身、何度でも生命体という部分がより大きく強調されて行くことになる。

また、劇中中身は開されなかったものの、登場する書籍「ゴジラ誕生」には平成シリーズで初めて「オキシジェン・デストロイヤー」のことに触れた記述があり、「これによって東京湾が死のと化した」と後のゴジラVSデストロイアを暗示するかのようなことが記されている。


主な登場人物



関連動画



■sm9371229[ニコ動]


関連商品


■azB00ISOLBFS
■azB0012P6C72


関連項目


復活ゴジラVSシリーズ
ゴジラ84VSビオランテVSキングギドラVSモスラVSメカゴジラVSスペースゴジラVSデストロイア

最終更新日: 16/08/28 19:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ