ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ゴジラVSデストロイア


ヨミ: ゴジラシス
掲示板をミル!
110カキコ!

ゴジラVSデストロイアとは、VSシリーズ最終作である。


概要


1995年12月9日開されたVSシリーズ最終作。
ゴジラシリーズの総決算的な意味を持って作られ、『ゴジラの最期』を前面に押し出した内容となっている。時代設定も54ゴジラから42年後の1996年という『死に番号』となっている。

今作は1954年の「ゴジラ」とも深い関わりがあり、54年「ゴジラ」に登場した山根恵美子(河内桃子)が41年ぶりに登場している他、初代ゴジラを葬ったオキシジェン・デストロイヤーも深く作品に関わってくる。始まり方も、ゴジラの足音とともに東宝マークが現れ、鳴きと共に本編開始というオマージュ的なものである。
また、「VSメカゴジラ」「VSスペースゴジラ」ではGフォースが対ゴジラ戦を担当していたが、今作では打つ手のGフォースに代わり自衛隊が担当。「VSビオランテ」に登場したスーパーX2の後継機であるスーパーXⅢが活躍する事となった。

登場する怪獣ゴジラゴジラジュニアデストロイア。なお、ラストシーンにおいてメルトダウンしたゴジラから放出された核エネルギーを吸収し復活、ゴジラの姿になったゴジラジュニアが確認されているが、VSシリーズ世界は今作で終結している為、このゴジラの消息は不明である。

なお、コピーこそ『ゴジラ死す!』となっているが、劇中では一度も「ゴジラが死んだ(死ぬ)」といったキーワードは出てこない。ゴジラジュニアデストロイアに攻撃された時でさえ「ゴジラが泣いている。生き残った一の仲間を失って・・・」と、「死」というワードを避けている(例外的に2カ所だけは説明の都合で「死」という言葉は出るものの、ゴジラ自身のことではない)。ゴジラ自身についても、あくまで「ゴジラメルトダウンする」というに留まり、ゴジラ自身をして「死」という台詞を一箇所たりとも出現させずにゴジラの最期を描いたという点も特筆すべき部分である。

なお、この映画開までシークレット戦略となったため、メディア展開にも一部影が出ており、デストロイア必殺技映画と雑誌発表で異なっていたほか、坂井孝行による漫画版のエンディングが違っていた。これは『ゴジラの最期=メルトダウン』であることを絶対秘密とされたためで、漫画ではデストロイアゴジラ自身でトドメを刺した後、刺し姿の弁慶の立ち往生で黒木特佐敬礼する姿で完結している(雑誌版のみ)。開後に単行本化され、映画に近い結末となった。


主な登場人物



関連動画



■sm7003871[ニコ動]

■nm9197117[ニコ動]
■sm1551740[ニコ動]
■sm8944875[ニコ動]


関連商品


■azB002P6XVAI
■azB0012ROZI8


関連項目


復活ゴジラVSシリーズ
ゴジラ84VSビオランテVSキングギドラVSモスラVSメカゴジラVSスペースゴジラVSデストロイア

最終更新日: 14/05/21 12:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ