ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ゴドス


ヨミ: ゴドス
掲示板をミル!
27カキコ!
ゾイド > ゴドス

ゴドスとは、ゾイドに登場する小恐竜アロサウルス汎用歩兵ゾイドである。

機体解説

ゴドス
GODOS
基本情報
RMZ-011
RZ-014
所属 ヘリック共和国
モチーフ アロサウルス
スペック
全長 8.6m
全高 8.2m
全幅 3.8m
重量 23.0t
最高速 150.0km/h
武装(旧)
武装(新)
ゾイドテンプレート

ゴドス

ヘリック共和国軍のアロサウルスゾイド

もはや旧式となったRMZ‐1ガリウスの後継機として恐竜殺し屋と呼ばれるほど獰猛な中恐竜ゾイドベースにして開発された機体。

格闘が非常に高く、特に脚が発達している事からキック攻撃を得意とし、その威は同クラスゾイドなら一撃で粉砕してしまうほどとされ、当時最強の格闘戦ゾイドと謳われていたRBOZ-3ゴジュラスの小版として恐れられていた。

量産性と拡性にも優れており、共和軍のとして大量生産されて部隊の中核からゴジュラスなど他の大ゾイドの補佐役まで幅広い局面で運用され、中には頭部や一部の武装を換装した重装甲タイプも存在した。

敵国であるゼネバス帝国EMZ‐22イグアンはこのゴドスに対抗すべく本機を参考に開発された機体であり、さらに今度はEPZ-2アイアンコングの小版とも言うべきEMZ‐26ハンマーロック制作されるなど、いかにゴドスが敵からも評価および警されていたかが分かる。

RHI‐8アロウラーの登場を持って第一次中央大戦争からは退役したが、後の西方大陸戦争においてはアロウラー惑星Zi大異変により全滅してしまった事から急遽生産が再開され、重装甲タイプを標準仕様にして戦線復帰を果たす事になる。しかし、当時とは状況がかなり変わっており、帝国軍の新ゾイドとはり合う事が出来ず新たな後継機であるRZ‐30ガンスナイパーが生み出される事となった。

ちなみにアロウラーの他にもHRZ-5ドスゴドスHRZ-10ティガゴドスなどの後継機が開発されていたとZRCシリーズではられている。

劇中での活躍

バトルストーリー

ガリウスの後継機としてゴジュラスと同時期のZAC2030年から31年の間にロールアウト。

ゴジュラスを固めつつ共和軍の歩兵ゾイドとして活躍し続けたが、帝国軍がこのゴドスを参考にしたイグアンゴジュラス敵とも言うべきアイアンコングを小化したようなハンマーロックなどの対抗機を開発していった事から旧式化が進み、後継機であるアロウラーの参戦を持って一度は退役する。

後の西方大陸戦争ではアロウラー惑星Zi大異変の余波で極端に数を減らしてしまったためその埋めとして再生産され、西方大陸の戦線に駆り出されるが、当時はガイロス帝国軍の圧倒的有利の状況にあり、なおかつ帝国軍がオーガノイドシステムを搭載した新歩兵ゾイドレブラプターを投入し出した事から全に時代遅れの機体となり、そして共和軍がおなじくオーガノイドシステムを搭載した新ガンスナイパーの開発に成功した事によって再び歴史の表舞台から姿を消した。

アニメ

ゾイド -ZOIDS-』から『ゾイドフューザーズ』まで登場。
無印シリーズにおいても基本的に共和軍の一般兵用のゾイドとして描かれている。

ぶっちゃけアニメシリーズではキックを一度も使いませんでしたけど・・・・・
トンファーキックがありならあるいは・・・

アニメゾイド -ZOIDS-』では、通常装備、大キャノン装備、パイルバンカー装備の機体が存在し、レイヴンが搭乗した際にはのごとき強さを見せ、オーガノイド(シャドー)を未使用にも関わらず基地1つを壊滅させた。

また、イセリナ山の村では自警用として、帝国伝統のシンカーレースでは作業用ピット機としても登場している。


/ZERO』や『フューザーズ』ではゾイドバトル用の選手ゾイドとして何度か登場しているが、結果はお察しのとおりである。


2.鳴き

威嚇  「クグワァーーア」

断末魔  「クギャァーーア」

関連動画


■sm5454877[ニコ動]

■sm18196689[ニコ動]

関連商品

■azB000NX7ITU
■azB000WZ83P2
■azB005GHPH32
■azB00AZRHG6Y

関連項目


最終更新日: 18/01/20 23:08
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ