ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ゴルギアス


ヨミ: ゴルギアス
掲示板をミル!
2カキコ!

ゴルギアス(Gorgias、紀元前487年~紀元前376年)とは、古代ギリシア哲学者である。「ソフィスト」とも呼ばれる。


生涯


チリアのレオンティノイ(現レンティーニ)に生まれる。エンペドクレス子であったとされる。

紀元前427年に使節団を率いてアテナイに派遣される。アテナイで弁舌を振るい、人気を博した。


著作



ゴルギアスの思想


ゴルギアスの思想を述べた本『非存在、もしくは自然について』は現存せず、セクストス・エンペイリコスの『数学者に対して』にその一部が引用で残っているのみである。

その本によれば、ゴルギアスは次のようにしたとされる。

  1. 何も存在しない
  2. 仮に何かが存在したとしても、人間はそれを知ることも思考することもできない
  3. 仮に何かの存在を知ることができたとしても、人間はそれを他者に伝達することはできない

まず、1番については次のような論がされている。

この論は、パルメニデスが「あるものはある、ないものはない」とした存在論と非常によく似ている。そして、パルメニデスとは逆の結論を導いている点が特徴的である。

次に2番の論である。

少し分かりにくい論だが、上記の論により二つの可性が棄却され、「存在するものは思考することができない」の可性だけが残ることが分かる。

この論も、パルメニデスの「思考できるものと存在するものは同一である」という議論逆の結論である。

次に3番の論である。

この論は、存在=クオリア、言論=色や匂い、と置き換えると、「クオリアの伝達」という現代でも解決困難な問題に繋がっている。


後世への影響


以上のから、ゴルギアスは相対義・懐疑論の祖ともいわれる(ゴルギアスの議論を踏まえ、懐疑論を体系化したのは後世のピュロンである)。

ゴルギアスはプロタゴラス同様、プラトンに「詭弁」と非難され、対話篇『ゴルギアス』において論駁の対となった。

しかし、ゴルギアスは、パルメニデス逆の結論を導くことによってどちらにも明ができることを示したという点で、後のカントの「アンチノミー」を先取りしているともいわれる。


レトリック


ゴルギアスはレトリック大家でもあり、『パラメデス弁明』や『ヘレネ頌』では、レトリックや弁論術の重要性について論じている。


関連商品


■az4003360125


関連項目



最終更新日: 13/09/07 13:18
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ