ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ゴールデングラブ賞


ヨミ: ゴールデングラブショウ
掲示板をミル!
4カキコ!

ゴールデングラブ賞とは、日本プロ野球における選手表のひとつ。守備において優れた選手を表する賞。三井物産が協賛しており、正式名称は「三井ゴールデン・グラブ賞」。GG賞と略されることが多い。

MLBではゴールドラブ賞(Rawlings Gold Glove Award)という名前で同様の賞がある。


概要


1972年ダイヤモンドグラブ賞として創設され、1986年から現在の名称となった。

一言で言えば守備版ベストナインで、セントラル・リーグパシフィック・リーグのそれぞれにおいて、投手捕手一塁手二塁手三塁手遊撃手外野手(3名)の各ポジションで、守備に優れた選手を記者投票によって表する。投票となるのは、投手は規定投球回数到達、あるいはチーム試合数の1/3以上登板した投手と、規定守備(チーム試合数の1/2以上そのポジションで試合出場)に到達した野手。外野は左翼手中堅手右翼手の区別がなく外野手で一括りにされている。

同一ポジションで同票数になった場合は同時受賞になる(セ・リーグ1993年投手今中慎二桑田真澄が同時受賞した例がある)。また、「該当者なし」票が過半数をえた場合は該当者なしとなる(2010年セ・リーグ一塁手が今のところ史上一)。ただし「該当者なし」が過半数をえなければ最多得票者が受賞するため、受賞者の得票が「該当者なし」票より少なかった例も過去にある。


問題点


野球の守備というものは、実際のところ定量的な評価は非常に難しい。失策が少なければ上手いかといえば、守備範囲の広い選手ほど処理の難しい打球にも手が届いてしまうため失策が増える傾向がある。またファインプレーを連発する選手よりも、実際はポジショニングや反応のさで難しい打球を簡単に処理している選手の方が上手いということはよく言われるが、簡単に処理しているプレーは簡単に処理しているだけにそれが本当に難しい打球だったのかどうかの判定は難しい。

そのため、守備の評価は印に左右されがちである。近年こそUZR(Ultimate Zone Ratingのようなセイバーメトリクスによる標が徐々に認知されつつあるものの、NPB公式記録には採用されておらず、まだまだ人口に膾しているとは言い難い。さらにゴールデングラブ賞は記者投票制だが、スポーツ記者であっても全球団の全試合を網羅的に観ているわけではないので、担当している球団以外の選手についてはイメージが優先されやすい。

結果として、守備が上手いというイメージのついている知名度の高い選手が、実際の守備標の数字に関わらず受賞してしまうケースが多い。プロ野球の野手の知名度はどうしても打撃成績によるところが大きいため、守備を表する賞なのに明らかに打撃での活躍で票が上乗せされているとしか思えない結果になることもある。打撃成績が上乗せされた典的な例に、1987年セ・リーグ二塁手部門で二塁の守備率日本記録を立した高木豊が落選して、その年首位打者を獲得した正田耕三が受賞した例がある。

近年は特に、UZRの数値や、試合を熱心に見ているファンの印と、ゴールデングラブ賞の投票結果の乖離が批判されることが非常に多い。また外野手部門は左翼手中堅手右翼手の区別がないことも近年はよく批判の対になる。

一例として、2017年セ・リーグ三塁手部門は鳥谷敬が受賞したが、のUZRは-13.4でセ・リーグ三塁手ではぶっちぎりの最下位だった(トップ宮崎敏郎の11.5)。
2019年パ・リーグ外野手部門では受賞した秋山翔吾西川遥輝荻野貴司全員UZRがマイナスで、レフトダントツの19.2をマークした金子侑司が選出されなかった。


受賞者


煩雑なのでWikipediaを参照。[外部]


受賞者とUZRの比較


DELTA[外部]の集計したUZRが開されている2014年以降。なお投手はUZRが集計されていない。

受賞者の名前太字数字太字は受賞者が同リーグポジションUZRトップ
数字赤字はUZRマイナス太字は同リーグポジションUZR最下位。

捕手

年度 リーグ 選手名(所属) UZR トップ
2014年 阿部慎之助巨人 3.5 黒羽根利規DeNA)5.2
伊藤光オリックス -2.1 炭谷銀仁朗西武)5.9
2015年 中村悠平ヤクルト 3.6
炭谷銀仁朗西武 5.2
2016年 石原慶幸広島 2.4 小林誠司巨人)4.2
大野奨太日本ハム 1.4 田村龍弘ロッテ)1.6
2017年 小林誠司巨人 3.2
甲斐拓也ソフトバンク 1.3 田村龍弘ロッテ)1.8
2018年 梅野隆太郎阪神 3.0
甲斐拓也ソフトバンク 7.9
2019年 梅野隆太郎阪神 6.2
甲斐拓也ソフトバンク 3.0 若月健矢オリックス)3.8

一塁手

年度 リーグ 選手名(所属) UZR トップ
2014年 森野将彦中日 6.0
T-岡田オリックス 6.1
2015年 畠山和洋ヤクルト 4.7
中田翔日本ハム 6.5
2016年 ホセ・ロペスDeNA 9.4
中田翔日本ハム 10.7
2017年 ホセ・ロペスDeNA 8.2
銀次楽天 2.6
2018年 ホセ・ロペスDeNA -1.6 ダヤン・ビシエド中日)-0.7
中田翔日本ハム 2.0 山川穂高西武)5.1
2019年 ホセ・ロペスDeNA 0.3 村上宗隆ヤクルト)4.2
内川聖一ソフトバンク 18.6

二塁手

年度 リーグ 選手名(所属) UZR トップ
2014年 菊池涼介広島 13.0
藤田一也楽天 8.5 本多雄一ソフトバンク)14.3
2015年 菊池涼介広島 9.7 山田哲人ヤクルト17.6
ルイス・クルーズロッテ -2.6 藤田一也楽天)2.1
2016年 菊池涼介広島 17.3
藤田一也楽天 -7.5 浅村栄斗西武)8.0
2017年 菊池涼介広島 3.2
鈴木大地ロッテ -6.6 浅村栄斗西武)1.8
2018年 菊池涼介広島 9.8
中村奨吾ロッテ 6.5
2019年 菊池涼介広島 5.0 阿部寿樹中日)10.7
浅村栄斗楽天 1.6 中村奨吾ロッテ)9.8

三塁手

年度 リーグ 選手名(所属) UZR トップ
2014年 村田修一巨人 -5.5 エクトル・ルナ中日)6.9
松田宣浩ソフトバンク 7.1
2015年 川端慎吾ヤクルト -4.6 今成亮太阪神)8.9
松田宣浩ソフトバンク 17.6
2016年 村田修一巨人 -11.8 川端慎吾ヤクルト)-1.3
松田宣浩ソフトバンク 7.9
2017年 鳥谷敬阪神 -13.4 宮崎敏郎DeNA)11.5
松田宣浩ソフトバンク 5.2
2018年 宮崎敏郎DeNA -11.3 大山悠輔阪神)1.2
松田宣浩ソフトバンク 13.5
2019年 高橋周平中日 6.0 大山悠輔阪神)7.4
松田宣浩ソフトバンク -5.0 ブランドン・レアードロッテ)0.8

遊撃手

年度 リーグ 選手名(所属) UZR トップ
2014年 鳥谷敬阪神 -10.0 坂本勇人巨人)16.6
今宮健太ソフトバンク 17.9 安達了一オリックス)22.2
2015年 鳥谷敬阪神 -15.6 坂本勇人巨人32.3
今宮健太ソフトバンク 10.9 安達了一オリックス)26.1
2016年 坂本勇人巨人 15.1
今宮健太ソフトバンク 2.2 中島卓也日本ハム)15.9
2017年 坂本勇人巨人 10.6
今宮健太ソフトバンク 5.2 源田壮亮西武21.5
2018年 田中広輔広島 2.2 坂本勇人巨人)10.0
源田壮亮西武 30.9
2019年 坂本勇人巨人 -3.0 京田陽太中日17.5
源田壮亮西武 22.4

外野手

太字外野手トップ外野手トップ3入り、赤字マイナス太字外野手最下位。


次へ»
最終更新日: 19/11/01 00:09
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ