ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


サイバスター


ヨミ: サイバスター
掲示板をミル!
239カキコ!

魔装機神伊達じゃねェんだよ!!

サイバスターサイバスターとは、『スーパーロボット大戦シリーズ外伝作品、『魔装機神シリーズに登場する「魔装機神」と呼ばれる人巨大ロボットの一つ。
また本項では操者であるマサキ・アンドーについても解説する。

 


機体概要


ラングラン王の「魔装機計画」によって建造された魔装機神で、精霊サイフィス契約している。精霊ランク系高位の「」。 『LOE』では機体をフル改造ランクアップすることで位の「空」に変化する。
見た中世西洋の騎士の甲冑にが生えたような姿をしている。機体のカラー水色・もしくは甲冑のように銀色とされる。
開発者はラングラン王錬金術師ウェンディ・ラスム・イクナート。他の魔装機神と同じく、装甲はオリハルコニウム、フルネルリ式永久機関が搭載されている。また、最大限にを発揮すれば全ての事の予測ができるともいわれる「ラプラスデモコンピュータ」を搭載しているが、今のところこのを全て発揮したことはないらしい。
4機の魔装機神のなかで一番最後に完成した機体であり、4機の中では最も潜在が高いと言われている。

魔装機神」の名のごとく、当てて避ける所謂「リアル系」な機体性である。それに加えてラングランのディシュナスを模した巡航形態『サイバード』への変形機構も付いており、機動性・移動では追随出来る機体がないほどである。
その高い機動性とマサキの壊滅的な方向音痴が噛み合うと、器用に的地の日本だけを避けて地球を何十周もしてしまったりする。旧シリーズでは地上にやってくるたびに迷子になっていた。

魔装機神の中で最も多くの機をこれでもかと言う程詰め込まれているため、しばしば敵の親玉の標的になったり、物語キーになったりする。「ポゼッション(精霊憑依)」を果たしたのもサイバスターだけ。流石主人公機。
魔装機神』という作品の看ともいえる機体であるため、旧第2次から多くのスパロボに参戦している。アニメにもなった。

αシリーズOGシリーズでの追加設定として、地上に初めて姿を現した時に異エアロゲイターの機体と誤認された、というものがある。その時の識別はAGX-05。


武装・必殺技



搭載武器



必殺技



精霊憑依


(*魔装機神Ⅱネタバレを多数含むため、スクロールなどで全で突っ走ってください)

ゼルヴォルドとの戦闘魔装機神奏者としての自覚や自信を失ったマサキ精霊界で修行を積み、自らを見直し、精霊サイフィス」との同調を果たした事で完成したサイバスターのの姿とも言われる。
以前から公式ファン問わず言われていた「サイバスターがを発動させればネオ・グランゾンすら圧倒できる」を体現した物でもある。

形状としては全体のシルエットは大きく変わらないが、よく見ると胸の装甲や羽の根本い装甲が追加されている、など変化しているのが確認できる。残念ながら未だに全体を描いた資料などが存在しないためゲーム上でしか確認ができない

上記イベントを含むシナリオの後、一定以上の気に到達すればいつでも発動が可になるが、マサキのプラーナの限界からか一定ターンしかこの姿を保てない。しかしながら発動さえすれば(防御面はともかく)攻撃面ではどこぞの伝説巨神もかくやのキチガイ化物じみた数値にまで到達する
(元々魔装機神シリーズは通常のスパロボと攻撃の計算が異なり、攻撃に関しても非常に高く表示される傾向があるが、この状態のサイバスターはそういう次元えており他の機体を圧倒する数値を誇る)


搭載武器及び必殺技


ネタバレはここまで


マサキ・アンドー


日本語表記:安藤 正樹
CVらがスパロボ廃神緑川光
17歳(『LOE』第1部では15歳)の日本人出身は栃木県。たまに栃木弁で話す。ラングランに魔装機神操者補として召喚された一人。正義感に溢れ義理人情に弱い熱血。さらにお調子者と、いわゆるロボットもの主人公王道といっていい性格をしている。

両親を2人ともテロで失っており、涯孤独の身の上でもあったが、ラングランに召喚されたのち、皇ゼオルートの養子となっている。義妹プレシア

見たカッコいいらしいが、その言動のせいか3枚に見られることが多い。リューネウェンディ等、彼に好意を抱いているものもいるのだが、その手のことには壊滅的にニブイので、「リュウセイえるフラグクラッシャー」とも呼ばれたりする。

マサキの一番の特徴といえばをも恐れぬ「方向音痴である。元々集団行動が苦手で単独行動をとることも多いのだが、その結果毎回地球を何十周もするはめになる。
その方向音痴ぶりは壊滅的としか言い様がなく、ラー・カイラムやハガネ艦内で迷子なんてのは日常茶飯事。偵察や少数での突入作戦などにもサイバスターの特性上よく活用されるのだが、保護者必須である。
α』ではミンメイの捜索のためにマクロス艦内を捜索した結果、ミイラ取りがミイラに。マサキのために別途捜索隊が組まれることになってしまった。
α外伝』では自動でアーガマに帰ってくる装置がついていたにもかかわらず迷子になり、捜索のためにウイングゼロの「ゼロシステム」まで持ち出された。
一説にはマサキ方向音痴ラプラスデモコンピュータその機をも上回っているともネタとして言われる。


シロとクロ



次へ»
最終更新日: 16/11/01 09:04
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ