ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


サイレン


ヨミ: サイレン
掲示板をミル!
10カキコ!

サイレンΣειρήν)とは、ギリシャ神話に登場する怪物のこと。

サイレーン、セイレーンとも。

転じて、英語では「大きい音を発生させる装置」を意味する。


概要


美しい女性の顔と上半身、両腕と下半身は。『アルゴナウタイ』に登場するの怪物・ハルピュイアと似ているが、性質は異なる。

河のアケローオスと芸術女神・ムーサの一人、メルポメネー(悲劇の女神)の子とされる。異説ではテルシコレー(舞踏の女神)、カリオペー(叙事女神)とも。
2人説、3人説、その他にも複数の個体が伝承として記述されており、名前も多様。

オウィディウスの『変身物語メタモルポーセース)』によると、かつてはニュンペー(精霊)で、コレーことペルセポネーの女だった。その後ペルセポネーがハデスに誘拐された際、彼女を探す為にを得て飛び立ったという。
またヒュギーヌスの『ギリシャ神話集』では、不注意でペルセポネーの誘拐を許した事をデメテルに咎められ、怪物に変えられたという。

著名なのは『オデュッセイア』に登場するセイレーンである。
トロイア戦争の後、故郷イタケーへと帰還の途についたオデュッセウスが、様々な苦難に遭遇する。その中でもセイレーン美しい歌で船乗りを惑わせ、ねぐらの足元にある岩礁に引き寄せて船を破壊する魔物として描写された。
セイレーン情報魔女キルケーから教わったオデュッセウスは、あらかじめ船員達に蜜蝋で耳栓をさせ、自分はマストに縛りつけてもらった。ねぐらが近づくにつれ、セイレーンの歌を聞いたオデュッセウスが暴れるが船員は惑わされる事がなく、歌が聞こえない距離まで進んでオデュッセウス大人しくなったのを見て難所を乗り切った事を知った。
その後のセイレーンについては、自分達の歌が通じなかった事を恥じ、に投身自殺したと伝えられる。

ギリシャ英雄ドリームチームである『アルゴナウタイ』の物語にもセイレーンは登場、イアソン一行の前に立ちはだかる。しかし琴と歌の名手オルフェウス演奏によって歌は効化され、一行は事に難所を通過できた。
ただし養蜂のブーテースのみは歌に惑わされてしまい、船からに飛び込んでしまった。後にアプロディーテが彼を助けてチリに送り届け、女神との間に王となる息子をもうけたという。


補遺



その他



関連項目



最終更新日: 18/11/20 17:37
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ