ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


サクラ大戦


ヨミ: サクラタイセン
掲示板をミル!
768カキコ!

サクラ大戦』とは、1996年セガから発売された太正時代(大正ではない)を舞台にした和製スチームパンク[外部]作品である。 

概要

[画像を見る]

上記の様に、各界を代表するクリエイターたちが手を結び、セガサターンゲームソフトとして1996年9月27日に発売され、セガサターンオリジナルタイトルとして最高のセールスを記録。

プレイ後のユーザー評価に基づく人気投票で決定される「1997年CESA大賞グランプリ」「1997年ゲーム・オブ・ザ・イヤーグランプリ」を受賞。多くのユーザーから強い支持を得る。

更に高品質なアニメなども先進的に取り入れている。また田中公平が手掛ける音楽も非常に高い評価を受けている。シリーズ関連のボーカル曲はなんと300曲以上アニメドラマCD、歌謡ショウ使用曲含む)。その後ドリームキャスト移植され、さらにTVアニメOVA舞台小説漫画などに幅広く展開された作品。

常設オフシャルファンショップ舞台化を1990年代から。ネットワークを生かしたドリームキャストでの専用のネトゲの発売や、常設オフシャルコンセプトカフェ2000年代から展開していた時代を先取りしていた作品。(ショップコンセプトカフェ現在閉店さすが時代を先取りしすぎなSEGA作品。

15周年の節である2011年から、「花とゆめ」にて「サクラ大戦奏組」の連載が行われていた。シリーズ初の女性向けという異色の作品だが、単行本の特典としてアニメDVDが付属していた。後に舞台にもなっている。

2012年には3DSソフトPROJECT X ZONE」とのコラボ作品が発売された。その後、2015年にはその続編たる「PROJECT X ZONE2」、ソーシャルゲームグランブルーファンタジー」など、コラボ参戦の機会が多くなっていく事となる。

2014年アニメ「セハガール」でもゲスト出演するなど、名実ともにセガの代表シリーズの一つとして計上されている。

2016年セガフェス2016のファン投票で「作品部門」「復活期待部門」1位となり、初代の発売から20年以上経った後でも根強い人気があることが伺える結果となった。

2017年開発をセガゲームスが担当する「スーパーロボット大戦X-Ω」にて、期間限定とはいえ遂にスパロボ参戦を果たす。実質セガメディアミックスでもあるためか、これまでの期間限定イベントとは違い複数イベントに跨ってのゲスト参戦となり、X-Ωキャラの搭乗するスパロボオリジナル光武光武X」「光武Ω」まで登場するという異例の厚遇となった。またこの際、セガ単独版権として扱われている。

2018年セガフェス2018にて新作発表を行い、詳細については後日開く発表会にて披露する旨の発表がなされた。

2019年セガフェス2018より1年が経ちながら新作に関する一切音沙汰がなかったことから、計画が頓挫したのではというも聞こえる中、セガフェス2019にて遂に新作の発表がなされた。前作の発売から14年以上経ての新作である。
サクラ大戦Ⅴまでの変更点として、製作揮がセガ会長である里見治紀氏、キャラクターデザインに「BLEACH」で有名な久保帯人氏、ストーリー構成にイシイジロウ氏など製作に大きな変更がある事が挙げられる。
サクラ大戦1・2・4と同様、東京が本作の舞台であるが、サクラ大戦Ⅴより12年が経過し、ヒロインたちも一新されている。更に、ゲーム画面も3DCGになっているなど、随所に最新の技術が取り入れられている模様である。
なお、セガフェスにて開された映像より、帝国劇場の総支配人はかつてのトップスタァである神崎すみれが就任している事が判明した。

本編作品

外伝作品/ファンディスク

ゲームについて

年号、「太正(たいしょう)」時代。プレイヤーは1~4は大神一郎、Vは大河新次郎となり、霊で動く霊子甲冑を操り都市を防衛する的で作られた組織「撃団」の隊長となり、組織に所属する女の子達と仲良くなりつつ、悪の組織から都市を防衛して行くゲーム

シャーマン巫女、霊を持つのは若い女性なので、「撃団」の隊員は隊長以外は若い女性ばかりである。

隊員の女の子達は「歌劇団」のレビュー演劇を行う舞台スターという顔も持つ。

1・2・4は東京、3はフランス巴里、Vはアメリカ・紐育が舞台DSで発売された「君あるがため」はこれまでのキャラクター総出演の作品で、ナンバリングはされておらずゲームジャンルも1~Vとは違った不思議ダンジョン系だが物語自体はVの続きとなっている。

帝国歌劇団モチーフは「松竹歌劇団」であり、広井王子叔母松竹歌劇団の第1期生であり、叔母舞台を楽屋裏から眺めていた体験が創作となったとインタビューられている。本拠地「大帝国劇場」もかつて浅草にあった際劇場をモデルとしている。また、物語に出てくる組や組といったチーム名は「宝塚歌劇団」からである。宝塚歌劇団の知識があると更に楽しめるかもしれない。舞台の演は、「松竹歌劇団」をモチーフにしたもので、劇場の大舞台を最大限に利用した「屋台崩し」が印強いだろう。

TVアニメに作られており、話数の終わりに次回予告もある。

登場人物で女性の名前には、の名前が入っている(敵やモブを除く)
2以降では、他にもモチーフにした名前のキャラもいる

基本的にはアドベンチャーゲームADV恋愛シミュレーションゲームだが、戦略シミュレーションゲームSLG)でもあり、演出面ではスチームパンク大正浪漫戦隊ヒーローもの、時代劇の構成(勧善懲悪・殺など)、歌謡曲演劇ロボットオカルトと幅広い要素を融合させた意欲作である。

TVアニメ

 2000年4月8日から同年9月23日までTBS系列で放送。全25話。

 監督中村隆太郎

 アニメーション制作マッドハウス

主人公ゲーム大神一郎ではなくヒロインの1人である真宮寺さくらとなっている。ゲームの1作ストーリーを基盤としているものの、ほぼアニメオリジナル展開。ゲームの重要な要素である大神一郎組との恋愛要素もなく、組から大神へ特別な好意を寄せられているような描写も一切ない。

その他、本来サクラ大戦2から登場するキャラクターが登場する・一部のキャラクターの性格がゲームと大きく異なる・敵の雑魚キャラの「」がゲーム機械的なものから生物的なものに変更・敵の最終的な的が違う、ゲームでは死去するキャラ生存...などゲームとの相違点がかなり多く、結末も全く違った物になっている。

基本的なストーリー原作ゲームの内容とべると終始かなり精的に来るような暗く重い展開となっていて組の仲もギスギスのドロドロとなってしまっており、ファンからの評価はお世辞にも高くない。

映画『サクラ大戦活動写真』

 2001年12月22日東映洋画系

 監督本郷みつる

 アニメーション制作Production I.G

 同時上映:『スレイヤーズれみあむ』『あずまんが大王』『Di Gi Charat

角川アニメ』と題し上映された。時間軸と舞台サクラ大戦3時の大神一郎不在の東京。後にサクラ大戦Vヒロインの1人となるラチェットアルタイルの初登場作品。敵キャラも後に発売されたゲームサクラ大戦V 荒野のサムライ』に登場している。

奇跡の鐘』と共に始まるOPは一見の価値あり。


■sm29484273[ニコ動]

当初はサクラ大戦の単独上映で、『魔法少女アイリス』『さくらちゃんハーイ!』という短編が同時上映の予定だったという。広井王子氏のインタビューによると『魔法少女アイリス』はアイリスマスコットジャンポール変身スティックを持って戦う「カードキャプターさくら」ようなイメージ、『さくらちゃんハーイ!』は学園パロディカンナが泣いて教室洪水になりボートで脱出するというような内容のドタバタギャクの予定だったらしい。

舞台

初演は1997年

昨今のアニメゲーム舞台化、いわゆる2.5次元ミュージカルの先駆け的存在。

都市の団事に演を展開している。


次へ»
最終更新日: 19/03/31 17:06
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ