ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


サテライトシステム


ヨミ: サテライトシステム
掲示板をミル!
186カキコ!

サテライトシステムSatellite System)とは、アニメ機動新世紀ガンダムX」に登場した兵器およびそれを運用するシステムである。


概要


サテライト」の名の通り、衛星であるに建設された発電施設からのエネルギー供給をして兵器を稼動させるシステムである。

発電施設にて生産されたエネルギースーパーマイクロウェーブとして照射し、兵器側はリフレクターと呼ばれるマイクロウェーブ受信装置を用いてそれをエネルギーに再変換する。そうして得た大容量のエネルギーを用いて、通常の兵器かに駕する規模の兵器を稼動させるのである。

面施設から直接モビルスーツへとエネルギー線で供給するため、原則としてが出ている(現在地との間に障物がい)時でないと使えない。また、面基地は面の地球からみえる側に建設されているため、の裏側へ行ってもやはり使えない(作中ではの裏側へ行くような事はなかったが)。
システムが作られてから第7次宇宙戦争の終盤までは衛星上の随所に反射衛星がいくつも設置されていたため、反射衛星経由で地球の裏側であってもマイクロウェーブを受信する事が出来たが、第7次宇宙戦争終盤の混乱で反射衛星は全て破壊されてしまったため、現在では上記の通りから直接受信出来る時(いわゆる「が出ている時」)でしか使用できなくなっている。
第8次宇宙戦争面基地が消滅したものの、7年後に慢性的なエネルギー不足を解消する術として第7次宇宙戦争で中波したマイクロウェーブ中継衛サルベージ面基地のシステムと互換性のある発電衛星「BATEN」が登場する。互換性故に当然サテライトシステムにも対応している。

作中でサテライトシステムを用いた兵器を搭載していたモビルスーツは以下の5機種。

本編から先の世界を描いた外伝にも搭載した機種が登場している。

ガンダムビルドファイターズでも搭載しているモビルスーツガンプラ)が登場する。


ガンダムX(サテライトキャノン)


このシステム活用するために作られたのがガンダムXである。

Gコンと呼ばれる、機体の起動キーにもなっている着脱可な特殊な操縦桿のスイッチを操作するとサテライトシステムが起動し、背面のリフレクターが展開すると共にキャノンが前方へと移動し、発射モードになる。
同時に面基地へサテライトシステム起動の信号を送り、面基地から照準用レーザーが射出される。このレーザーをコクピットシールド部分で受信する事によりアクセス了し、エネルギー本体であるマイクロウェーブが照射される。

この照準用レーザーを受ける事に成功しないとマイクロウェーブの照射が行われず、またレーザー接続が成立した後でもガンダムXがその場を移動してしまうとマイクロウェーブの受信に失敗する。作中ではこの点を逆手に取り、上の位置でレーザーを受信した後に移動し、高エネルギーマイクロウェーブを面に当てて水蒸気爆発を誘導すると言う事も行われた。

サテライトキャノンは一撃でコロニーを容易に破壊し、実際に大戦中はジャミル・ニートがサテライトキャノンを用いてコロニーを多数破壊している。

Gファルコン合体することで「GファルコンガンダムX」となってその形態でもサテライトキャノンを使える。
設定上、エネルギーパックを併合することでマイクロウェーブの受信しで撃つことが可となっている。
受信有りでも撃つことができるので、劇中ではガンダムダブルエックスしかできなかった連射が可になる。

なお、ガンダムXのサテライトシステムを起動するには、初回の起動時のみ、その機体のフラッシュシステムを使って面基地にアクセスし認を行う必要がある。つまり、一度ニュータイプを持った人物がフラッシュシステムの認を行っておけば、オールドタイプパイロットでもサテライトキャノンが使用可になる。もちろん、GビットはNTでなければ使えないが。
ガンダムXは確認されている限りでは3機存在し、ダブルエックスの元となる2号機(ジャミル・ニートが搭乗したもの。後述)は大戦中にジャミルが自分で認を行っていたものと思われるが、後にガロード・ラン機になる1号機は未使用で眠っていたため認がされていなかった。
未使用の機体に搭乗してサテライトシステムを起動したガロードは、コクピットに乗り合わせていたティファ・アディールフラッシュシステムの起動を代行してもらい、この問題をクリアした。

外伝にてローレライからサルベージされたガンダムXも使用、発電衛星「BATEN」から得られるマイクロウェーブの出ダウンしているものの、それでも驚異的なを誇っている。


GXビット(サテライトキャノン)


ガンダムXフラッシュシステムを介して遠隔操作されるMS(ビットモビルスーツ)。
頭部センサーバイザー状になり、各部の形状もガンダムXより簡略化されている。

大戦ではジャミル・ニートガンダムXと12機のGXビットを使用した13門のサテライトキャノンの一斉撃で地球に落下しようとするコロニーを多数破壊したが、地球への落下は止められず、人口が一気に減少する原因を作った。

劇中ではルチル・リリアントの補助を受けたジャミル海底にあったGXビットをNTで起動したが、サテライトキャノンは使用されず、ライフルによる射撃のみだった。
その後はフラッシュシステムの解析・利用などをされないためにGXビットは全機破壊された。


ガンダムダブルエックス(ツインサテライトキャノン)


ガンダムXの後継機であるダブルエックスにはツインサテライトキャノンが搭載されている。

異なる点と言えばリフレクターが従来の4枚から6枚に増加し、放熱プレートも開閉式になり効率が良され、キャノンも2門に増えて兵器の規模がほぼ倍化されている。

30万キロ以上の射程、コロニーレーザークラスの範囲・破壊等、戦略級兵器なだけありもはやMS単体の兵器としては規格外の代物となっている。ちなみに出も調整可だが原作ではそのへんの描写が特にいので実際にどの程度の出で撃っていたのかは不明。
熱効率が向上したため少なくとも3連射できるようになった。

Gコンを使用する点は変わっていないが、この機体はそもそも大戦中にジャミル・ニートが使用していた2号機を基に作られているため、フラッシュシステムによる認は最初から了した状態である。ダブルエックスワンオフ機であり、未認状態の機体は事実上存在しない。

劇中では使わなかったがGファルコン合体した「Gファルコンガンダムダブルエックス」でも使用できる。
GXと同じくエネルギーパックを併用することでサテライトキャノンをマイクロウェーブの受信しでも受信有りでも撃つことが可となっている。この形態なら4連射以上も可になるかもしれない。


ガンダムアシュタロン・ハーミットクラブ(サテライトランチャー)


モビルアーマー形態の際に、背中のアーマー部分の一部が開き中からランチャーを展開する。
ガンダムエックスとは異なる、「サテライトランチャー」と言う名称が付けられている。

なお、ランチャー自体を搭載しているのはアシュタロンであるが、アシュタロンリフレクターを装備していない。
リフレクター兄弟機であるガンダムヴァサーゴ・チェストブレイクに搭載されており、それと接続している状態でのみ使用可合体兵器である。なお、引き金はヴァサーゴのパイロットが引く。

サテライトランチャーが使用されたのは最終話のみで、ガンダムエックスにあったサテライトシステムにまつわる各種仕様ランチャーにも存在するのかは不明。作中で登場した仕様は以下の通り。


D.O.M.E.専用ビットモビルスーツ (大型キャノン)


D.O.M.E.警備用のビットモビルスーツにもサテライトキャノンの一種である大キャノンビームバズーカとも)が装備されている。
ただし、これは「リフレクターを搭載している」「通常の兵器では考えられないほどの高威を誇る」と言う点からの推論であり、作中ではマイクロウェーブを照射したシーンが存在しない割に、通常のビームライフル等と同様の連射を行っている等不明な点もある(ときた一による漫画版ではちゃんとマイクロウェーブの受信を行った上で発射していた)。

ガンダムXのサテライトキャノンにべると小規模であり、リフレクターも2枚だけである。
その分威が下がっているが通常の兵器では傷を付ける程度しか出来ない程の装甲を誇るMSクラウダを一撃で粉砕する程度の威は持っている。

ビットモビルスーツは面基地が建設された頃から設置されているため、そのシステムダブルエックスアシュタロンのもののような良は加えられていないが、この機体の操縦者が面基地のサテライトシステムの管理者でもあるD.O.M.E.自身であるという点から、照準用レーザーフラッシュシステムによる認システムいものと思われる。


ディクセン・ホーネット(サテライトキャノン)


ガンダムXの機再現する「オプション-X」において携行サテライトキャノンを装備する。
サテライトシステム及びリフレクターは全てサテライトキャノンに集約されており、ディクセン自体には特別な処置がされてはいない。


ディクセン・モードエックス(サテライトキャノン)


ディクセン・ホーネット及びオプション-Xの稼働データを基に良されたディクセン。
オプション-Xにおいて問題であったサテライトキャノンの仕様は変更され、ガンダムXと同じ本体側にサテライトシステムとリフレクターを搭載している。


ガンダムX魔王(ハイパーサテライトキャノン)


ガンダムビルドファイターズに登場するガンダムエックスベース改造したガンプラガンダムX魔王」の装備で、通常のサテライトキャノンよりも更に高い威を誇る。その火力はIフィールド持ちのアプサラスⅢやガウ(のプラモ)をバリアをぶち破った上に一撃で落とすなど、まさに魔王
デザインにも細かな変更があり、身は肩で担ぐガンダムエックスと違いに構え、リフレクター通常時の形状もL字からV字になっている。
 また、マオスーパーマイクロウェーブと言っているのでマイクロウエーブもパワーアップしていると勘違いする人がいるがXの原作でも正式名称はスーパーマイクロウェーブなのでマイクロウェーブ自体は同じものである。

そして本機の最大の特徴は、単機でサテライトキャノンをマイクロウェーブ受信なしで撃てることである。
製作者のヤサカ・マオが学んでいる「ガンプラ心形流」の応用により、ソーラーシステムを追加搭載する事で太陽が出ていればどこでもチャージできる上に、ほぼ制限に連射が可で、マイクロウェーブの受信と併用する事で更に出を引き上げる事も可。またビームソードを接続する事で、サテライトキャノンのエネルギーをそのままビームソードとして出する魔王と言う必殺武装も持つ。

マイクロウェーブでチャージしたエネルギーを他の武装に回す事が出来るのはガンダムXから存在している設定だが、これほどわかりやすく発揮したのはガンダムX魔王が初めてである。


余談


ガンダムゲームにおいて、サテライトキャノンをで受け止めているシーンが見受けられるが(例えばGジェネウォーズのOP[動]など。主人公してるのは良いが…)、はっきり言ってであると言わざるを得ない。
おそらくチャージを短くしてMSを破壊するのに十分な最低限の出にしているのだろうとは思うが…


次へ»
最終更新日: 15/12/05 22:24
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ