ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


サブカルチャー


ヨミ: サブカルチャア
掲示板をミル!
193カキコ!

サブカルチャーとは、とある社会流文化から外れた文化のことである。

※この記事では日本語としての「サブカルチャー」に付いてだけ解説します。英単の「sub culture」については解説しません。


日本のサブカルチャーの概要


日本では1970~1980年代頃からサブカルチャーという単が頻繁に雑誌などで使われるようになった。

サブカルチャーを正確に定義すると非常にややこしくなる。例えば今日日本において社会の至る所で何らかの形で見受けられる (そして時の政府行政観光として注視していた) 漫画アニメ日本の「流文化」でないと言うことは大分において苦しいが、しかしながら慣用的には現在もサブカルチャーとして扱われている。

今日日本語において俗にサブカルチャーと称されているのは、絵画・彫刻・工芸などの伝統的な芸術クラシック音楽純文学俳句短歌古典演劇歌舞伎浄瑠璃落語など)などのハイカルチャーに収まらない、較的新ジャンルの文化全般である。

代表的なものとして、

などがある。均質化、同質化 (すなわち「普通」であること) の圧がかかる流文化と違い、むしろ個性的であることが要される。ゆえにトレスだのパクリだのにはうるさい

元々、その名の通り『メインに対するサブ』であったサブカルチャーだが、1980年代以降ボーダレス化が進み、かつてサブカルチャーと呼ばれていた文化の、流文化・ポップカルチャーへの積極的な「組み込み」が起きている。一方でその組み込みに寄与しないサブカルチャーも少なくなかったが、こちらは流文化側から積極的に「サブカルチャー」と呼ばれることは少ない。かつては「サブカルチャー≒カウンターカルチャー」であったが、過去の話になりつつある。

も、これらの流は江戸の庶民文化の頃からあり、戯作やなどはサブカルチャーの最たるものといえるし、人気歌舞伎役者や町などを描いた浮世絵などはボーダーレス化したカルチャーとも言えるだろう。


関連動画



■sm7749110[ニコ動]

■sm13018672[ニコ動]


関連商品


■az4535562865
■az493914819X


関連項目



最終更新日: 17/12/24 22:21
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ