ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


サラマンダー(ゾイド)


ヨミ: サラマンダー
掲示板をミル!
23カキコ!
ゾイド > サラマンダー(ゾイド)

サラマンダーとは、『ZOIDSシリーズに登場する大翼竜ゾイドである。
尻尾を振ってバランスを取りながら歩行する事で、尻尾を地面に付けずに歩行ができる画期的なギミックを持つ。


機体解説


サラマンダー
SALAMANDER
基本情報
RPZ-001
RZ-045
所属 ヘリック共和国
モチーフ 翼竜テラノドン
スペック
全長 24.1 m
全高 17.1 m
全幅 26.6 m
重量 100 t
最高速 MACH 2.0
武装(旧)
武装(新)
ゾイドテンプレート

サラマンダー

ヘリック共和国が開発した大クラス翼竜飛行戦闘ゾイドで、その巨大なから「アイアンウイング」の異名を持つ。

この時代の飛行ゾイドとしては破格の巨体を誇り、それでいて以前まで共和が使っていたRMZ-2グライドラーやRMZ-8ペガサロスをかにえる最高15000kmの航続距離30000mもの上昇可を有しつつ、武装の種類も数も非常に豊富なためいわゆる戦闘爆撃機としての側面も持っている。

組みのようにスカスカだが、これは惑星Ziを覆う磁場を利用して浮と揚を得るマグネッサーシステムを使用しているためである。

ベース種の個体数が極端に少なく、短期間で数をえられない事がネックであったが、ヘリック共和国ゼネバス帝国を隔てる中央山脈を軽くえられるほどの航空を持ち、武装も極めて豊富である事から大量配備さえ可ならばこのサラマンダーの戦略爆撃だけで敵国に致命的ダメージを与えて戦争を終結に導く事が可と言われていた。

上述の個体数の問題から直接的な敵地本土への攻撃よりも散発的な戦や基地攻撃などに使われていたが、EPZ-6デスザウラーの登場により陸路を寸断された戦争後期では輸送用や挺用に改造された機体が運用され、陸戦ゾイドの運搬や支援を務めており、このサラマンダーの存在によって共和軍は中央大戦争全期における実質的な制権を握り続ける事ができた。

ガイロス帝国軍との戦いが始まった大陸戦争においてはこのサラマンダーをさらに良したサラマンダーが配備されたのだが、間もなく帝国軍があのDBOZ-17ギル・ベイダーを投入したため、遂に制権を奪われてしまう。

その後発生した惑星Zi大異変により原種が絶滅寸前に追い込まれたため、僅かに残った機体はモスボール状態にされていたが、第二次大陸戦争の中盤においてRZ-29ストームソーダーやRZ-39レイノス以上の飛行性を持つゾイドの必要を迫られた共和軍がサラマンダーの戦線復帰を決定。敵飛行戦艦への攻撃や大陸間のゾイド輸送などに使われた。

ネオゼネバス帝国との戦いでも共和軍が中央大陸から追放されるまで使用され続けた。


劇中での活躍


バトルストーリー

ZAC2031年ロールアウト。当時はまだろくな飛行ゾイドを持っていなかった帝国軍を圧倒し、制権を握る。

デスザウラーの出現によって両軍の陸上バランスが崩された後も“デスバード基地攻撃作戦”で使用された挺用輸送機や“かまどとツバメ作戦”に使われた非戦闘実験機などの局地戦改造機が登場し、その戦線を影で支え続けた。

ガイロス帝国軍との戦いでは、本機もサラマンダーへの良が成され航空の強化が図られたが、間もなくガイロス軍はギル・ベイダーを開発、ギル・ベイダーの圧倒的な戦闘の前にサラマンダーは手も足も出ずに敗れ去り、この結果制権はガイロス軍に握られてしまった。

二次中央大戦争では上記の問題によって戦から外されていたが、帝国軍のニクシー基地への高高度からの爆撃に対し、ストームソーダーレイノスでは対抗できないとして急遽戦線復帰が決定。テストもしていない緊急出動であったがサラマンダーは見事にこの期待に応えてか上に浮かぶ敵の戦艦を沈め、その後も暗黒大陸で苦戦する友軍に支援を送り届けるなど大きく活躍した。

戦いがネオゼネバス帝国との戦争に移行してからも生き残った共和部隊のを守っていたが、共和軍が中央大陸追放の憂きにあって以降はストームソーダーと共にほとんど失われてしまい、その結果共和軍のは大幅な低下を余儀なくされている。

アニメ

アニメシリーズには現在まで一切登場していない。


主な機体バリエーション



関連動画



■sm9476726[ニコ動]


関連商品


■azB000A7T0NG
■azB000TAD1WA


関連項目



最終更新日: 13/10/22 21:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ