ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


サンダーゾード


ヨミ: サンダーゾード

サンダーゾードとは以下の物をす。

曖昧さ回避
  1. パワーレンジャー』に登場する巨大ロボット
  2. パワーレンジャー・ニンジャストーム』に登場する巨大ロボット。正確にはサンダーニンジャゾード

当項では1について記述する。

サンダーゾード(Thunderzords)とは、アメリカ合衆国特撮テレビドラマパワーレンジャー』に登場する架の巨大ロボットである。

五星戦隊ダイレンジャー』に登場した気伝を原典とする。


概要


パワーレンジャー』第2シーズンメカ。悪の帝王ロード・ゼッドに対抗するため、サンダーパワーダイナゾードを強化した戦闘メカ。初登場は 第62話「悪の帝王ロード・ゼッド(中編)」。「ダイナゾードパワー、今だ!」、「サンダゾードパワー、今だ!」、「サンダーメガゾードパワー、今だ!」などと叫んだ後に個別の召喚コードを唱えて召喚する。

パワーレンジャーとともに数多くのモンスターを葬ってきたが、第3シーズン序盤でリト・レボルトとの戦いに敗れ、破壊された。


一覧



レッドドラゴンサンダーゾード(Red Dragon Thunderzord)


レッドレンジャー(ジェイソン・リー・スコット及びロッキー・デサントス)用のチャイーズドラゴンの強さを持つゾード。ティラノサウルスダイナゾード変身する。召喚コードは「ティラノサウルスレッドドラゴンサンダーゾードパワー」。

口から吐く火炎が武器。人バトルモードに変形し、単体で巨大化したモンスターと対等に戦うことができる。バトルモードでは棒を武器とし、棒を回転させながら突撃する技や、棒を軸にして回転蹴りを放つ必殺技を持つ。

サンダーメガゾード時には中核を成し、頭部・胴体・腕を構成する。

五星戦隊ダイレンジャー』に登場した気伝王及び気伝武人・王を原典とする。


ライオン・サンダーゾード(Lion Thunderzord)


ブラックレンジャー(ザック・テイラー及びアダム・パーク)用のチャイーズガーディアンライオン勇気と強さを徴するゾード。マンモスダイナゾード変身する。召喚コードは「マンモスライオンサンダーゾードパワー」。立ったなどはない。

サンダーメガゾード及びには胸・頭部・腕部分のアーマーを構成し、メガタイガーゾード時には背中と肩のアーマーを構成する。

五星戦隊ダイレンジャー』に登場した気伝獅子を原典とし、玩具では日本版でだった部分がに変更されている。


ユニコーン・サンダーゾード(Unicorn Thunderzord)


ブルーレンジャー(ビリー・クランストン)用のユニコーンのもっとも深い知恵を持つゾード。トリケラトプスダイナゾード変身する。召喚コードは「トリケラトプスユニコーンサンダーゾードパワー」。重力を操作して岩を飛ばす攻撃法を持つ。

サンダーメガゾード及びメガタイガーゾード時には左足を構成する。

五星戦隊ダイレンジャー』に登場した気伝天馬を原典とする。


グリフィン・サンダーゾード(Griffin Thunderzord)


イエローレンジャー(トリニー・クワン及びアイーシャ・キャンベル)用のグリフィンの俊敏で聡明なゾード。セイバートゥースタイガー・ダイナゾード変身する。召喚コードは「セイバートゥースタイガー、グリフィンサンダーゾードパワー」。口から放つ炎の弾でモンスターを攻撃する。

サンダーメガゾード及びメガタイガーゾード時には右足を構成する。

五星戦隊ダイレンジャー』に登場した気伝麒麟を原典とする。


ファイヤーバード・サンダーゾード(Firebird Thunderzord)


ピンクレンジャー(キンバリー・アン・ハート)用のファイヤーバードの強く軽快なゾード。プテロダクテイルスダイナゾード変身する。巨大な竜巻を発生させ、モンスターを攻撃する。

サンダーメガゾード時にはアーマーを構成し、メガタイガーゾード時には右腕に装備された武器となる。

五星戦隊ダイレンジャー』に登場した気伝鳳凰を原典とする。


ホワイトタイガーゾード(White Tigerzord)


ホワイトレンジャー(トミー・オリバー)用のホワイトタイガーの勇敢で獰猛なゾード。虎タイガーモードから人バトルモードに変形し、単体での戦闘も可バトルモードではを武器とし、胸にあるタイガーモードの口から放つホワイトタイガーサンダーボルト必殺技メガタイガーゾードの中核を成す。

ホワイトレンジャーの持つ魔法剣、サーバによって制御されている。その為、サーバが敵の手に渉るとホワイトタイガーゾードも敵になってしまう。

五星戦隊ダイレンジャー』に登場した気伝ウォンタイガー及び気伝武人・ウォンタイガーを原典とする。


トール(Tor the Shuttlezord)


の大ゾード。人バトルモードに変形する。左右に装備されたキャノン及びバトルモードではに装備された放つキャノンが武器。強な装甲を持ち、甲羅の内部に他のゾードを収納して保護する。のため、裏返しにされると手も足も出なくなる。

初登場は第85話 「平和を守る者」だが、第87話 「戦士立ち(I)」において何故か初登場でかあるかのような扱いを受けた。

五星戦隊ダイレンジャー』に登場した気伝ダイムゲン及び気伝武人・ダイムゲンを原典とする。


サンダーアサルトチーム(Thunderzord Assault Team)


 ライオンユニコーン、グリフィン、ファイヤーバードの4体のサンダーゾードが合体した飛行形態。バトルモードレッドドラゴン・サンダーゾードを乗せてを飛ぶ。

五星戦隊ダイレンジャー』に登場した天空殿を原典とする。


サンダーメガゾード(Thunder Megazord)


レッドドラゴンライオンユニコーン・グリフィン・ファイヤーバードのサンダーゾード5体が合体した巨大ロボ

日本刀サンダーサーベルを武器とする。玩具ではレッドドラゴンの棒にファイヤーバード尻尾合体させたヤリも持つが本編では未使用。

サンダーサーベルは敵に奪われたりした場合は放電が起こり、手放させるようになっている。

な技にサーベルから竜巻を放って敵を吹き飛ばす技、サーベル電撃を起こす技、から放出して攻撃する技がある。サンダーサーベルサンダーパワーを込めてりかかるのが必殺技

初登場は 第63話「悪の帝王ロード・ゼッド(後編)」。ゲーム作品『パワーレンジャーファイティング・エディション』にも登場。

五星戦隊ダイレンジャー』に登場した大連王を原典とする。


メガタイガーゾード(Mega Tigerzord)


ホワイトタイガーゾードをコアパーツとし、ライオンユニコーン、グリフィン、ファイヤーバード合体したゾード。右腕に装備されたファイヤーバード・サンダーゾードを敵に向かって打ち出す必殺技を持つ。

初登場は第78話『正義(II)』。ゲーム作品『パワーレンジャーファイティング・エディション』にも登場。

五星戦隊ダイレンジャー』に登場した牙大王を原典とする。


サンダーウルトラゾード(Thunder Ultrazord)


トールの内部にホワイトタイガーゾードを収納し、レッドドラゴンサンダーゾードを乗せたサンダーアサルトチームを上部に合体させた最強形態で、ゴルダースコルピーナコンビに対抗出来るのはこの形態のみであると、ゾードンは述べている。

レッドドラゴンの棒をヘリコプターのローターにように回して上昇した後、急降下して敵を押しつぶす必殺技を持つ。

初登場は第85話 「平和を守る者」。登場回数はあまり多くなく、第89話「素敵なダンスパートナー」を最後に登場しなくなる。

五星戦隊ダイレンジャー』に登場した重甲気殿を原典とする。


DX玩具



レッドドラゴンサンダーゾード


1993年日本で発売された「DX王」の仕様変更品で1994年発売。日本版には付属しなかったパワークリスタルが付属しているのとシールが異なるのがな違い。


サンダーアサルトチーム


1993年日本で発売された「DX天空殿」の仕様変更品で1994年発売。ライオンサンダーダーゾードの成色がからに変更され、グリフィン・ユニコーンゾードの一部の成色が灰色からに変更された他、日本版に付属しなかったパワークリスタルが付属しているのとシールが異なるのがな違い。

レッドドラゴンサンダーゾードと組み合わせてサンダーメガゾードを再現


ホワイトタイガーゾード


1993年日本で発売された「DXウォンタイガー」の仕様変更品で1994年発売。ホワイトタイガーパワーコインパワークリスタルホワイトレンジャーのフィギュアが付属しているのが日本版との違い。ホワイトタイガーパワーコインデザイン本編とは異なっている。

サンダーアサルトチームと組み合わせてメガタイガーゾードを再現


トール


1993年日本で発売された「DX気伝 ダイムゲン」の仕様変更品。レッドドラゴンアサルトチームホワイトタイガーの各ゾードと組み合わせてサンダーウルトラゾードを再現


関連動画



■sm4198771[ニコ動]

■sm4198817[ニコ動]


関連商品


■azB00007AJGJ


関連コミュニティ


■co7510


関連項目



次へ»
最終更新日: 11/01/28 03:03
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ