ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


サンダー・ボルト


ヨミ: サンダーボルト
掲示板をミル!
81カキコ!

サンダー・ボルト(Raigeki)とは、遊戯王OCGに登場するカードのひとつである。

※その他のサンダーボルトthunderbolt)については「サンダーボルト」を参照。


概要


1999年3月18日発売の構築済みデッキSTARTER BOX」にて登場した魔法カードレアリティスーパーレアテキストは以下の通りである。

通常魔法禁止カード)
相手フィールド上に存在する全てのモンスターを破壊する。
遊戯王カードWiki[外部] より引用

古参決闘者ならもがお世話になった、あるいは脅えていたことが、新参決闘者でも禁止リストで名前だけはにしたことがあるであろうカードコストなしで相手モンスターだけを全滅させることが出来る。

基本的に遊戯王OCGにおいて最も重要なのはモンスターである。そのモンスターを何のコストもなしにいとも簡単に破壊出来るこのカードはぶっ壊れと言ってもいいほど強なものである。今でこそ「冥府の使者ゴーズ」、「スターライト・ロード」など、ある程度対抗できるカードが出ているものの、当時の環境なら防ぐのも難しかった。
先に「ハーピィの羽根帚」で邪魔な伏せカードを破壊し、このカードで確実に相手モンスターを破壊、フィールドをがらきにした後「青眼の白龍」あたりを出して自分モンスターで総攻撃すれば相手に壊滅的なダメージを与えられた。

初期の公式ルールでは上級モンスターでも生け贄(リリース)が必要なかったので、「青眼の白龍」は最強カード扱いで、除去効果が充実していなかった当時は召喚されると手のつけようがかった。そのため、それらを簡単に破壊しさらに自分が攻め込むための場を整えられるこのカードは重宝された。
もちろん生け贄などのルールが整えられた後でもノーコスト全体除去は大変強で、よほど特殊なデッキでもない限り必須扱いだった。

どんなデッキにも入る上に効果があまりにも強すぎることから、制限カード導入当初(1999年)から制限カードとなり、禁止カード導入(2004年3月1日)と同時に禁止カード定され、長い間緩和されていなかった。

自分フィールドにも被害が及んでしまう「ブラック・ホール」ですら現在制限カードであるところを見ると、このカード禁止カードから帰ってくる可性は低いというのが大方の意見。
しかし、海外では2014年10月1日訂で制限カードになる。大量展開が昔とはにならないほど容易になっているため、その対抗策の意味合いもあるのだろうか。上記のとおり日本では禁止カードの常連であるため、海外におけるこの訂が環境にどのように影するか注された。
そして2019年4月1日制限改訂でついに日本でも制限カードに緩和された。


このカードの影からか、カードを破壊するカードは、「ライトニングボルテックス」、「サンダーブレイク」、「封魔一」などのようにや落などをイメージしているものが多い。

専用メタカードとして「避雷針」が登場している。「サンダー・ボルト」の効果を相手に跳ね返す効果を持っているが、汎用性が低すぎるため、このカードが現役だったころから使用されることはなかった。制限カードに復帰した現在においては、対策したいならば「スターライト・ロード」など、もっと使いやすいカードがいくらでもある。

このカード英語名は「Raigeki」。そのまま「撃」である。「Thunderbolt」には出来なかったのだろうか。
サンダーブレイク」が「Raigeki Break」になったり、「宝玉の祈り」が「Crystal Raigeki」(宝玉の撃)になったのも、だいたいこいつのせい。前者はともかく、後者は意味が全に変わってしまっている。

このカードは何度か再録されているが、どれも高レアリティであるため、少々入手が難しい。一「STRUCTURE DECK-ペガサス・J・クロフォード編-」にのみノーマルで収録されていた。現在は「BIGINNER'S EDITION 1」(リニューアル版)に再録されており、そちらから入手自体は可レアリティが高いので当たりにくいが)。禁止カードである故に実用的な価値はないに等しいので、カードショップでならそこそこの値段で手に入るだろう。

禁止カード定された後も、上記のBE01や、リニューアル前のBE1で再録されていた。

余談であるが、このカードによく似た名前の「サンダー・ボトル」なる永続が後に登場している。その英語名は「Raigeki bottle」。やはりこのカードを意識している。


ニコニコでは、長きに渡って禁止カードであることから、デュエル動画での出番も少なく、禁止カードの紹介などで顔を出すか、昔の制限でデュエルをしたときにするくらい。
アニメ5D's、WRGP終盤でアポリアが「機皇神マシニクル∞³」を特殊召喚した際、大量のを落としを破壊したことから、この様子をリアルサンダー・ボルトなどと言うこともある。
実は似たようなシーンリアルサンダー・ボルト)はドーマ編終盤のVSダーツ戦、「オレイカルコス・シュノロス」のシーンなど、他にもあったりする。


アニメなどにおいて


アニメではDMにて洗脳された城之内が使用していた。原作では「ライトニングボルテックス」の名で、効果は「サンダー・ボルト」と同じものを使用している(OCGでは「ライトニングボルテックス」は少し違う効果を持っている)。
ノーコストの全体除去がアニメで使用されると話が続かなくなると言うことなのか、ほとんど使用されない。

後にアニメGXでは「幻魔の」なるカードが登場し、カミューラが使用していた。「サンダー・ボルト」の効果に加え、デュエル中に使用されたモンスターを自分の場に特殊召喚するというとんでもないカードであった。
ただし、デュエルに負けると幻魔に魂を奪われてしまうため、気安くは使えない。
ゲームタッグフォースシリーズでも同カードオリジナルカード扱いで収録されているが、さすがに魂を奪われるリスク現実再現するのは不可能なので、代わりに発動したターンエンドフェイズに自分のライフが10分の1になると言う効果になっている。


関連動画


 
■sm7594377[ニコ動]

 ■sm12776349[ニコ動]
 ■sm12054857[ニコ動]
■sm26170901[ニコ動]


関連静画


■im4730809(静画)


関連商品


 ■azB001CBF3G2
■azB004QX6HPY


関連項目



最終更新日: 19/04/21 10:26
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ