ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


サンデーサイレンス


ヨミ: サンデーサイレンス
掲示板をミル!
91カキコ!

サンデーサイレンス(Sunday Silence)とは、元競走馬・元種である。イニシャルからSSとも呼ばれる。

1986年3月25日生、2002年8月19日没。
:Halo(ヘイロー) :Wishing Well(ウィッシングウェル) :Understanding(アンダースタンディング)
生涯競走成績:14戦9勝
な勝ち:ケンタッキーダービープリークネスステークスブリーダーズカップクラシック
など:エクリプス賞年度代表・最優秀3歳(1989)、米国競馬名誉の殿堂入り(1996)、ブラッド・ホース誌選定「20世紀のアメリカ名馬100選」第31位(1999)
成績:13年連続リーディンサイアー(1995~2007)、14年連続リーディンブルーメアサイアー(2006~2019)


競走馬としての概要



血統


サンデーサイレンスはアメリカケンタッキー州ストーンファームで産を上げた。ヘイロー1983年リーディンサイアーを獲得した(サンデーが活躍した1989年にもう一度獲得する)名種のウィッシングウェルはGII勝ちである。そういうに聞くとなかなか良い血統のように思える。

しかし、ヘイロー人を噛み殺そうとしたことがあるくらいの荒で、種時代には人を噛まないように口に籠を付けられた程だった。このためか、リーディングを獲得するくらいでありながらそれ程高く評価されていなかった。

更にウィッシングウェルは英国三冠ラフレッシュの末裔といえば聞こえは良いがから高祖母までの4頭が未勝利・不出走系に活躍がまるでおらず、アンダースタンディングも丈夫なだけが取り柄だったような地味。なんで活躍したのかが不思議というような血統であった。後にサンデーサイレンスの運命を決することになったのは、にこのウィッシングウェルの血統の悪さであった。

ちなみにウィッシングウェルも「キチガイなんじゃないか!?」と競走馬時代の調教師が言ったほど気が荒かったそうだ。……このから生まれたサンデーサイレンスの気性は……お察しください。


出自


サンデーサイレンスは、実は生まれた時の評価が著しく低かった。奢だったのと、後脚がX字に曲がっていたからである。このため「あんなひどい当歳は見たことが」「見るのも不愉快」「あいつにバラレイが似合うとしたら墓に入った後だけケンタッキーダービー優勝にはバラレイがかけられる(そのため「Run for the Roses」という異名がある)。つまり「(ケンタッキーダービーを勝つような)一流になれるじゃない」というような意味。などと言われるありさまで、活躍した後にも「サンデーサイレンスの体の欠点はを瞑って済むような軽いものじゃなかった」「同じ見た1000頭いればそのうち999頭は重賞どころか未勝利も勝てない」「あれは突然変異だ」などと言われている。

血統も悪く体も酷く、おまけに気性もの頃から暴そのもの。おかげでセリでは売れ残り、にも買い取りを拒否されるありさま。更にウイルス性の下痢で生死のを彷徨ったり、セリからの帰り道の運転手が心臓発作を起こしてが横転(サンデー以外のと運転手は皆死亡)したりと「この、呪われてるんじゃね?」と思えるような不運に見舞われる。とにかく悲惨な牧場時代を過ごしたサンデーサイレンス。性格が荒むのも理はい。


競走生活


ストーンファームを経営するアーサーハンコック氏は以外にも色々と売り込みをしたが、結局からも購入されなかった。しかし、仕方なくハンコック氏所有のままチャールズ・ウィッティガム調教師の元に入厩すると、しばらくして「あのは走るぞ!」という報告が届いた。そしてレースでも大活躍を挙げ、まるで期待していなかったハンコック氏を大層驚かせることになるのだった。

2歳戦を2・1・2着で終えたサンデーサイレンスは3歳になると然本領を発揮する。一叩きを楽勝すると初重賞挑戦のサンフェリハンデキャップ(GII)も出遅れをして勝利。この時点でケンタッキーダービーの有補に挙げられる。そしてサンタアニタダービー(GI)を11身というやり過ぎですよというような勝ち方で優勝。勇躍、ケンタッキーダービーに乗り込んだ。

……のだが、ここにが待っていた。

前年の最優秀2歳イージーゴアである。アリダーバックパサー系も一流という嫌味なほどの良血に加え、非の打ち所の体を誇ったこの毛のは「セクレタリアトの再来」とまで言われて高い評価を受けていた。ケンタッキーダービーの1番人気もこのだった。しかもイージーゴアオグデン・フィップス氏はハンコック氏のが代表を務めていた名門クレイボーンファームからハンコック氏が独立するきっかけを作ったハンコック氏のが死去した際の後継者決めにあたり、ハンコック氏の叔父セス氏を名した顧問のうちの一人にフィップス氏がいた。ハンコック氏はこれに反発してクレイボーンファームと袂を分かつこととなった。人物であり、そういう意味でもこのレースは負けられない戦いであった。

しかし、5月だというのに気温6.1℃の極寒ケンタッキー州は5月にもなると最低でも15℃ぐらいにはなるのが普通である。、しかも降り続いたの影で重馬場になるという悪条件となったこのレースで、サンデーサイレンスはスタート直後に横のを吹っ飛ばして好位を占めると、直線、またしてもノーザンウルフという体当たりをかまし左右によれながら抜け出すという荒っぽい走りで優勝馬場のせいか追い込みきれなかったイージーゴアを2身半も負かしたのであった。この時点でウィッティガム師は「この三冠馬になる」と言い切ったという。

ところが、サンデーサイレンスは二冠プリークネスステークスを前に右前脚を跛行してしまう。元々東海を拠点とするイージーゴア贔屓の人々と西海を拠点とするサンデーサイレンス贔屓の人々の対立はしかったが、ケンタッキーダービー後はそれが更にしさを増し、「前走は馬場のせい」「実イージーゴアの方が上」という見方もあって、このレースでもサンデーサイレンスは2番人気に甘んじた。

そしてレース。向こう正面で既に体を合わせていたサンデーサイレンスとイージーゴア。そのまま二頭で抜け出すと直線ではびっしり叩き合いになる。お互いメンチを切り合い額をぶつけ合う様な競り合いはゴールまで続き、内イージーゴア・外サンデーサイレンスがほぼ並んでゴールインハナ差サンデーサイレンスが競り勝って二冠いたのだった。

これで三冠馬の期待が掛かったサンデーサイレンス。三冠ベルモントステークスへ向かったのだが、ここで事件が起きた。ある調教中、殺到していたマスコミフラッシュ撮影にビビったサンデーサイレンスが、ウィッティガム師の頭に蹴りを入れてしまったのだ。幸い調教助手が咄嗟に体を押しのけたために直撃することはなく、ウィッティガム師は「私の頭は硬いから、蹴った方が蹄を痛めたかも」などと笑いにしたのだが、もし直撃でもしていたらウィッティガム師はかなり危なかっただろう。

さてベルモントステークスでは、サンデーサイレンスは初めてイージーゴアを上回る1番人気に支持された。ところがこのレースイージーゴアがひたすら強かった。サンデーサイレンスはハイペースの中仕掛けを遅らせたイージーゴアに直線で置いてきぼりにされて8身差。三冠は破れたのだった。

これで調子が狂ったのか、続くスワップスステークス(GII)では理に中で大逃げを打ったのが祟って単勝1.2倍の支持を裏切る2着。標のブリーダーズカップクラシックに向け暗が漂った。しかし、休養と立て直しが上手く行って、スーパーダービー(GI)では6身差圧勝。ベルモントステークスからGI5連勝中だったイージーゴアとの4度対決舞台へ向かった。

迎えたブリーダーズカップクラシック。「勝った方が年度代表」「10年に一度の大一番」とまで評されたこのレースだったが、サンデーサイレンスは戦を務めていたパット・ヴァレンズエラ騎手コカインの使用のためレース1週間前に騎乗停止となり、クリス・マッキャロン騎手に乗り替わるというアクシデントに見舞われていた。そんなこともあって1番人気はまたもイージーゴアだった。

スタート立ち遅れたイージーゴアに3~4番手の好位を占めたサンデーサイレンス。軽い手ごたえで先頭を伺いながら直線へ。イージーゴアは手応えが悪く、騎手はおっつけっぱなし。ああ、これは楽勝だなぁ……と思ったら、突然伸び始めるイージーゴア。余裕ぶっこいてたマッキャロン騎手もこれには仰。泡を食って追い出しに掛った。追い込むイージーゴア伸びるサンデーサイレンス。しかし、最後はサンデーサイレンスがイージーゴアを首差抑えて、コースレコード勝利したのだった。

この年はエクリプス賞年度代表・最優秀3歳に選ばれており、また同年の年間獲得賞は北記録であった。この頃、かねてからサンデーサイレンスにをつけ「あの日本に持ってくる」と息巻いていた日本吉田善哉氏によって、所有権の25%250ドルで購入されている。

この後も現役を続行したのだが、レース後しばらくして、走が祟ったのか剥離折などの故障を発症。翌年6月に迎えた復帰戦のカリフォルニアンステークス(GI)を単勝1.1倍の支持で勝利したが、続けて出走したハリウッドゴールドカップ(GI)では*クリミナルタイプの2着に敗退。そしてサンデーサイレンス・イージーゴアの再戦を的に組まれた8月の特別招待競走・アーリントンチャレンジカップ標に調教をしていた矢先、靭帯の損傷が発覚。剥離折でこの少し前に引退したイージーゴアの後を追うように引退となってしまった。

通算成績は14戦9勝2着5回(うちGI6勝)。


競走馬としての総括


イージーゴアとの名勝負現在でもアメリカ競馬界のである。対戦成績ではサンデーサイレンスの3勝1敗だが、サンデーサイレンスは小回り中距離が得意で、イージーゴアは大飛びなステイヤーであったため、対決舞台に得意条件が多かったサンデーサイレンスの方が有利だったとも言われる。ちなみに、2頭の勝負は常に人気薄の方が優勝するという結果に終わっている。

期待出来ない雑草から年度代表へというアメリカドリームを体現したような競走生活、日本オグリキャップを思わせるストーリーからファン人気も高かった。競馬場で売られるTシャツ(流石ぬいぐるみはなかったらしい)などのホースグッズの売り上げも、ライバルイージーゴアのそれより断然高かったのだそうだ。だが馬券は別だった。

体にシャドーロールの姿は産駒のジェニュインを思い浮かべてもらえば分かり易い(シャドーロールの色が違うけど)。脚運びが滑らかで、いつ手前を変えたのかも分からない程だったそうである。加速しながらコーナーをこなせる器用さもあった。そしてあまりの酷さに騎手が怒って騎乗拒否を起こすほどの気性難と引き換えに得た、類の勝負根性。どれも後に産駒に良く伝える事になるこの特徴が、デビュー前の評価を覆した「突然変異」に繋がったのであろう。

1996年ライバルイージーゴアに1年先んじてアメリカ競馬殿堂入り20世紀のアメリカ名馬100選では31位。ここでも34位のイージーゴアに勝っている。


種牡馬としての概要


サンデーサイレンスの持ちハンコック氏はアメリカでの種サンデーサイレンスの成功を信じ、種入りのために1000ドル(125ドル×40口)のシンジケートを組んだ。ところが、血統的な評価があまりにも低かったことで種としてはさっぱり人気がなかった(買い付け希望3、種付け希望2頭しかいなかったそうである(ノ`))。これではサンデーサイレンスの成功はおぼつかないし、自分の借も膨らんでいてまずいということで、当初からそんない話など知らぬかのように熱心に購入を打診してきた吉田善哉氏が更に850万ドルを上乗せして所有権を全て購入。全部で1100万ドル(16億5000万円)の巨額を投じて日本に導入されることとなり、初年度からいきなり25億円(4150万円×60口)という当時史上最高額のシンジケートを組まれて来日した。吉田氏はアメリカで「日本ブリーダーがとても成功しそうにない系から生まれたヘイロー産駒を買っていった」と笑いものになったそうである。

しかし、これがサンデーサイレンスの、そして日本競馬界の運命を大きく変えることになる。


次へ»
最終更新日: 21/01/14 17:56
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ