ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


サーベルタイガー


ヨミ: サーベルタイガー
掲示板をミル!
24カキコ!

サーベルタイガーとは、更新世に存在した絶滅動物である。

曖昧さ回避

概要


日本語では虎(けんしこ)と呼ばれる。鋭く伸びる巨大なを持った食のネコ科もしくはネコ科に近縁な動物の総称(有袋類ティコスミルスを含むこともある)。トラとは関係であることを踏まえて最近では「セイバートゥースド・キャット」「(けんしびょう)」と呼ぶのが正しいとされる。

ミロドン属がサーベルタイガーの代表格であり、スミロドン属の別称としても使われている傾向がある。他にマカイロドゥス、ゼノミルス、ニムラヴス科のホプロフネウスなど。
創作作品などでは非常に巨大な動物のように描かれることが多いが、実際は現在トラと同じくらいの大きさであったようである。

身体に対して大きすぎる牙はそれだけで男子の心を揺さぶるアイテムであり、同じく巨大な牙を持ったマンモス同様人気のある絶滅動物
牙は外に出ている部分だけでなく根の部分も発達していて、スミロドンでは鼻面の左右から間にかけて根により大きく出っって、ネコ科らしからぬった横顔になっていた。よくあるようなただトラの牙を長くしたように描かれた絵はあまり実物に似ていないといえる。

巨大な牙を過剰なものとして、実際には役に立たず絶滅の原因となった虚飾にすぎないという見方もあったが、時代・地域・分類の離れた多くの種がこのような牙を備えていたことから、特定の条件下では有用なものであったと考えられる。
とはいえ長大な牙を用いた狩りや食事の仕方にはが多い。マンモスのような大物の体に突き刺して一気に大きな裂傷を作り失血死を狙うか、首に牙を突き刺して気に血液を流入させ窒息死させたと想像されている。食べるときには再度牙を突き刺してを(可なら小も)えぐり取って食べただろう。種類によって牙の細かい形状は異なり、狩りや食事の仕方も少しずつ異なったと思われる。

ミロドンを始めサーベルタイガーはいずれもが大きく開き、前肢が発達し後肢はそれほどでもない。これらは獲物に確実に牙を突き刺すための適応だと考えられる。
また、多くは下が下に出っっていて長い牙をカバーするようになっていた。スミロドンにはそのようなカバーはない。

現在のなかではウンピョウが、サーベルタイガーと呼んでもおかしくないぐらい頭に対して長いを持っている。口を閉じると牙は全に口の中に隠れるので、外見はサーベルタイガーのイメージとはやや異なる。またサーベルタイガーと違って下の牙も上ほどではないが発達している。


関連動画



■sm6783375[ニコ動]


関連商品


■azB0002HY7O6


関連項目



最終更新日: 18/12/14 21:25
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ