ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ザルカヴァ


ヨミ: ザルカヴァ
掲示板をミル!
2カキコ!

ザルカヴァとは、2005年まれのフランスの元競走馬・現繁殖である。

2000年代後半の世界的な最強時代においても特筆すべき存在。


概要


:Zamindar

:Zarkasha

Kahyasi

のZarmindarは、競走馬としてはGⅢ勝ち程度だったが、全にかつて「ダンシングブレーヴの再来」と呼ばれた(但しクラシックでは一気にしぼんでしまった)Zafonicを持つ良血は大アガ・カーン一族の配合理論を集めた良血であるZarkasha。
五代伝説の名で、アガ・カーン一族の生産でも屈の名である19戦14勝、しかし繁殖としては不幸であったPetite Etoileを持つ。

のアガ・カーン四世と専属契約を結ぶアラン・ド・ロワイエ=デュプレ厩舎に入厩し、2歳9月デビュー戦を軽々と勝利
続いてフランス2歳女王対決であるマルセルブサック賞に出走。最後の直線で騎手クリストフ・スミヨンが手綱を思いっきり引いて止めるほどのどん詰まりに見舞われるが、立て直すと凄まじい末脚でぶっこ抜き圧勝。ついでにゴールを通り過ぎるあたりで跳ねた。余裕綽々である。
エアグルーヴなど根性と爆発的なを周囲に植え付け、クラシックはこの!と思わせた。

その期待に応え、前戦を軽く勝つとプール・デッセ・デ・プーリッシュ(フランス1000ギニー)に出走。後のマイルの女Goldikova、GⅠ3勝を挙げるHalfway to Heavenらメンツもっていたが、ここも爆発的な末脚で圧倒し勝利レースレコードの1:35:2を叩き出し、同年のプール・デッセ・デ・プーラン(フランス2000ギニー)よりタイムが速いというおまけまで付けた。
余談だが、五代Petite Etoileオークスの走破時計が同年のダービー駕していたという逸話を持つ。
その後ディアヌ賞(フランスオークス)に向かい、当然のごとく大外をぶん回し圧勝。騎手スミヨンもかつて戦として共に戦ったDalakhani(凱旋門賞)みたいなと大絶賛し、彼女の才に首ったけであった。

を越し、フランスエリザベス女王杯レースヴェルメイユ賞に向かう。ここも大外をぶん回しDar Re Mi(2年後のドバイシーマクラシックブエナビスタを撃破)以下を軽々下し、営は次走に予定通り前売り1番人気に推されていた凱旋門賞を選択する。
キングジョージなどGⅠ5連勝中のエイダンオブライエン厩舎&クールモアスタッド営の大エースDuke of Marmaladeや前年度の2着Youmzain、日本からメイショウサムソンが2年越しの願いをえるために遠征するなどやはりメンバーっていた。
そんな中、中団後方で待機し直線では群をぶち割り飛び出すとそのまま独走し圧勝。3歳が勝ったのはAkiyda以来26年ぶり、勝利Urban Sea以来15年ぶり、敗での勝利Sagamix以来10年ぶりという快挙となった。
この栄に包まれたまま繁殖入りが発表され、翌年Dalakhaniが付けられた。良かったなスミヨン
その後もSea the Starsなどそうそうたる面々を種付けされている。
しばらくは産駒が実績を残せず、繁殖としてはイマイチなのか…と思われたが、Dubawiとの間に生まれた4番ZarakがGⅠサンクルー大賞典を制し、ようやくの活躍が出ている。


関連動画



■sm4831185[ニコ動]

■sm4831308[ニコ動]
■sm4831446[ニコ動]
■sm4626526[ニコ動]
■sm4842587[ニコ動]
■sm8813620[ニコ動]


関連商品


ザルカヴァに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


ザルカヴァに関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 19/03/31 14:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ