ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ザ・コーヴ


ヨミ: ザコーヴ
掲示板をミル!
93カキコ!

ザ・コーヴ(The Cove)とは、日本イルカ漁(正確にはイルカ追い込み漁」)を描いたドキュメンタリー映画である。2009年7月31日アメリカ開された。日本では2010年開予定。

coveという単日本語で「小湾, 入り江」という意味がある。これはイルカ漁を行う際に、入り江などにイルカを追い込んで漁を行うからである。


概要


日本の一部で行われているイルカ漁の実態と、イルカ漁の存在を日本人が知らないという事実を知らせる的のために制作された。撮影は和歌山県太地町の漁港で行われ、インタビュー東京大阪で行われた。

ドキュメンタリー映画ではあるが、撮影を実行するために様々な分野のエキスパートを呼ぶなど、『ミッションインポッシブル』などの要素を思わせるような構成になっており、エンターテイメント性が高く、いわゆる「お堅い」ドキュメンタリーではない。
主人公リック・オバリーは、元イルカ調教師であり、過去イルカを死なせてしまったことがある。それが切っ掛けで。イルカ保護活動を始めたという経歴を持つ。

なお、イルカ漁自体は日本の一部の食文化であり、イルカを食べることを「日本の食文化」とするにはちょっと理があるかもしれない(実際、捕鯨は知っていてもイルカ漁については知らなかったという人も多いのではないだろうか)

28アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞を受賞。

い話、盗撮ビデオである。


評価



海外での評価


タイムニューヨークタイムクリスチャンサイエンス・モニターなどのマスコミからは評価が高い。とはいえ、作り手の々よりも、映画エンターテイメント性の高さを褒めている。

しかし、イギリスガーディアンイルカ漁を問題視する映画製作すること自体を疑問視している。またフランス映画情報サイトAllo Cine」も、隠しカメラを使ったことやイルカ漁を問題視することを批判している。

もちろん、日本での捕鯨イルカ漁に対して批判的なマスメディア(つまり欧メディアの大半)からは大絶賛を浴びており、シーシェパードなどの団体もこれを支持している。

行成績的には、アメリカ内ではコケているのだが、まあドキュメンタリーだし仕方ない。


日本における評価


フジテレビアナウンサー笠井映画ライター村山章氏などは、「映画自体は面い」と述べている。特に、エンターテイメント性の高さ(内容はともかく、サスペンス的なテイストなど)について評価している。

映画評論家町山智浩は、俳優リック・オバリーの日本人に対する態度が非常に悪い(現地の警察に対して礼な態度をとったり、日本庭園に関して「休日に石を眺めるなんて(笑)」と揶揄した、また、漁業関係者をヤクザ呼ばわりする等)点を批判した。また、そのオバリーがあたかも自分はイルカの気持ちが分かるというようなことをしている点について言及している。配給会社や映画館が上映を中止する(後述)のは経済的な面から仕方がないことだとし、上映を取りやめた映画館を安易に批判するのはおかしいとした。実際、南京事件映画日本開されたとき、映画館スクリーンが破壊されたことがあったが、スクリーンはものすごく高いので映画館からすると負担になる。映画開については、イルカ漁を批判するためのプロパガンダ映画ではあるが、必ずしも作り手の思うように視聴者が誘導される訳ではないと言っている。

主権回復を目指す会」をはじめとする保守団体の中でも過な手合いは、この映画について「辱」「日本の食文化をけなす」「漁師の生活を脅かしているとして、」映画館の前や、ひどいときには上映を予定している映画館の支配人の個人宅へ押しかけ、拡器を用いて大演説して上映中止を呼びかけるなどの手段に出ている。
当然ここまでくれば迷惑行為以外の何者でもなく、次々と映画館への接近・入場禁止を食らっているが、当の「会」メンバーに言わせればこの演説表現の自由らしい。

また、これらの活動に限らず、上映予定の配給会社に向けて抗議電話が殺到しており、劇場に足を運ぶ観客の安全も考慮し、上映を自粛することが決定している映画館も増えてきている


問題点


この映画の問題点としては大きく分けて2つある。

一つはこの映画は一度撮影許可を貰おうとして拒否されたにもかかわらず断で撮影した点であり、
二つ映画に映った一般人肖像権絡みで問題があるという点だ。一部、映画館では一般人にはモザイクをかける予定である。

しかし、前述したとおり、プロパガンダ映画だからといって、必ずしも視聴者が作り手の思うような思想をもつとは限らない。
例えば、北朝鮮プロパガンダ映画を見ても日本人にはギャグにしか見えない(やってる本人たちは本気なのだろうが)。実際、この映画の中で主人公のオバリーは日本人に対する態度は非常に悪かったりする。こういった手合いの映画には作り手の姿勢が出てきてしまうので、視聴者の中には作り手のみにする人は多くはないのではないかと思われる。そこだけを見ると、安易に中止をめることには疑問符がつく。
ただ、一つの問題としてあげた断で撮影した」というところは、表現の自由など以前の問題(違法)ではないのか?ということを考えると、また別の意味を持つ。


ニコニコ動画と本作品


2010年6月18日午後8時から公式生放送において本作品の先行上映、「第82アカデミー賞 長編ドキュメンタリー賞受賞作品『ザ・コーヴ』ニコ生先行ロードショー!!」が行われた。上記の通り、映画館での上映を中止する動きがある中で行われたこの放送は話題となり、一部ニュースサイト等でも紹介された。

また6月21日に、鈴木邦男氏(一会 最高顧問)鈴木江ちはる氏(宝島社「この映画すごい!」編集長)、ひろゆき氏らによる本作品をめぐる議論「第82アカデミー賞受賞作『ザ・コーヴ』に関する大討論!」生放送された。


関連動画



■sm10373171[ニコ動]

■sm11027891[ニコ動]


関連商品


■azB002PLMJ74


関連コミュニティ


■co11461


関連項目



最終更新日: 10/06/28 13:24
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ