ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ザ・ブルークリスタルロッド


ヨミ: ザブルークリスタルロッド
掲示板をミル!
12カキコ!

『ザ・ブルークリスタルロッド』とは、1994年ナムコ(現バンダイナムコゲームス)より発売されたスーパーファミコン用のアドベンチャーゲームである。
略称は「ブルクリ」もしくは「ギルガメスの」の頭文字を取った「DOG」。


概要


ドルアーガの塔』から始まった「バビロニアンキャッスルサーガ」の四作にして、正伝の完結編となる作品。バビロニアンキャッスルサーガとしての正式なタイトルは『ギルガメスの(the Destiny of Gilgamesh)なのだが、「商品名としてはわかりにくい」という摘があったためタイトル変更となった。
ストーリーは前々作の『イシターの復活』からの続きで、ドルアーガの塔から脱出したギルカイのその後を追っていく形となる。

システム的にはテキストアドベンチャー形式となっており、ある程度ストーリーが進行するまでは自由に好きな場所へ行くことができる。特に何処其処へ行けといった示も出ない。ゲームの進め方(イベントをこなす順番と取った行動等)によって展開が大きく変わっていき、どのような進め方をしても必ずエンディングへたどり着くようになっている。なお、「イシターの質問によってストーリーが左右される」というのは都市伝説であり、実際は「どのポイントをどの順番で巡るか?」が分岐のである。ただし、「イシターの問いに対する答え方次第で貰える助言が変わる」というのは事実であり、そして必ずしも助言に従う必要はない。 

そして本作の最たる特徴である、全48通りものマルチエンディング
ブルークリスタルロッドを返還した後、ギルカイ結婚バビリムを再する」という王道展開エンディングにしても、

等結末が微妙に異なっている物が存在する。
他にも「商人になってバビリムに富をもたらす」「軍に迎えられる」「ギルが悪のに支配され、地上に混乱をもたらす」といった物も用意されていて本当に多種多様。興味がある人は調べてみるなり実際にプレイしてみたりするといいだろう。ただし、エンディングまでのプレイ時間こそ30分~1時間程度と短いが、全てのエンディングを見ようとすると中々に大変である。 

バビロニアンキャッスルサーガの生みのである遠藤雅伸によると、「ハッピーエンドバッドエンドというものは特に決めておらず、どのエンディングも等価値として扱っている」とのことである(「どれがエンディングかはそれぞれのプレイヤーに委ねている」という発言も)。


登場人物



行ける場所



関連動画


 
■sm1215927[ニコ動]

■mylist/1911226


関連商品


■az4796607943
 


関連項目



最終更新日: 20/01/26 20:38
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ