ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


シェンガオレン


ヨミ: シェンガオレン
掲示板をミル!
113カキコ!
モンスターハンターのモンスター一覧 > シェンガオレン

シェンガオレンとは、カプコンアクションゲームモンスターハンターシリーズに登場する甲殻種のモンスターである。
別名「砦蟹」または「仙高人」(仙高人の中国語読みがシェンガオレンである)。「シェンガレオン」と間違えられる事もよくある。

ユーザーの間ではシェン等と略される事が多いようだ。


概要


甲殻種
シェンガオレン
別称
別称 砦蟹
登場作品
モンスターハンターのモンスターテンプレート

ダイミョウザザミショウグンギザミと同じ甲殻種(よく間違えられるが古龍種ではない)だが、体長がとてつもなく大きい。
ヤドにしている頭蓋ラオシャンロンのものであるが、ハンターが実際に戦うラオシャンロンの頭部より明らかに大きい。
り意識が非常に高く、自身の縄りを侵す者に対してしく攻撃を仕掛ける傾向にある。
攻撃方法は踏み潰し、鋏、ヤドからの弾放射の3種類。

戦う場所はラオシャンロン錆びクシャルダオラなどと同様、と砦のいずれかである。
砦の耐久度が0%になる前に討伐するか追い返さなくてはならない。

弱点となる属性か火、次点で
弱点部位はヤドの中にあるコブであるため、弱点を狙うつもりならガンナーが望ましい。
近接武器でも当てる事はできるが、ダウン中のみなのであまり当たる状況は少ない。太刀大剣ならしゃがみ移動中でも当てられるらしいが、定かではない。

歩くごとに大地が揺れ、足を着地させた時に近くにいると行動不能になる。これは耐震のスキルを装備するか、耐震の旋が吹ける狩猟笛を持つハンターがいれば効化することが出来る。

弾はに施設に対して直接放つ事が多いが、まれに別エリアまで到達して移動中のハンターに理不尽な死をもたらす事がある。

ヤドが壊せる他、足も部位破壊可。ヤドの部位破壊はガンナーなら撃破のために貫通弾を撃っていれば必然的に破壊できるほど楽であるが、士だと攻撃の機会が少ないため難しい。
足の部位破壊にはタイミングを見計らう必要があり少々コツと知識が必要だが、特殊な素材が手に入る為、慣れてきたら狙ってみよう。

足の破壊を狙うなら火属性ハンマー、撃破を優先するなら弱点を狙い打てる貫通系ガンナーが向いているとされる。また安全にひるませつつ戦うなら双剣が一番楽か。

最終エリアでの戦闘BGM大敵への挑戦」はMH2系のメインテーマアレンジ曲であり、大変盛り上がる人気曲である。


MHF


MH2続投組。
ラオ同様上位では途中討伐不可能なので敬遠されており、
故に特異個体G級進出も気配すらない。
ヤマツカミ同様PS3の参入によってHR30試験官の座を追われてしまった。


剛種


MHFシーズン5.5(2009/6/17)にてラオシャンロンと同じく剛種のシェンガオレンが実装された。
原種と段違いのスピードと圧倒的な攻撃で砦に侵攻し、実装当時に挑んできたハンターたちを大きく驚かせた。
その攻撃士でも一発喰らうだけで瀕死に陥るほどで、ガンナーでしかまともに攻撃ができない。
剛種ラオシャンロンと同じく途中討伐が可なので、砦を落とされる前になんとか討伐したい。

■sm17599384[ニコ動]

生産できる剛種武器は属性で、防御アップ効果を持つ。属性と防御アップの効果しかなく、その他に突出した性がないため武器としての人気は低かった。
他にも「古龍種」という素材の救済クエストが配信されたときはなんとボウガン禁止という誰得仕様であった。近接武器がヤドに群がって一生懸命攻撃している姿はどこか虚しさを感じる。あまりにも人気がなかったので最終的には全武器種が使えるようになった。
フォワード2までは消費する剛チケは2枚のままだったので、「武器が微妙なのに、二枚も使って行く必要はない」と更に人気は落ちてしまった。(運営いわくお得クエストだから二枚のままにしていたとのこと)
以上のことからネ実では「」というあだ名をつけられることとなり、不人気モンスターの代名詞としてよく例に挙げられている。
フォワード2からはラオシャンロンともに剛チケの消費数が一枚になった(後のG9.1で剛種のチケット制自体が止された)ので、以前よりも気楽に剛シェンのクエストに行くことが可になった。シェンの人気もある程度は回復したと思われる。

そして更なる転機が訪れる。
フォワード5になって覇種とともに覇種武器が実装され、シェンガオレンの剛種武器も太刀ヘビィボウガンが覇種武器化。
ヘビィのほうは微妙な性だったが問題は太刀である。
この殻王【玉鋼】は攻撃1488と覇種武器でもぶっ飛んだ火力を持ち、
しでも実用的なゲージ、有りなら砥石を使う必要がいほどの長さとなる。
またリーチ長、スロット2、防御+96、必要素材は覇種入門であるオディバトラスであるなど地味にうれしい部分もある。
太刀秘伝+麻痺が広場を埋め尽くしていた頃であり、
当時の最新コンテンツであった覇種は変種や剛種同様属性があまり通らないとお立ては万全。
スピネルFX+玉鋼は全近接どころか全武器を過去にしかけ、イカタマコーとしてMHF時代終盤からG序盤に広く普及した。
故に剛種シェンも大人気となり剛種に挑むにはすぎるパーティーで回されることもあったようだ。

しかしながらG7G級覇種武器を直接生産できるようになり、たとえこいつの始種武器を作りたいと言う人がいても剛種に行く必要がなくなり空気化中。


関連動画


■sm3796171[ニコ動]
■sm4021808[ニコ動]
■sm690587[ニコ動]
■nm3248380[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 16/03/25 10:18
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ