ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


シミター


ヨミ: シミター
掲示板をミル!
1カキコ!

シミター(英語scimitar, scimiter, scimetar, cimeter, etc...)とは、

  1. 中世イスラム圏(中近東)で用いられたである。
  2. イギリス航空機メーカースーパーマリン社が開発した艦上戦闘攻撃機である。

本記事は、に1.について記述する。


概要


イスラム圏の代表的な近接武器。中世ペルシア語で「」を意味するシャムシェールまたはシャフシェール( شمشیر/شپشیر šamšēr/šafšēr, 現代ではシャムシール šamšīr)シャムシェール/シャフシェールはアラビア語で「」を意味するサイフ سيف sayf 等と同で、いずれも遡れば金属鋳造に関する古代セムに行きつく。つまり「」をとする英語のソード sword と発想は同じである。欧州化したシミターという単が初めて登場したのは、9~10世紀頃とされている。シミターはフィクション作品の影から、三日月身を持つ湾イメージされるが、イスラム圏では器時代以降、直線的な諸刃の刀…つまり直が用いられてきた。

イスラム圏において湾が登場したのは9世紀後半であり、使い始めたのはトルコにいたアジア系遊牧騎民族といわれている。しかし、この民族を除けばイスラム圏ではまだまだ直流だった。イスラム圏において湾が標準化したのは14世紀頃であり、これはイスラム圏が東方へ進出したことで中央・東アジアの文化と接触していったためである。

は散開して戦闘を行う軽騎兵向けのであり、直は密集して敵軍に突撃をかける重騎兵向けのであるが東アジア中央アジアの軍隊では騎兵に機動性を重視して前者を重用していた。


形状


化する以前は直だけでなく直もあり、いずれも柄頭付近が先側に向かって曲がっていた。鍔は中世ヨーロッパ騎士に見られるような、棒状のモノだったが中世ヨーロッパソレべればやや小である。

化したモノの中には切っ先付近が先諸になっている場合が多く、刺突を重視したモノと考えられている。ただし、当時のの用法では刺突をほとんど行わなかったという。

身の幅は約3cm程度。渡りは90cm以内、均的な重量は約1kgである。


関連商品


■azB00D0P92OM
■az4562045906

シミターに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


シミターに関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 18/07/20 10:17
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ