ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


シャイニング・ドロー


ヨミ: シャイニングドロー
掲示板をミル!
251カキコ!

シャイニング・ドローとは、アニメ遊戯王ZEXAL」に登場する俺ルール必殺技である。


概要


最強デュエリストデュエルはすべて必然!ドローカードさえもデュエリスト創造する!

全てのよ!よ!が右腕に宿り、希望を照らせ! シャイニング・ドロー!!

 

遊戯王ZEXALにて登場した、カードゲーム常識を覆すであろう所業。
良く言えば『カードゲームにおける起死回生の逆転劇を演出するガジェット』、悪く言えば『究極のご都合主義』。 

初登場は第24話で、カイトとのデュエル中に遊馬アストラルエクシーズチェンジを果たしZEXALとなった際に上記の口上と共に披露。「ZWゼアル・ウェポン)」をはじめデッキに入っていないカードをシャイニング・ドローでから「創造」し、デッキの一番上にセットしてドローする。
こうしてドローしたカードは戦局を良い方向へ傾けはじめたり、遊馬たちに勝利をもたらすための一助を果たす場合が多いため、ZEXAL形態が登場した場合はほぼ必ずこのパフォーマンスが見られる。
なおカードをドローする行為につき、基本的にはドローフェイズにコレを繰り出す。

続く「遊戯王ZEXAL」では、ベクターの策略で心が病み、もとい闇に染まったアストラルの影で「ダークZEXAL」形態となり『ダーク・ドロー』によって「DZWダークゼアル・ウェポン」を作り出したこともあった。
そしてその後、遊馬の奮闘でアストラル遊馬共々「希望」を信じる心に覚め、「ZEXAL」形態を発現すると今度はシャイニング・ドローをえるチート「リ・コントラクト・ユニバース」を繰り出し勝利をつかんだ。

そしてアストラルを復活させるためにアストラル世界へ辿り着いた遊馬の前にアストラル世界の守護者・エリファスが現れ、遊馬アストラルを「カオス(=不純物?)」として排除するためにデュエルを行うが、彼も同じようにシャイニング・ドローを繰り出してみせた。
この展開に驚いた視聴者も少なくなかったと思われ、シャイニング・ドローの全貌とアストラル世界及びバリアン世界との関連が段々明かされていく事に期待されている。

シャイニング・ドロー然りリ・コントラクト・ユニバース然り、いずれも遊戯王をはじめとするカードゲームを取り巻くルール及び環境に一石を投じた(ダイソンスフィアくらいの)文字とおりの必殺技ではあるが、近年では敵サイドも同じように卑怯な手を使う敵も増えてきており、親友のフリをして近づき最高のタイミングで裏切る事で心身ともにダメージを与えたり、2対1のデュエルとはいえ初期ライフを強制的に任意の数字に設定したり、また前作にあたる「遊戯王5D's」ではプラシドライディングデュエルルールを(1対1のデュエルではなく)集団イジメ上等のバトルロイヤル方式へ書き換えるという暴挙も行ったことがあった。
よって、シャイニング・ドローのような技の存在を正当なる対抗策と取るか否かは視聴者にもよるだろうか。 

当記事名は「シャイニング・ドロー」としたが、公式の表記やテレビ字幕では「シャイニングドロー」と『・』が間に入っていないケースもあり、表記が統一されていない。もっともこちらについては「オーバーレイユニット」「モンスターエクシーズ」などといった例もあるので、正確な表記が特に決まっていないのかもしれないが。

 

デッキに入っていないはずのカードデュエルで使用する」行為についてはかつて「遊戯王5D's」でも『救世 セイヴァードラゴン』をはじめとする「カードデュエル中にその場で『創造する』」例が幾つか存在したが、さらに過去へ遡ると「遊☆戯☆王R」ではバンデット・キースリストバンドの中に隠し持っていたカードデュエルディスクセットした結果ディスクに内蔵されたイカサマ防止機が働きはじかれた、という例もあった。
「どちらもやってる事はイカサマだ」というが挙がる事だろうが、正規の手続きを踏んで創造したカードであれば少なくとも、世界法則に否定される事はないらしい。
論だが、現実公式大会などではイカサマ行為自体がデュエリストとしての品位や名誉、信頼を失墜する事にもつながるため禁止されている。だが、冒頭の口上を見る限り、少なくともアストラルカード創造さえすればそれはイカサマではないと言っているようにも解釈できるため、実際にデュエル中にカード創造して使うのならば認められるのかどうかは実際に試した人の報告が待たれるところだが、デュエル大会によってはデッキ内容を事前リストとして提出する事がめられる場合もあるのでおそらく反則行為と見なされる可性が限りなく高い。
デュエル中にZEXAL(及び、それと同類の超能力)でカード創造しようとも、仲間との明鏡止水地に覚めカード創造しようとも、リストに記載していないカードを使用したらその失格となるであろう事には変わりなく、大会によってはその事実が罰則規定に明記されている場合もある。
したがってシャイニング・ドローが使える人がいても、大会では絶対にアニメのマネをしないように。まぁデュエル内容や結果とは別の意味で周囲の注を浴びることはできるかもしれないが。


ちなみに、公式デュエルでは使用が認められないもののカード創造する超能力を持たないデュエリストのためにOCGでは擬似的なシャイニング・ドローを実現するカードとして『希望の創造者』というカードが存在する。詳細は『希望の創造者』を参照。


関連動画



■sm18948344[ニコ動]

■1377852202[ニコ動]


関連商品


■azB00C9TGL26
■azB0052PEUFE


関連項目



最終更新日: 13/09/06 20:43
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ