ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


シャッフル同盟


ヨミ: シャッフルドウメイ
掲示板をミル!
46カキコ!

シャッフル同盟とは、機動武闘伝Gガンダムに登場する最強の武闘集団である。


概要


作中において、世界の秩序を守る者達として、歴史の裏で活躍していたとされる5人の戦士
それぞれトランプスートをモチーフとした紋章を持ち、それらが手の甲に浮かぶようになる。
Gガンダム本編まで、その紋章と意思は密かに受け継がれてきた。

最終回において前触れく登場した初代キングオブハートがどの時代で活躍していたかは不明だが、恐らく相当古い頃から活躍していたと思われる。

他にも、ガンダムファイトを提唱したデューサー教授が当時のキングオブハートであるマイロン・K・ハートらと会ったことがあるとされている。
紋章の継承自体はそう長い間を置くとは限らず、その時々の事情によって異なるようだ。

なお、継承しても先代から手の甲の紋章が消えることはないようだ。


継承者一覧


キング・オブ・ハート

クイーン・ザ・スペード

クラブ・エース

ジャック・イン・ダイヤ

ブラック・ジョーカー


シャッフル同盟拳


その名の通り、新生シャッフル同盟全てのを込めて放つ攻撃。石破天驚拳生技と見られているが詳しいことはわかっていない。
決め台詞ゲームによってまちまちだが、付きではじめて再現されたGジェネレーションFにおける台詞が印深いとするもある(斉唱しているため)。

スーパーロボット大戦ではシャッフル同盟が登場したらまず間違いなく登場する必殺技である。ただし効率に関してはゲームによって異なる。


まさかの強化機体


級!機動武闘伝Gガンダムにおいて、大河原邦男デザインによるシャッフル同盟の新機体、つまり彼等にとってゴッドガンダムにあたるものが新たに生み出された。
しかしデザイン玩具を売るためにバランスを良くしたものというより、明らかスカルガンダムマンダラガンダムといったイロモノ系寄りのデザインになってしまった。


二次作品などでの扱い


基本的に集結率は悪く、その存在自体がなかったことにされやすい。
後のガンダムWガンダムXなどと較すると、ゲーム出演自体をカットされたりしてしまうことも多い。

これは劇中においても、あくまでガンダムファイト的に年の近いライバルキャラ以上の役割がないためであり、ハッキリ言っていなくてもGガンダムという物語に支障はないからだと思われる。
商品化に関しても不遇で、よほどGガンダムに本を入れていない商品だとドモンの乗機以外は商品化されない場合も多く、そういったことは現状でも多々存在する。

例えばスーパーロボット大戦で言えば、例えばGガンダムは第二次Gで初参戦したが、その後64に至るまでシャッフル同盟のメンバーの登場はなく、その後発売されたIMPACTでは再び登場が見送られた。
さらに付き初参戦は初登場から約9年後となるMXまで見送られた(携帯機ではほぼ毎回出演を実現)。
おかげで時間の経過により一部の声優は「放送当時の演技を忘れている」など摘される弊が生まれた。 

スーパーロボット大戦以外でも、他作品とのコラボゲームではマスター論、シュピーゲルノーベルも優先され、彼等は除外されるか中途半端な出演になりやすい。
A.C.E.ではWやXが一応役全機登場しているのに対し、シャッフル同盟は登場していない。
GとWは共演機会も多いが、 Wは五人っているのに対し、Gガンダムドモンだけなことが大半である。

これに関しては、Wは全員安定して人気があるのに対し、Gガンダムは当時サイ・サイシードラゴンガンダム人気が集中(子供)しており、それぞれのキャラクター人気に差が生まれていたことにも起因している。人気があるドラゴンのみ登場させると必然的に不人気な機体もついてくるため、ストーリーや設定の整合を取るため丸ごと登場させてないと考えられる。
現に、上記のような事情が重視されない2on2対戦ゲームである機動戦士ガンダム EXTREME VS. では、シュピーゲルノーベルを差し置きドラゴンガンダムが出演した。
ほぼ必ず登場するのはGジェネレーションシリーズくらいである。

能面だが、これもまたドモン機以外は中途半端なことが多い。

ガンダムVS.シリーズでは、オールスターシリーズよりドモン機は一貫して登場しそれなりの性を与えられているものの、その他は冷遇気味。

ガンダムVS.ガンダムではゴッドが強キャラに君臨するが、他は参戦すらしていない。続編のガンダムVS.ガンダムNEXTでは、シャイニングガンダムが参戦したが、他はお助けキャラであるモビルアシストとしてドラゴンガンダムガンダムマックスターが登場するのみ。
EXTREME VS.(EXVS)ではシャイニングは降し、入れ替わりドラゴンガンダムプレイアブル参戦。しかしこちらはシャッフル同盟の中では初めてリアル3Dアクションゲー参戦したのにも関わらず、挙動が非常に特殊で扱い辛く当初の評価は低め。もっともこちらはアップデートの上方修正と研究により、相当な上級者向けではあるが使いこなせば中堅の性であると再評価とされている。
FULL BOOSTEXVSFB)ではドラゴンガンダム仕様がさらに善されて武装追加などが行われ、とても使いやすくなったが、相対的な評価はそれほど動いてはいない。
マキシブーストEXVSMBではシャイニングプレイアブル復活参戦、更にドラゴンガンダムアシストとしてボルトガンダムが参戦・・・したものの産廃...使いどころがさ過ぎて存在自体がかったことにされている。
最新作のEXTREME VS.2では、遂にガンダムマックスタープレイアブル参戦することが発表されている。・・・オールスターシリーズ10年の間、影も形もないジョルジュは泣いていい。

SDガンダムカプセルファイターオンラインでは、一部のプレイヤーに総じて「産廃同盟」と揶揄されてしまうほどの、駄を誇ってしまっている。

スーパーロボット大戦シリーズでは、基本的にゴッドガンダムドラゴンガンダムボルトガンダムの三名が強機体と言われている。
ゴッドガンダム言わずもがなの高性ドラゴンガンダムは分身持ち+高運動性という抜群の回避の高さから、ボルトガンダムスーパーロボットに負けない装甲の高さから。

一方でガンダムマックスターガンダムローズ微妙気味。ガンダムローズはローゼススクリーマーによるマップ兵器で評価されることがあるが、マックスターはどっち付かずなことが多く、低評価を受けやすい。
スーパーロボット大戦Jで、ガンダムローズの武装にバトラベンスンマムが追加されたことで、ガンダムマックスターはさらにを開けられた印である。
反面スーパーロボット大戦APではチボデー・クロケットエースボーナスが「出撃時気+10とカウンター時攻撃50%アップ」とになったため、割合重宝されるなど、なんだかんだで作品によって扱いが大きく異なっている。
しかし、スーパーロボット大戦NEO、OEでは、丸ごとシャッフル同盟の仲間達が排除されたことで、スパロボでは再び不遇な時代が続きそうな予感である。もしかしたら二度と出ないかも…。 
(ちなみにバンプレ・バンナム合併時の寺田Pく「ガンダム重視すんなら出来ればGジェネでよろしく」とのことである) 

彼等がそのスーパーモードきの如く、安定して活躍する日はいつの日か。


関連動画



■sm14542836[ニコ動]

■sm17073287[ニコ動]

■sm4517283[ニコ動]


関連商品


■azB005VLN9QA


関連項目



最終更新日: 18/04/26 02:00
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ