ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


シャドウハーツ


ヨミ: シャドウハーツ
掲示板をミル!
138カキコ!

シャドウハーツとは、純正統派超大作RPG(※主人公談)のシリーズ、およびその初代作品である。


概要


2001年6月PlayStation2専用ソフトとして発売。菊田裕樹がサクノス設立後に開発したPlayStationソフトクーデルカ』の間接的な続編であり、菊田のサクノス退社後に残ったスタッフによって製作された。『クーデルカ』の15年後が舞台であり、同作の主人公クーデルカも登場する。

2004年には続編の2が、2005年には登場キャラクターの多くを一新したフロム・ザ・ニューワールドが発売された。

発売はアルゼ。開発は無印はサクノスが、2及びフロム・ザ・ニューワールドはサクノス解散後にスタッフが移籍・再編したノーチラスが担当した。

1、2の監督・脚本は菊田と共にサクノス設立に携った元スクウェア社員の町田三(1では板倉三名義)。ては『ファイナルファンタジーVII』や『クロノ・トリガー』『ゼノギアス』『クーデルカ』等にグラフィッカーとして携わった人物である。開発スタッフ内では「まつぞー」とも呼ばれていた模様。フロム・ザ・ニューワールドには「ストーリーコンセプト提供」という形でのみ参加している。

キャラクターデザインは全作とも加藤美也子。音楽は同じくスクウェアからサクノスへ移籍した田佳孝が全作品を担当している。1では光田康典、2には伊藤賢治田の両名が参加している。

クーデルカ』の欠点であった「世界観の狭さ」「システムさ」を善すべく、「ジャッジメントリング」「フュージョン」などの独特且つ新なシステムを積極的に盛り込み、ストーリーのスケールも複数のにまたがる大がかりなものになっている。

ゲーム舞台は第一次大戦前第二次大戦前で、実在の人物や場所も多く登場する。その他にも神話や伝承、オカルトSFと言った架の要素を織り交ぜて、独自の世界観を演出している。舞台となるは1は中国ヨーロッパイギリスルーマニアなど)。2はヨーロッパフランスイタリアなど)とロシア日本フロム・ザ・ニューワールドアメリカ大陸である。

全作品にグッドエンドバッドエンドマルチエンディングが採用されており、プレイヤーの行動次第で主人公ヒロインの結末が変わる。2は1のバッドエンドの続きであり、2の物語に大きなを与えている。

1のみ出血表現やグロテスクな演出があり、ホラー要素も強い。また、リアル向の外見や世界観からはちょっと想像が付きにくいが、ギャグも満載のシリーズであり、シリアスシーンとのギャップも魅の一つである。

ファイナルファンタジー等のビッグタイトルの陰に隠れてしまった感は否めないが、今尚根強い人気を誇り、「隠れた名作」と呼ばれる事もしばしば。特に2はIGNにて2004年PS2 Best RPGに賞されたほど。開発会社であるノーチラスは解散してしまったが、それでも続編の製作を望むが絶えないシリーズである。ちなみにスタッフの多くは解散後にフィールプラスに移籍し、『ロストオデッセイ』『NINETY-NINE NIGHTS II』等の開発に携わっている。

2は後にアイディアファクトリーカオスウォーズに参戦。アルゼよりパチスロ版も製作された。


特徴


ジャッジメントリング

このゲームの大きな特徴として、ゲーム内の多くの行動に「ジャッジメントリング」による判定がするという点がある。ジャッジメントリング円盤の上に時計の針のようなバーを持ち、リング上をバーが一回転する間に所定の「エリア」上でタイミングよく○ボタンを押すことで行動の成否の判定が行われる。

戦闘においては攻撃の成否やヒット数、クリティカルの判定に、買い物においては値引き判定に利用されるほか、一部のイベントではクリア条件として設定されている(特に1) また、シリーズ恒例のお遊び要素として福引きが存在するが、これもまたジャッジメントリングを使って行う。

押しができるか否かでゲーム難易度は大きく変わるが、戦闘時に用いるジャッジメントリングヒット判定を行うエリアの増減や、オート決定などのカスタマイズを行うことができる他、装備品によりバースピードを変更することができるなど、救済手段も多い。

サニティポイント

キャラクターの正気を現すゲージSAN値のようなもの。戦闘中に行動する度に減少していき、ゼロになると暴走し行動が制御不能となってしまう。戦闘中は消費アイテムにて回復が可であり、戦闘終了時に全回復する。

フュージョン

シリーズを通して、登場キャラクターの中には異形と合体フュージョン)し強な攻撃を繰り出すハーモニクサーと呼ばれるキャラクターがいる。(おもに主人公

フュージョンが可キャラクターはそれぞれが複数の形態に変化することが可であるため、汎用性は他のキャラクターべ格段に高い。
2以降はフュージョン中はサニティポイントの消費速度が数倍になるが、ハーモニクサーはもともとサニティポイントが他キャラクターの数倍あるためさほどデメリットにはならない。変化にはターンも要しないため雑魚戦でも積極的に変化が可
1のみ、フュージョンの際にサニティポイントを消費するが、ターン毎の消費速度は変わらない。

1、2の主人公フュージョンは異形の怪物との融合であり、文字通り化け物じみた外見やデビルマンを彷彿させるような格好良いものまで存在する。
フロム・ザ・ニューワールドではヒロインフュージョンだが、怪物ではなく精霊との融合である為、デザインの趣がかなり異なっている。詳細は登場人物の項にて。


登場人物


ウルムナフ・ボルテ・ヒュウガ

通称ウル、またはガラの悪い主人公。1では24歳児。2では25歳児血液型O型声優高橋広樹

1・2の主人公ガラは悪く、初対面のヒロインに対しセクハラ発言等、従来の主人公像とは一違ったキャラクタープレイヤーを驚かせる、馬鹿子供っぽい発言だけではなく成人らしい大人な部分を見せる事もあり、イロモノ率が異常に高いシャドウハーツシリーズの中でも存在感は強い。正に愛すべき馬鹿

子供のころから怪物相手に戦ってきただけあり、凄まじい戦闘力、身体の持ちである。1では登場日本兵を虐殺していたモンスターの頭を掴んで握り潰す千切れた腕をくっつける列車屋根を蹴破る走る列車からヒロインを抱えたまま飛び降りるといった離れ業を連発。
2では「神殺しの男」の異名を持ち、序盤にフュージョンモンスターを失うと言うパワーダウンはあるものの、大悪魔アモン」への変身物語的にも強調され、ドイツ軍を軽く返り討ちにしたり拳一つで飛行戦艦を落とすなどっぷりは健在。この圧倒的な強さと生い立ち故に時折見せるシリアスな一面と言った純なかっこよさ。それに加えて良い意味で癖のあり過ぎる性格故にファンからは絶大な支持を得ている主人公である。

1ではTシャツにコート、2ではジャケットを着ている。(2の中で衣装が変わった理由がられる隠しイベントがあるので一度は見てもらいたい)

主人公でありながら属性は゛闇、しかしフュージョンにより戦闘中でも属性を変える事が可、これはウルだけが持つである(属性を変えられるキャラは他にもいるが戦闘中に全属性に変えられるというのはウルのみ)

ちなみに、2から導入された紋章システムウルフュージョンがあるために使えない、劇中での理由は「呪文を覚えられないから」というウルらしいもの。ちなみにもう一人のハーモニクサーである蔵人(ウル従兄弟)も使用不可(おそらく紋章が外国語で書いてあり読めないためだと思われる)、こちらは至って健全な青年

ごめんなさいは?」

アリス・エリオット

1のヒロインであり、「狙われるヒロイン」。2でも物語の中で重要な役割を持つ。20歳のイギリス人。声優石橋千恵。

エクソシストとしてのを生まれ持ち、その悪用しようとする輩に狙われる事となる、主人公らしからぬウルとは違い「悪党に狙われる清楚な雰囲気のヒロイン」という解り易いキャラになっている。
ただし武器は本(聖書)でぶん殴るというシャドウハーツらしいぶっ飛んだものなっている。ちなみに終盤手に入る本には「血まみれの聖書」「人皮の聖書」などがある。シリーズ恒例の拷問イベントの最初の犠牲者。

属性は゛、覚える魔法回復魔法最強技は強な全体攻撃魔法のアドヴェントパンチラが拝める。

「気をつけて!変形とか、合体とかするかも!?

カレン・ケーニッヒ

2のヒロインであり、「可憐なヒロイン」。25歳のドイツ人。血液型A型声優長沢美樹

ミュンヘンの没落貴族出身であり、の再の為に軍に入隊。ある任務にてウルと出会い、やがて行動を共にする。エンディング明らかになった真実には多くのプレイヤー驚愕した。気が強くしっかりした性格で、アリスとはまた違うキレのいいツッコミを担当。が入ると性格が変する。得意技はり手。「いいり手じゃったな」「うん」。序盤は軍服姿だが、本格的に仲間になった後は何とも大胆な衣装を身にう。一部ファンの間ではどちらのが良いか論争が巻き起こる事も。でも隠しコスチュームはそれすら較にならないほど…

属性は"火"、アリスとは打って変わって武器に果敢に戦う。新しい技は「ニーベルングの指環」を読む事で習得する。

死ね!この変態ども!」

ロジャー・ベーコン

変な生き物公式でこういう肩書きなのだから恐るべしシャドウハーツ。声優修院達也

見たからは全く想像がつかないが、700年もの時を生きる世界に名をかせる伝説の大魔術師。全作品に登場し、ウルジョニーを貸すが、本人は酷いにばかり遭う。仲間になりやしない癖に名前画面を出すと言うネタシリーズ恒例である。ちなみにキャラ名前を変えられるのは1だけで、2以降の名前画面はこいつのこのネタの為だけに存在する(「あんたのために作るの大変なんだから」主人公談)。何故か2のデフォルト名は「ロジャー」と本名になっており、そのまま決定するとちょっとおかしい事になる。

何気に『クーデルカ』にも登場しており、一のシリーズ皆勤賞だったりする。

「どう?どう?名前付けられると思ったでしょ?仲間にできると思ったでしょ?」

ジョニー・ガーランド

Fの主人公ウルとは打って変わって常識人で素直な16歳少年声優河本邦弘(ちなみに2の飛燕でもある)。

親の後を継ぐのを拒否し、私立探偵としてニューヨーク事務所を構える。やっている事は何でも屋と変わりなく、事務所にいるのはジョニー執事のレニ(前作2の敵幹部の一人)のみ。子供扱いされる事を嫌がるが、思期らしいさでレニを心配させる事もしばしばで、やはり年相応の少年である。ニューヨーカーを自称する割には日本通な部分も。ボケツッコミもお手の物だったウルとは異なり、ツッコミのみの担当だが、そのツッコミウルに共通するものがある。将来に期待しよう。

Fではメインヒロインシャナイアがフュージョンを使うためジョニーは低く設定されており、SPも低く攻撃回数も最大三回(多いキャラ最大五回まで増やせる)となっている、ジョニー固有技としてハンデツールがあり、スナップ機の他、掃除機を使ったゲージ吸収技や折りみ式携帯電話でレニを呼ぶという1のマルガリータ思い出させる時代設定視の技を使う。

後衛向きの異質なダメ主人公と思いきや、終盤で(フュージョンとは異なるが実際の演出や効果は同じ)変身を会得。変身後はハンデツールこそ使えなくなるものの、今までのの低さは何だったのかと思えるほどの強さを発揮する。但し、元のSPが低い為、アクセサリーアイテムで補しなければまともに使えない。

属性は""。ウルのように属性を変える事は出来ないが、得手も不得手もオールマイティな性質と言える。


次へ»
最終更新日: 18/01/18 04:55
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ