ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


シャドール


ヨミ: シャドール
掲示板をミル!
295カキコ!
«前へ

「シャドール」に属するリンクモンスター
このカードリバースモンスター2体を素材に要しているため、融合体は素材にできないことに注意。

リンクマーカーが横に向いていることからこのモンスターは(2)効果でメインモンスターゾーン生してリンクマーカーの拡が狙うのがな使い方だろう。
エクストラモンスターゾーンにいる場合、速やかに融合素材リンク素材にして墓地に送るのが適切。

効果使って融合召喚する場合は適当なシャドールと組み合わせれば「ネフィリム」や「ミドラーシュ」が大体出せるため、融合召喚全くできないという状況自体は少ないだろう。

また、シャドールを含めたリバースモンスターを用いた混合構築も考えられる。

2019年12月7日発売”ストラクチャーデッキ-リバース・オブ・シャドール-”

なる影(カドシャドール) ケイウス/Qadshaddoll Keios
リバース・効果モンスター
2/属性/魔法使い族/攻 900/守 100
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードリバースした場合に発動できる。
手札から「シャドール」モンスター1体を表側守備表示または裏側守備表示で特殊召喚する。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
手札から「シャドール」モンスター1体を墓地へ送る。
このターン中、以下の効果を適用する。
自分フィールドモンスターの攻撃・守備
この効果で墓地へ送ったモンスターの元々のレベル×100アップする。

属性のシャドール。(1)効果はリバース効果で手札からの特殊召喚。(2)効果は効果で墓地に送られたら手札から更にシャドールを墓地に送ってパンプ。全体的に手札周りを扱うカードと言えるが、反面手札に手を触れる割にはリターンが薄い面もあり、どちらかと言うと効果を使う前段階をメインに使うカードと言えるかもしれない。

影霊の(リーシャドール) ウェンディ/Reeshaddoll Wendi
リバース・効果モンスター
3/属性/サイキック族/攻1500/守1000
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードリバースした場合に発動できる。
デッキから「影霊の ウェンディ」以外の「シャドール」モンスター1体を
表側守備表示または裏側守備表示で特殊召喚する。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「影霊の ウェンディ」以外の「シャドール」モンスター1体を裏側守備表示で特殊召喚する。

属性のシャドール。(1)のリバース効果でデッキからシャドールを展開出来、裏側にして次のリバース効果を用いた牽制・妨しても良ければリンク素材として並べても良く、条件の整えやすさに対して扱いの幅は広い。(2)効果の墓地の送られた場合のデッキからの展開は裏側守備表示限定となっているため注意。

影依の巫女(ノェルシャドールエリアル/Naelshaddoll Ariel
リバース・効果モンスター/4/属性/サイキック族/攻1000/守1800
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードリバースした場合、
除外されている自分の「シャドール」モンスター1体を対として発動できる。
そのモンスターを表側守備表示または裏側守備表示で特殊召喚する。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合、
お互いの墓地カードを合計3枚まで対として発動できる。
そのカードを除外する。

属性のシャドール。(1)はリバースした場合にシャドールを除外から帰還させる効果で、表側表示と裏側表示を選択できる。裏側表示ならリバース効果を使え、表側表示ならリンク召喚に繋げる手段になるか。

(2)効果はお互いの墓地を除外する効果。相手の墓地厄介カードを除外したり、この効果を使用した後に(1)効果を利用できるタイミングが見つかれば、除外したシャドールの帰還になる。

エルシドール・アプカローネ/El Shaddoll Apkallone
融合・効果モンスター/6/闇属性/魔法使い族/攻2500/守2000
属性が異なる「シャドール」モンスター×2
このカード融合召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、
フィールドの表側表示のカード1枚を対として発動できる。
そのカードの効果を効にする。
(2):このカード戦闘では破壊されない。
(3):このカード墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキ墓地から「シャドール」カード1枚を選んで手札に加える。
その後、手札を1枚選んで捨てる。

融合素材属性が異なる「シャドール」が定されているが、闇以外のシャドールが同時期に登場したため、それらを素材とするのがマスト。

(1)効果は永続効の効果でスペルスピード1で、妨よりかは攻めに使う効果。そして、低いステータスを補う戦闘破壊耐性を持つ。

墓地効果はサーチして手札1枚捨てる。「シャドール」モンスターは効果なら「捨てる」でも墓地効果が起動するため、アドは取りやすいが魔法をサーチしたい場合もあるためそこは手札と相談。

選士(レーシャドール・インカーネーション)/Resh Shaddoll Incarnation
通常
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分の墓地の「シャドール」モンスター1体を対として発動できる。
そのモンスターを表側守備表示または裏側守備表示で特殊召喚する。
(2):自分の墓地からこのカードと「シャドール」カード1枚を除外し、以下の効果から1つを選択して発動できる。
自分フィールドの裏側表示モンスター1体を選んで表側守備表示にする。
自分フィールドの表側表示モンスター1体を選んで裏側守備表示にする。

墓地のシャドールを裏側か表側を選んで生するか、場にいるシャドールの表示形式変更するかを選択する通常カード。やれることの範囲は広いが、いずれかに1つでターン1制限ついているので注意。

2020年4月18日発売"RISE OF THE DUELIST"

影依の偽典(シャドールーク)
永続
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のメインフェイズに発動できる。
自分のフィールド墓地から、「シャドール」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを除外し、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
その後、この効果で特殊召喚したモンスターと同じ属性を持つ相手フィールドモンスター1体を選んで墓地へ送る事ができる。
この効果で特殊召喚したモンスターは直接攻撃できない。

墓地融合を行えるカードで、ついでに相手のモンスターを対を取らずに墓地に送ることの出来る永続

永続なため、スピードは遅くなるものの第二のテーマ専用フリーチェーン融合を行え、除外利用の価値を上げることの出来るカードになっている。また、対耐性や破壊耐性を持つモンスターの処理を行うことが出来、永続であるがために枚数少なくても済む利点も存在する。


関連動画



■sm23562318[ニコ動]

■sm23756227[ニコ動]

■sm25804765[ニコ動]
 ■sm24348441[ニコ動]


関連静画


■im4082527(静画)


関連商品


■azB00JRGQ8L8
 ■azB00JR9N18I
■azB00JSIBF8Q
■azB00JRASG3W
■azB00JRGQP02
■azB00LZP1RMY
■azB00PJX8M2G
■azB00LX7YMJY
■azB00JRH349Q
■azB00JSJU7NO


関連項目



最終更新日: 20/02/14 11:24
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ