ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


シャム(競走馬)


ヨミ: シャム
掲示板をミル!
1カキコ!

シャム(Sham)は、1970年まれのアメリカの元競走馬・元種

確かな実を持ったではあったが、「怪物」の異名をほしいままにしたセクレタリアト同期であるという不運に泣かされ「生まれる年が悪すぎた」ともなってしまった。


概要


Pretense、SequoiaPrincequilloという血統で、名門クレイボーンファームの生産所有馬

プリテンスが勝ったサンタアニタハンデキャップコイアが勝ったスピナウェイSはグレード制導入から現在まで一貫してGIとして施行されていることからも分かるように格の高いレースである。の全にハウ(ケンタッキーオークスCCAオークス)とチェロキーローズ(CCAオークス)がおり、前者の孫にトムロルフ後者の孫にアックアックと既に系から活躍が複数出ている良血である。

ちなみに名の「Sham」とは「偽物」「詐欺師」といった意味の単で、更に余談だがプリテンスは「見せかけ」である。


三冠戦線まで


シャムは成長すると16.2ハンド(約164cm)という体高になった筋々ので、同牧場アーサーハンコックジュニア代表をして「最高のになるかもしれない」と言わしめたほどの期待であった。

しかし、本が2歳になっていよいよデビューするという時になって、ハンコックは膵臓で倒れ入院。その直後の8月末にデビューしたものの初戦は3着、2戦も2着と惜敗し、2戦の翌日にハンコックは死去してしまった。その9日後に出走した未勝利戦でも2着に敗れた。

11月になって、クレイボーンファームの現役は繁殖の維持費と相続税に充当するため全て売却され、本シグムント・ソマーという不動産業者に20万ドルで購入された。厩舎もウッディスティーブンス厩舎からソマーの専属のフランクマーティン厩舎に移った。その後、12月の未勝利戦を6身差で圧勝して2歳シーズンを終えた。

3歳時は西海に拠点を移し、元日に一般競走を15身差で勝利するという衝撃の始動戦を見せた。続けて出走した一般競走も6身差で圧勝し、サンタカタリナS(GII)でも2身半差で快勝して一気に一線級に躍り出たが、次走のサンフェリペS(GII)ではリンダチーフの7身差3/4差4着に敗退。サンタカタリナSで2着だったアウトオブイースト(3着)にも先着されるという少々だらしない結果となった。

サンタアニタダービー(GI・9ハロン)ではサンフェリペSの上位3頭が全て出走し、勝ったリンダチーフが単勝1.5倍の圧倒的1番人気だったのだが、リンダチーフスタート直後にナイトリードーンというに大きな不利を受け、その間にシャムが先行してそのまま勝利した。しかし、スタートでの不利はリンダチーフ上のブラウリオ・バエザ騎手からレース後に裁決への抗議が出たほど大きかった上に、ナイトリードーンが本と同厩だったことから、結果としてはやや後味の悪いものとなってしまった。

それでもサンタアニタダービーの勝ち時計レースレコードタイであり、レコードホルダーのラッキーデボネア(1965年)も後にケンタッキーダービーとなっていたため、シャムは有の一頭としてウッドメモリアルS(GI・9ハロン)に向け東征。本デビュー戦で勝利したアングルライト、そしてアングルライトの同厩で、これまでシャムとは未対戦であった前年エクリプス賞最優秀2歳年度代表セクレタリアトと対峙することとなった。

ところが蓋を開けてみると、アングルライトスロー逃げ、そしてシャム上のラフィット・ピンカイジュニア騎手も後方のセクレタリアトの方を警した結果、猛追したもののアングルライトにアタマ差届かず2着に終わった。しかしセクレタリアトは4身離れた3着だった上、セクレタリアトボールドルーラーは当時は種として三冠競走の勝ちを1頭も出していなかったこと、シャムと違ってセクレタリアトマイルまでしか走っていなかったこともあって、まだ勢図ははっきりと定まっていなかった。


三冠戦線


ケンタッキーダービーでは、セクレタリアトが2.5倍で1番人気シャムが3.5倍で2番人気となった。シャムは好発からスムーズに先行していたが、実はスタート時にゲートに頭をぶつけてを折ってしまい、口内に血が出た状態で走ることになってしまっていた。直線ではよくったが、スタートから加速ラップを踏み続けたセクレタリアトにあっという間に交わされ、2身半差の2着に敗れた。セクレタリアトタイムノーザンダンサーレコード・2分0フラットを0.6更新する1分594という好時計で、本も1分598でこれに食らいついており、3着アワーネイティヴも8身後方に置き去りにしていたのだが、ピンカイ騎手は「スタートアクシデントがなくても、これより速く走るのは難しかっただろう」というコメントを残しており、セクレタリアトは残りの二冠でもかなりの難敵となりそうだった。

ところで、実は当時は勝ち以外は着差しか計測されていなかったため、シャム公式タイムは存在していない。このためシャムの勝ち時計は着差を元にした推定とピンカイ騎手コメントによる「1分598」という数字が有視されている一方で「2分02」だったという説もある。
ただし、現在ではシャムを扱った書籍「Sham: Great Was Second Best」の筆者が中継映像を元に推定着差を10フレーム(≒0.348)としており、これに従えばシャムも1分59台で走っていたというのはかなり信憑性が高いと思われる。

さて、次のプリークネスSでは、ケンタッキーダービー組が上位3頭を除いて全て回避し、別路線組も頭数がわず6頭立てとなった。今回も先行策を取ったが、後方から2コーナーでまくって先頭に立つという競馬を見せたセクレタリアトを最後まで捉えることができず、またも2身半差で2着に惜敗した。3着はまたしても8身差でアワーネイティヴであり、セクレタリアトを除けばシャムがこの世代のトップクラスにいることは明らかだった。

終戦ベルモントS(5頭立て)では、セクレタリアトが1番人気シャムが2番人気というのはケンタッキーダービーと同じだったものの、オッズはセクレタリアト1.1倍・シャム6.1倍とかなり開いていた。両とも12ハロン戦は未経験であったため、シャムの方がスタミナで上回っているという僅かな可性に賭けて、営はセクレタリアトを前に出させない競馬を選択した。

しかしレース前からシャム異常に入れ込んだ上、ゲートが開くとセクレタリアトスタート直後から積極的に先行し、レースはかなりのハイペースとなった。そしてシャムは中間地点で々に失速してしまい、勝利したセクレタリアト31身後方……の2着トゥワイアプリンスの更に14身後方、すなわち45身差の5着(最下位)で入線した。

更に悪いことに、8月のホイットニーハンデキャップへ向けた調整中の7月に管折。手術を経てそのまま引退となり、セクレタリアトリベンジする機会は遂に得ることが出来なかった。セクレタリアトとの対戦成績はウッドメモリアルS(2着)で先着しただけの1勝3敗であった。


種牡馬として


レイズアネイティヴなどを繋養したケンタッキー州の名門であるスペンドスリフトファームで種入りしたシャムは、初年度産駒からシェリーペッパー(スピナウェイS)やジャーゼイロ(2000ギニー、サセックスS)などを出して成功を収めた。日本でもプリンスシン京都記念を勝ち、として出したエイシンワシントンが短距離路線で活躍した。
ステークスウィナーは47頭であり、三冠馬として鳴り物入りで種入りしたセクレタリアト(57頭)とは環境の違いを考えると割といい勝負であった。しかしフィリーサイアー寄りの成績だったことが災いして、残念ながら系は現在に至るまでにかなり衰退してしまった。

1992年にウォルマックファームに移動し、翌年4月心不全のため23歳で死亡した。検死の結果、心臓普通サラブレッド均の2倍にもなる18ポンドという重さだったことが判明している。


血統表


Pretense
1963 鹿
Endeavour
194鹿
British Empire Colombo
Rose of England
Himalaya Hunter's Moon
Partenope
Imitation
1951
Hyperion Gainsborough
Selene
Flattery Winalot
Fickle
Sequoia
1955 鹿
FNo.9-h
Princequillo
1940 鹿
Prince Rose Rose Prince
Indolence
Cosquilla Papyrus
Quick Thought
The Squaw
1939 鹿
Sickle Phalaris
Selene
Minnewaska Blandford
Nipisiquit

クロス:Selene 4×4×5(15.63%)


関連動画


ニコニコにはセクレタリアトボコられたレースしかいです。


関連商品


■azB007WS85VO
■azB007QFWQKY


関連コミュニティ


■community


関連項目



最終更新日: 20/09/07 22:02
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ