ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


シャークトパス


ヨミ: シャークトパス
掲示板をミル!
23カキコ!

シャークトパス(原題: SHARKTOPUS)とは、2010年アメリカケーブルテレビSyfyにて開されたテレビ映画作品である。監督デクラン・オブライエン氏、製作低予算映画帝王とも言われるロジャー・コーマン氏とその妻であるジュリー・コーマン氏が務めた。


概要


米軍の遺伝子工学によって合成された生物兵器タコサメの掛け合わせモンスターであるシャークトパスはふとしたトラブルからコントロールが効かなくなり辺、陸上にまで上陸して本のままに人間を食らい尽くす。
このシャークトパスを騒ぎを大きくしないうちに生け捕りにしようと人間たちが戦うパニックストーリー

映画の構成は資料映像を流用したオープニング爆発オチサメを信じない人間が犠牲になる、自らが生み出した生物兵器に殺されるマッドサイエンティストなど、基本的なモンスターパニック系のお約束を網羅してるといえる。

だがにはまっただけの映画ではなく普通サメに食われかけてたブロンド女性を助けるシャークトパス、シャークトパスを守ろうとする人物の登場、「陸にいれば安全」という常識を覆したシャークトパスの捕食方法など今までのサメ映画では見られなかった新な試みも取られている。

映画に登場する生物兵器シャークトパスは一度見たら忘れられない衝撃的な容姿と、見たを安直に表したネーミングが功を期し多くの視聴者に忘れられない記憶を植えつけた。

2作として「シャークトパスVSプテラクーダ」も日本に上陸している。
こちらはホラーというよりゴジラメガシャークシリーズに似た怪獣映画物の要素が強くなって、前作の人間ドラマパートがある程度減らされバトルパートに割り当てられている。

vsプテラクーダ」の予告編セリフイケメンは死なない!」は、発言した人物がその後10たたずにプテラクーダに殺されてしまう点が即堕ち2コマのようなシュールさが笑いを呼び、過去twitterではやったことがある。


登場怪物



シャークトパス


サメタコの組み合わせなので(´Д`)
シャークトパスと呼びます...(´Д`)

アメリカ軍が開発したサメタコを組み合わせた異形のハイブリトモスター生物兵器的のために秘密裏で開発していたのだが、試験運用中のトラブルのせいで制御装置が外れて自由の身に。
以後本のままにあちらこちらのに上陸して人間を食い荒らす。

シャークトパスという名前アメリカ軍の開発者が名づけたのではなく、彼らからは「S11」と呼ばれている。シャークトパスという素晴らしいネーミングをしたのはモブニュースキャスターである。

上半身がサメだが下半身はタコなので8本の触手があり、陸上を歩き回ることが出来る。更にこの触手のように鋭く、遠くの獲物も易々と捕獲することが出来るのでシャークトパスにとって最大の武器
サメ陸上に上がれない」、「サメは近づかない限り捕食できない」という普通サメの弱点をした、これまでにない新しいサメである。
そのためこの映画では今までサメ映画にありがちだった「陸上にいれば死ぬことはない」という先入観が全編において否定されており、陸にいるからといって安心できないという恐怖物語に大きな味を提供している。

プテラクーダ

二作で登場した生物兵器的でアメリカ軍に開発された新しいハイブリトモスタープテラノドンバラクーダカマス)の合成生物である。水中をおよそ150キロで泳ぎ水中自由に行き来可生物兵器にはおあつらえ向きともいえるを持つ。

試験運用中になにものかにハッキングされてしまい、制御が利かなくなって前作のシャークトパスのごとく各地を荒らしまくる。それをなんとかしようとアメリカ海軍は生き残っていたシャークトパスにをつけ、二体を戦わせようと試みるが・・・。

オンリーでの活躍しか出来なかったシャークトパスに対し、プテラクーダーは陸の三領域を自由に移動することが出来るため、ついに人類にとってはでさえも安全地帯ではなくなってしまった。
陸上だけでなく飛行機にいても安全とは言い切れないため、兵器としての脅威はシャークトパスをえるともいえる。


カルト的な人気について


モンスターのシャークトパスの異質な容姿と個性的な動きは、映画界で大きな注をあびB級映画の視聴件数では異例の250ヒットを達成、クソコラファンアートが大量生産されるだけでなくぬいぐるみフィギュアが作られるなどの事を起こしている。
そしてあまりの人気の高さから続編として「シャークトパスVSプテラクーダ」が製作された。
まさかまさかの第三弾「シャークトパスVSエールウルフ」も2016年1月に放映された。

サメ映画がまだあまり大衆のに知られていない日本でも、2015年7月16日午後のロードショーで放映されたときには、まさかの「シャークトパス」が上から二番のトレンドに入るという偉業を成し遂げてしまった。
普通サメと違ってシャークトパス自体のキャラが立ちすぎているからこそのトレンドいりといえるかもしれない。


関連動画



■sm25273363[ニコ動]

■sm25219233[ニコ動]
■sm26614261[ニコ動]


関連商品


■azB00520G322
■azB00WIXZMVO


関連生放送


lv265252051 lv107621485


関連項目



最終更新日: 17/09/08 23:26
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ