ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


シュウ(北斗の拳)


ヨミ: シュウ
掲示板をミル!
94カキコ!

シュウとは、漫画北斗の拳」に登場する南斗聖拳の使い手である。


概要


南斗六拳のひとつで、南斗聖拳の中でも異色の足技を体とした拳法南斗(なんと はくろけん)の伝承者。
「仁」の宿を背負う男で、武義者の多い作中でも数少ない人格者のひとりである。

ケンシロウ少年時代エピソードで、北斗と南斗の他流試合「南斗十人組手」の十人の相手として立ちはだかった。年齢と経験の差もあり軽々とケンシロウを打ち負かすが、対戦後、彼の中にく“可性”を見出し、南斗の掟により処刑されるはずだった彼を自ら両を潰すことで助命するよう懇願した。
(また、この出来事がきっかけで、シュウは「仁」の宿命に覚める。)

本編では“聖帝軍”を組織し暴虐を尽くすサウザーに対し、平和を願うレジスタンス反乱軍)を率いて対抗する。

サウザーとの闘いで深手を負ったケンシロウを保護し、軍を率いて乗り込んできたサウザーに挑む。サウザーの眼前まで詰め寄るも、女子100人を人質に取られ、あと一撃を見舞うことが出来ず、逆に足の筋をられ敗北する。聖帝十字陵へと連れて来られたシュウは、人質の命と引き換えに十字陵の頂に置く碑をその足のまま頂上まで運ぶことを命じられる。

頂上にたどり着いた後、聖帝軍の放った矢と、サウザーの投げたに貫かれるが、このとき奇跡的に視が復活し、駆けつけたケンシロウと対面する。「乱世にあまねをもたらせ」ケンシロウを諭すと、碑に潰される形で壮絶な最期を遂げる。


歴代担当声優



関連動画


 
■sm8156382[ニコ動]

 


関連商品


■azB001UE7NLE
■azB002BEEJYG
 


関連項目



最終更新日: 15/08/17 15:52
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ