ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


シューティー


ヨミ: シュータロー
掲示板をミル!
460カキコ!

シューティーとは、アニメポケットモンスター ベストウイッシュ」の登場人物である。

声優渡辺明乃


概要を読むなんて基本だろ?


  [画像を見る]

に近い金髪グレーの瞳をした、カノタウン出身のポケモントレーナー
 
まだ立ったばかりの新人トレーナーだが、サトシに対して尊大な態度をとることが多く、カントー地方田舎呼ばわりしている。帳面な性格で、デジカメ写真を撮っての記録にしている。「基本だろ」が口癖で、常に基本に忠実である。まあアニメポケモンに基本なんて存在しないんだけど
 
BW1話で初登場し、アララギ博士ツタージャをもらう。その後サトシと初バトルをし勝利した(もっとも後述のようにサトシの方が不利なバトルだったのだが)。

BW10話ではバトルクラブサトシと5vs5のバトルをし、3体のみでサトシを破った。この時には既に手持ちを6体えていた様子。

BW22話のヒウンシティフシデ大量発生事件の際には、フシデを強制排除するべきだとサトシ達と対立。しかしアーティにたしなめられたことで、最終的にはサトシ達に協した。

BW31話ではサトシと3vs3のバトルをして引き分けた。この時、シューティーは過去チャンピオンアデクと会ったことがあり、憧れを持っていることが明らかになった。

ドンバトルにも参戦したが、1回戦でデントと戦い敗北。「人のバトルを見てもポケモンが強くなるわけじゃない」と、勝ち残った出場者の試合を観ないですぐに会場を去った。           

BW52話ではついに憧れのアデクと再会したが、名前を「シュータロー」と間違えられたり、バトル中に居眠りするなどのアデクの不な態度に幻滅。挙げ句の果てには「強さが全て」という自身の考えまで否定されアデクに反発、「の信じるを行く」と言い残しその場を去った。いわゆる闇堕ちフラグである。

ドンマイトにも参戦し、1回戦でベルと対戦。最初は優勢に戦っていたが、ベルの意外な作戦で形勢を逆転され、またしても1回戦で敗退。今度も2回戦以降の試合を見ずに立ち去った。

ポケモンワールドトーナメントジュニアカップには、優勝者がアデクバトルできるということで「アデクさんに勝って実明する」と意気込んで参戦。1回戦はカベルネと戦い、一のうちに勝利した。その勢いのまま2回戦にも勝利し、準決勝でデントと対戦。今度も一方的勝利するが、アデクには「圧倒的な強さもよいが、それだけではな」と評された。決勝ではサトシと対決し、またしても圧勝でジュニアカップ優勝を決めた。

そしてアデクバッフロン全に研究し尽くした万全の態勢でアデクとのバトルに臨むが、すべてを受け止めるアデクバトルを前に全くが立たず敗。シューティーはアデクに「何が足りなかったのか」と尋ねるが、アデクは何も足りないものはないのだと言い、「自分の強さは自分で決めるもの」と彼を諭す。アデクの偉大さをめて知ったシューティーは、「アデクさんバトルができてよかった」とサトシに告げ、イッシュリーグに向けて再び立った。

イッシュリーグで再登場した時には、アデクの影もあって友好的な性格になっていた。予備選ではサトシと使用ポケモン1体同士の対戦を行い、ジャローダピカチュウを追い詰めるがサトシの奇策に敗れた。バトル後、もっと強くなるとサトシに告げ会場を去った。


使用ポケモン



関連動画から見直した方がいいんじゃないか?



■sm13803618[ニコ動]


関連項目も知らないなんて・・・これだから田舎者は


ベストイッシュライバルキャラ
シューティー - ベル - カベルネ - ケニヤン - ラングレー - コテツ - バージル

最終更新日: 16/12/24 00:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ