ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


シューマン


ヨミ: シューマン
掲示板をミル!
15カキコ!

シューマン(Schumann)とは、ドイツ語圏の姓。直訳すれば「靴(Schuh)の人(mann)」、つまり「靴職人」を意味する。同義異の姓にシューベルト、シューマハー(シューマッハ)、シュスターがある。

  1. ロベルト・シューマン (1810-1856) - ドイツ作曲この項で記述
  2. クララ・シューマン (1819-1896) - ドイツのピアニスト、作曲。ロベルト・シューマンの妻。
  3. ウィリアム・シューマン (1910-1992) - アメリカ作曲

ロベルト・アレクサンダー・シューマン (Robert Alexander Schumann、1810-1856) とは、ドイツ作曲である。


概要


19世紀のドイツロマンを代表する作曲の一人。交響曲宗教曲、協奏曲、ピアノ独奏曲、歌曲など広範なジャンルで活躍した。日本では合唱曲『流浪の民』、歌曲『2人の擲弾兵』、ピアノ曲『トロメライ』(子供の情)が特に親しまれている。

ザクセン州ツヴィッカウの生まれ。文学青年だったが、20歳のときに天才ヴァイオリン奏者パガニーニ演奏を聴いて、音楽を志す。最初はピアニストをしたものの理な練習を痛めてしまい、以後は作曲と評論活動に専念。 

1840年、ピアノ師匠フリードリヒ・ヴィーク(Johann Gottlob Friedrich Wieck)ので優秀なピアニストだったクララClara Josephine Wieck)と結婚した。当初、師匠結婚を猛反対され苦悩の日々が続いたが、その経験と元々あった文学的な素養が、『詩人』『女のと生涯』など、現在まで好される数々の歌曲を誕生させた。妻クララは、ロベルト芸術の理解者・演奏者としても大きな存在であり、イ短調ピアノ協奏曲(作品54)など重要な作品のいくつかで初演を担っている。

一方、評論家としては通俗的な流行音楽を排除し、本物の芸術を取り上げることにを注いだ。ショパンベルリオーズドイツの楽壇に本格的に紹介したのも彼である。新進作曲ヨハネス・ブラームスを世に知らしめた『新しき』の論文は有名。

作品番号ベースで約150曲の作品を残し、46歳で生涯を閉じた。 


関連動画


ピアノ曲(編曲ものを含む)を自分で演奏したもの、VOCALOIDに歌曲を歌わせたものなどがある。


演奏してみた系



■sm8297133[ニコ動]


VOCALOID系


■sm2212960[ニコ動]
■sm9882921[ニコ動]
■sm10996073[ニコ動]
■sm11870781[ニコ動]


関連商品


■azB000TLYE3E
■azB00005S0G3
■azB000GG4CZW


関連項目



外部リンク



最終更新日: 18/06/23 14:25
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ