ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ショートソード


ヨミ: ショートソード

ショートソードとは、ヨーロッパで用いられたの区分である。


概要


一般的には歩兵用の短い剣、またはロングソードに対して短いをショートソードと称すると紹介されることが多いが、その定義は曖昧である。そもそも中世においては余程特徴的なでもない限り、全て「(英:sword)」と呼び、分類わけすることは少なかった。

さらに言えば「長いから騎兵用の」「短いから歩兵用の」という区分は19世紀頃の学者達による推測によるものであると言われる。

その他、ショートソードとは中世ヨーロッパにおける正式なではない物に対する別名という説もある。中世における正式な「」というのは、貴族階級の兵士すなわち騎士携帯するまっすぐな長めのの事である。

中世の長い期間にわたり、このような武器は高価であったため、騎士などの富裕層しか入手出来なかった。(このようなを現代ではアーミングソードやナイトリィソードと呼ばれている。)

」を入手出来ない多くの兵士たちは棍棒携帯したり、長めのナイフ携帯したりしたが、前者2つはともかく、後者2つは後世の視点から見るととみられてもおかしくない程度に長寸である事が多く、「だけどじゃない」「ナイフの中間」の物をショートソードと呼んだというものである。

例としては、北欧を中心に用いられたサクス、その発展ファルシオンがこれに当たる。


関連項目



最終更新日: 19/03/03 18:01
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ