ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


シリアスな笑い


ヨミ: シリアスナワライ
掲示板をミル!
714カキコ!

シリアスな笑いとは、大場つぐみ(原作)・小畑健(作画)の漫画バクマン。」内で説明された表現方法である。


概要


シリアスな場面なのに笑えてしまう場面」のことをす。
よく、シュールギャグと混同されやすい。
作中では、劇中漫画ラッコ11号」のワンシーン(大場小畑コンビの前作「DEATH NOTE」の夜神総一郎トラックテレビ局に突っ込むシーンパロディ)を例に挙げており、
「思わず笑ってしまうが、本来は真剣カッコいい場面」「作者は笑いを取りにいってるつもりはないはず」
少なくとも子供は笑わないし感動すらする」と説明している。

作者の意図せざる部分で読者失笑を誘う場合もあれば、色んな意味で微妙で苦笑を招く場合がある。
シリアスのつもりで描いていた場面が、ただのギャグシーンと取られかねない場合がある等の問題点がある為に、
計算づくでシリアスな笑いを成立させる事のハードルは高い。

この単が生まれた週刊少年ジャンプにおいても、シリアスな笑いを誘われる作品は多く、代表例としては、
HUNTER×HUNTER」「DEATH NOTE」「テニスの王子様」「BLEACH」等が挙げられる。
だが、個人によってシリアスな笑いと感じる場面は違う為、上記の作品は相応しくないと考える者もいる。

この言葉自体は「バクマン。」で初めて提唱されたが、その概念自体はもっと古くから気付かれており、ネタ活用された事例がいくつか存在している。
例えば、1980年代に放送された「スーパージョッキー」の1コーナーで、テレビ明期~発展期に数多く放映された特撮作品の迷場面を集めて放映し、それに対してビートたけしツッコミを入れまくる、というコーナーがあったが、
これも「シリアスな笑い」を応用した事例のひとつと言える。


シリアスな笑いを誘う作品一覧


ネットネタにされる等、多くの人がシリアスな笑いだと感じた作品を挙げる。


関連動画



■sm10534474[ニコ動]

■sm10541917[ニコ動]
■sm1910929[ニコ動]
■sm2777398[ニコ動]


関連商品


■az4088700376


関連項目



最終更新日: 18/01/26 16:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ