ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


シンセサイザー


ヨミ: シンセサイザー
掲示板をミル!
72カキコ!

 シンセサイザーsynthesizer)とは、楽器の一種である。

音を電子的に合成(英語でsynthesize(シンセサイズ))することから、「シンセサイザー」と呼ばれる。詳細な原理や種類などはWikipedia等各種HPを参照されたし。

曖昧さ回避
線設備(送信機・受信機…テレビラジオ携帯電話を含む)の局部発振器(ローカルオシレータ)に、水晶発振器を発振に使うことによって周波数変移を安定化させ、任意の周波数を発生させることの出来る、周波数合成器が使われる事があるが、この周波数合成器も「シンセサイ」と呼ぶ。(例:PLLシンセサイザ)
こちらの方面の詳細については、WikiPediaの「周波数シンセサイザ[外部]」や別項を参照せられたい。


概要


シンセサイザーの起は、1919年にロシアで開発されたテルミンまで遡ることが出来る。

楽器として使えるシンセサイザーを開発したのは、アメリカロバート・モーグ博士である。博士の開発した「モーグ・シンセサイザー」は世界中のアーティストされている。

日本においては冨田勲が初めてシンセサイザーを使用して楽曲を作り、またYMOが楽曲の制作演奏にシンセサイザーを活用し、「テクノポップ」を広めたことが知られており、それ以降、シンセサイザーは技術の進歩によって、より安価で高性になり、急速に普及していった。

また、アーティスト楽器メーカーが共同開発したシンセサイザーもある。例としてYAMAHAとのコラボレーションTMN小室哲哉)・浅倉大介がシンセサイザーを開発し、販された経緯もある。

現在音楽シーンにとって、もはやシンセサイザーはなくてはならない機材と言えよう。

メーカーではローランドコルグヤマハ世界的に有名。かつてはカシオ、カワイも生産していたが、カシオは廉価キーボードカシオトーン以外は撤退、カワイK5000シリーズを最後に撤退している。

しかし、2012/01/19、カシオより新たなシンセサイザーが発表された。


形状


今最も多く見かけるのが鍵盤状のものであるが、初期の頃は大きなモジュール・シンセサイザー。日本では「タンス」と渾名された機種もある)状のもので、操作も難しく、持ち運びに甚だ難のあるものであった。

近年ではパソコン上で動かせるソフトウェアシンセサイザー、変わった形状のYAMAHATENORI-ONKORGKAOSSILATOR、同社のNINTENDO DSで操作できる「DS-10」も登場している。ちなみに、VOCALOIDシリーズソフトウェアシンセサイザーに含まれる。


関連動画



■sm768546[ニコ動]

■sm1019976[ニコ動]
■sm4032507[ニコ動]
■sm2183230[ニコ動]
■sm524379[ニコ動]
■sm1692056[ニコ動]


関連商品


■az4845615061
■azB000R9U8Y2
■azB000UPCNN2


関連コミュニティ


■co613


関連項目



個別のシンセサイザー、およびシンセサイザー・シミュレーター



シンセサイザーを多く使っている代表的なミュージシャン・グループ



最終更新日: 18/08/24 17:33
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ