ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


シンフォギア


ヨミ: シンフォギア
掲示板をミル!
64カキコ!

シンフォギアとは、アニメ戦姫絶唱シンフォギアシリーズ略称、及び同作に登場する特殊装備の名称である。


概要


特異災害対策機動部二課所属の技術主任櫻井了子の提唱する「櫻井理論」に基づき、
聖遺物から作られたFG回天特機装束の名称。

現在認定特異災害ノイズに対抗しう一の装備であるが、
その存在は、現行憲法に抵触しかねないため、全秘匿状態となっている。

身にう者の戦意に共振・共鳴し、旋を奏でる機構が内蔵されているのが最大の特徴。
その旋に合わせて装者が歌唱することにより、シンフォギアはバトルポテンシャルを相乗発揮していく。

なお、交戦中にダメージを受けるなど、何らかのカタチで歌唱が中断されると、
バトルポテンシャルは一時的に減衰する。
それは、今後の課題として挙げられるシンフォギアの弱点のひとつである。

――『戦姫絶唱シンフォギア公式サイト 設定・用語解説「シンフォギア」[外部]より


特異災害対策機動部二課が保有する「FG回天特機装束」。現在では製造不可能異端技術(ブラックアート)の結晶である「聖遺物」、その欠片より作り出された「アンチノイズプロクター」。
音楽のバリア(バリアコーティング)によりノイズの持つ特性のひとつである「人体の炭素転換」を効化し、また、存在を異なる世界にまたがらせる「位相差障」によってダメージを減衰するノイズを、「調」し通常物理法則下に引きずり出すことでダメージを減衰させることなく伝えることが可な、認定特異災害ノイズに対する人類の一絶対の切り札。
シンフォギアをっている間、装者の身体は飛躍的に向上する。

聖遺物の励起、そして戦闘力の向上にフォニックゲイン(歌の)、すなわち装者の「歌」が必要であることが最大の特徴。
戦場き渡る、少女の血の流れる歌こそが、シンフォギアを対ノイズ武装たらしめるのである。

基底状態ではピンク色水晶柱のようなペンダント(集音マイクの機を持つコンバータユニット)だが、適合者の口ずさむ歌(詠)によって聖遺物が活性化し励起、一度エネルギーレベルに還元された後シンフォギアとして再構築される。解除時はシンフォギアのエネルギー還元とペンダントへの再構築が行われる。
聖遺物融合状態の立花響のみ、聖遺物の破片と体が融合しているためコンバーターを要さない)
なお、シンフォギア装着時に着用していた衣服はコンバーター内に格納され、シンフォギア解除時に再構成されている。

シンフォギアシステムには総数301,655,722種類のロックが施されており、装者の技量やバトルスタイルに応じて系統的、段階的に限定解除される構造となっている。(『G』までは外見的には出が低ければ面積が多くなり高くなれば面積が多くなる傾向があったが、『GX』以降「イグナイトモジュール」ニグレドフェイズ時等の例外も多い)
戦姫絶唱シンフォギア』において立花響の友人たちの歌によって復活した装者っていたシンフォギア、及び『戦姫絶唱シンフォギアG』において70億の絶唱によるフォニックゲインを受けたシンフォギアは、ロックが外された限定解除状態(XD[エクスドライブモード)となっていた。


適合者


高い聖遺物適合係数を持ち、聖遺物をその歌によって励起させ、シンフォギアの装者となり得る存在。
その絶対数は少なく、シンフォギアの存在自体が秘匿されていることも相俟って「戦姫絶唱シンフォギア」時点で日本政府認定された適合者風鳴翼ただ一人である。(『戦姫絶唱シンフォギアG』においては風鳴翼雪音クリスの二名)

適合者の分類は、先的な適性を訓練によって恒常的に伸ばした第一種・先的な適性を、訓練と投によって時限的に引き上げた第二種・事故による融合体としてシンフォギア装者となった後、訓練でも投でもなく、土壇場に必要適合係数をむしり取った第三種に大別される。

詠は装者によって異なり、同聖遺物であってもメロディこそ同一だが聖遺物名部分以外は装者によって変化する(カデンツァヴナ姉妹の「白銀のシンフォギア」の詠のみ同一歌詞)。
適合者(及び聖遺物融合症例)は詠の最後のフレーズが「tron」、後適合者は「zizzl」となっているのではと考察されていたが、月読調及び暁切歌詠のラストが「tron」であることによりその可性は薄くなった。

第一種適合者
第二種適合者
第三種適合者

アームドギア


シンフォギアの武装。技や使用方法に応じて姿を変える可変性を持つ。
風鳴翼く、常在戦場の意思の体現。シンフォギアの戦士として構える胸の覚悟。

天羽奏及びマリアガングニールは戦風鳴翼天羽々斬類など、聖遺物の元のカタチと類であることが多いが、雪音クリスイチイバル銃器・重火器類などのように装者の心の影も受ける。
武器を持つことを望まずかと手を繋ぎあうことを第一とする心の在り様から、有り余るエネルギーを持ちながらそれを武器として形成できず、「束ねて繋ぐ手」こそをアームドギアとする立花響は、風鳴弦十郎に師事することで習得した武術を己が武装とする。だが次第に左腕を再生させたり、右腕をに変形させたり、果ては巨大な腕を形成したりと、のアームドギア=腕」喩ではなく文字通りの意味になりつつある。


聖遺物


聖遺物は強大なを持つと同時に、扱いを誤れば使い手の命を脅かす危険性をむものである。聖遺物適合係数が低いものがシンフォギアをえば、そのを振るうたび強バックファイアダメージ装者に襲いかかることになる。また、立花響心臓部に食い込んだ「ガングニール」の欠片聖遺物「ネフシュタンの」など、使用者の体に融合しその命を蝕むものもある。

シンフォギアシステムに使われているような欠片ではなく、欠けることのない姿のままで遺された聖遺物を「聖遺物」と呼ぶ。励起には多大なフォニックゲインが必要となるが、一度起動してしまえばその後は歌を要することなくでもそのを発揮することが可である。

聖遺物は歌によって励起する際に「アウフヴァッヘン波形」と呼ばれる特殊な波形パターンエネルギーを放つ。アウフヴァッヘン波形は聖遺物ごとに固有であり、波形データを照合することで聖遺物特定が可天羽奏/立花響の「ガングニール」とマリア・カデンツァヴナ・イヴの「ガングニール」は同一聖遺物から作られたシンフォギアであるため、同じアウフヴァッヘン波形を持つ。


LiNKER


低適合係数の者が装者になろうとする場合、適合係数を高める制御LiNKER(リンカー)」が必要となるが、これは依存性が強く体を蝕む物であり、使用者はショック症状や悪ければ廃人化を起こすこともあり、適合係数上昇のための過剰投与や常用を続ければ使用者の命を削ることになる。そのためLiNKERによって装者となった者にはシンフォギアを限界時間が存在し、使用後は体内洗浄が必要となる。

天羽奏をはじめとするLiNKER被験者の臨床データをもとに、米国連邦聖遺物研究機関F.I.S.の生化学ウェル博士を中心として開発された「あなたに優しい」がテーマLiNKERや、より後遺症を軽減する体内洗浄法等、使用者の負荷を抑える方法も研究されている。

LiNKERに加え装者補の「強い意志」もLiNKER同様に適合係数を高める効果をすことがある。
LiNKERを使用した後適合者のうち天羽奏家族を殺したノイズを鏖さんとする「憎しみ」、小日向未来は親友である立花響を守りたいという「」でその身にシンフォギアをうことを可とした。


絶唱


増幅したエネルギーを解き放つ、シンフォギアの最大攻撃。最後の切り札

絶大な威を持つが、使用者自身へのダメージも凄まじい。バックファイアの軽減率は使用者の適合係数に例する。
高い適合係数を持つ風鳴翼でも使用時には深いダメージを負い、元々適合係数が低く実験のために補助を絶っていた天羽奏は負荷に耐え切ることが出来ず命を落としている。

当初はこのことと字面からくるのイメージから、「絶唱」=「撃ったら絶対に死ぬ、自爆技」と勘違いする視聴者も続出した。

本来はエネルギーの運用効率を高めるアームドギアを介して放つが、それをしない場合はエネルギー暴走により威こそ増すものの余剰エネルギーが出るなど効率は悪く、使用者へのダメージもより大きいものとなる。(→絶唱顔
シンフォギアによって絶唱特性も違い、ガングニールは渦を巻くエネルギーにより突破・貫通に優れ、天羽々斬エネルギー向性を持たせて放つ特性を持つ。
しかし、天羽奏が最期の絶唱の際に渦巻くエネルギーを広範囲殲滅に使用したり、雪音クリスが本来広域殲滅であるイチイバル絶唱エネルギーリフレクターを用いて一点収束するなど、使用者のバトルセンスに応じて特性とは異なる運用も可


次へ»
最終更新日: 19/06/06 17:58
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ