ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


シーバード


ヨミ: シーバード
掲示板をミル!
6カキコ!

シーバードとは、1962年まれのフランス競走馬1965年の英ダービー凱旋門賞に勝った名である。


概要


Dan Cupid Sicalade Sicambreという血統。ネイティヴダンサーの産駒だが大レースには勝てなかったで、は未勝利。まったく期待出来そうな血統である。実際、はシーバードを含めて三頭のを送り出したのに、シーバードが競馬に出る前に見切られて食処分にされてしまった。

出走前にが処分されていたくらいであるからこの毛のは見栄えが悪かったのであろう。成長も遅く、デビューは二歳だった。しかしデビュー戦を出遅れながら鼻差勝ち。おお?これは?と厩舎関係者も思ったのか、次戦は重賞相当のレースに出走。これも翌年のディアヌ賞(フランスオークス)勝を下して優勝

三戦は二歳チャンピオン決定戦ジャンリュックラガールデール賞。ここには同厩舎の期待であったグレイドーンが出走していて、それまで乗っていたパット・グレノン騎手グレイドーンに乗り変わってしまう。これが影したのか、シーバードはどんを進み、直線で火がついたように追い上げて11頭も追い抜いたものの、グレイドーンに敗れてしまう。これはグレイドーンに勝たせたのだという説もあり、そのパフォーマンスに、負けたにも関わらずシーバードの評価は逆に高まった。

グレフュール賞、リュパン賞共に、直線外を加速して他のを置き去りにするの覚めるような圧勝。営はダービーステークス(英ダービー)への遠征を決断した。ちなみに、シーバードは右回りより左回りが好きだったそうであり、それが英ダービーへ向かった理由の一つだそうなのだが、今まで走ったレースはみんな右回りなのである。え?それであの強さなの?それを考えると英ダービーでのパフォーマンスは意外なものではなかったのかもしれない。

その英ダービー。直線に入るや否や、恐ろしい末脚を繰り出してあっという間に先頭に立つ。しかもほとんど持ったまま。抜け出して4身くらいちぎり、ああ、もう大丈夫という感じで手綱を緩めて流してゴール。着差は2身1/2。あまりの強さにイギリス人は総口あんぐり状態。「キャンターで勝ちやがった」とか「他の一流を乗クラブであるかのようにあしらった」とか当時の評価はとにかく異常に高い。その強さは関連動画で見て、他の年の英ダービーと見べてもらえば分かる。抜け出す時のはもしかしたらダンシングブレーヴラムタラも敵わないかもしれない。

ちなみに二着メドウコートはその後、ダービーキングジョージに勝っている。他にもアイセルコロネーションカップ。シリーシーズンチャンピオンステークスに勝っており、むしろこの世代のレベルは高い方だった。けして相手が弱かったわけではないのである。

シーバードはその後、初古相手のサンクール大賞も楽勝。不動の大本命として凱旋門賞へと向かったのだが、このレースが凄かった。

まず相手が凄い。対抗筆頭のリアランスはダービーパリ大賞、ロワイヤルオーク賞のフランス3歳3大レース敗で制していた。イギリス遠征したシーバードとはまだ対戦していなかった。後に日本に輸入されるダイアトムは後にワシントンDCに勝つ事になる名。前述のイギリスメドウコートもダービーキングジョージを連勝して乗り込んできていた。アメリカからは最優秀3歳トムロルフ。ソ連からは現在でもソビエトロシア史上最強と謳われるアニリン

今に至るも史上最高の好メンバーと言われている。これら、むような世界の名たちを向こうに回し、シーバードはダントツの一番人気に支持された。だが、凱旋門賞ロンシャン2400m。シーバードの苦手な右回りである。流石のシーバードも苦しいレースを強いられるか?と予想した人も多かった。

ところが、このレースのシーバードは、一言で言ってのように強かった」

一団になったまま直線。シーバードは直線に入った時には既に先頭だった。そこへ世界の強が襲い掛かる!・・・と思ったら・・・。

1頭だけワープしたみたいにあっという間に差を開くシーバード。えええ?しかも、後続各は押し捲ってぶっ叩き捲っているのに上の手はほとんど動かない。6身くらいぶっちぎって、そこでなんだか逸走するみたいに思い切り左へ大斜行。まぁ、あれだけ差があれば後ろのにはなんの迷惑も掛らない。こんなお遊びみたいな走り方をしながら公式発表6身(実際は4身くらい?)の圧倒的勝利

「そのはこの世のものとも思えなかった」と英は伝えた。がどう見てもシーバードは本気を出しておらず、それであの勝ち方なのだ。相手関係、勝ち方からし前絶後であるとして現在でも「最も凄まじい勝ち方した」としてシーバードは凱旋門賞史上に然と名をかせている。

シーバードはこれで引退。種入りした。通産戦績は8戦7勝二着1回。生涯、本気で走った事はかったとも言われ、強さの底を見せないままターフを去ってしまった。この時代にジャパンカップがあれば日本に来てくれたのだろうか・・・。

入り後、最初の5年間はアメリカレンタルされ、フランスに帰ってきたのは1972年末。しかし翌1973年。シーバードは腸閉塞を起こして死亡。まだ11歳の若さ。種評価もまだまだこれからという時であった。

死にしたシーバード。産駒は期待ほど走らなかった(走っていればアメリカからフランスに帰ることもかったのだが)が、アメリカの二冠リトルカレント、アレフランスを送り出し、世紀の名の意地をこの世に残した。サイアーラインは現在でも残っている。なんとか続いて欲しい。

フランスでありながらイギリスでも絶大な人気があったしいである。イギリスのレーシングポスト95年にベストホースを決めるアンケートを行ったところ、ニジンスキーミルリーフ以下を抑えて圧倒的多数でシーバードが選ばれたのだそうだ。フリーハンデでも歴代最高の145ポンドの評価を受けている。

その現在まで続く圧倒的な評価からは、彼のレース振り、勝ち方からヨーロッパ競馬関係者とファンが受けた衝撃の深さがばれる。フランス英雄、シーバード。現在でも多くの人が「二十世紀最強だと評価する偉大な名であった。


関連動画



■sm1001908[ニコ動]

 ■sm4353774[ニコ動]


関連商品


シーバードに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


シーバードに関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 18/08/31 13:19
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ