ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ジェットストリームアタック


ヨミ: ジェットストリームアタック
掲示板をミル!
104カキコ!

ジェットストリームアタックとは、機動戦士ガンダムに登場する黒い三連星が繰り出す必殺技である。


概要


ジオン公国軍の黒い三連星、ガイアオルテガマッシュが編み出した三位一体必殺技。ジェットストリームアタックは対艦戦を想定していた。縦一列に並び、一機に見せかけて敵艦に接近。一撃を加えた一番前の機体は列から離れ、すぐさま後ろの二機が攻撃。攻撃を終えた二機も列から離れ、最後の三機も攻撃。これにより短時間で大きなダメージを敵艦に与える事が出来た。黒い三連星はこのジェットストリームアタックを使用し、大戦となったルウムにおいて旗艦アナンケを大破。敵の将軍であるレビルを捕縛するという大戦果を挙げた。ちなみに当時の彼らの搭乗機はザクであった。

オデッサ防衛のため地球派遣された際にはホワイトベース隊と交戦。この時の搭乗機はドムに変わっていた。ガンダムに対してジェットストリームアタックをかけた。一回アムロを大いに驚かせたが、二回ガンダムに一番前の機体を踏み台にされ二番の機体(マッシュ機)をビームサーベルで両断されてしまう。(この時のガイア台詞踏み台にしたぁ?」はかなり有名だろう。)

後続のオルテガ機も介入してきたミデアに妨され、コンビネーションはズタズタになった。ジェットストリームアタックは運用が三機前提だったため二機のみとなった二回以降は使われる事はかった。

ちなみにジェットストリームアタックを編み出したのはルウム戦役より前とする説がある一方、一年戦争戦後9月下旬だと説明する資料も存在する。グラナダ宙域に出現したルナツー所属の連邦軍艦隊を、黒い三連星とグラナダ防隊が迎撃。マゼラン級ホルムスを撃沈し、サラミス級シュリホフとホダニーを大破させてジオン側が勝利を収めた。この時、隊列を組んでいる姿が撮影され、ジェットストリームアタックの称が付けられたという。


パロディ・バリエーションなど


聖戦士ダンバイン

同様に『トリプラー』という似たようなコンビネーション戦法が登場する。
上述の黒い三連星と同じ3人組『い三騎士』が登場し、上記のジェットストリームアタックと似た内容の攻撃で主人公ショウを苦しめるが最後はショウが駆るオーラバトラービルバインに3人共倒されている。ちなみに『い三騎士』の構成員はそれぞれガラティガイアと同様の、定評のあるリーダー)、ニェット(隻眼男)、ダー(巨)で、尚且つトリプラーショウに破られた際のガラティ台詞が「踏んづけてった!?」とあり、様々な点が黒い三連星と二つである。
(両作品共に富野監督が手掛けているので、ダンバインに登場したい三騎士の方が黒い三連星のセルリスペクトであると言われているが)

機動戦士ガンダムSEED DESTINY

ドムセルオマージュとして「ドムトルーパー」が登場、同じく3人組のパイロットによって運用されており(ヒルダヘルベルト、マーズ。彼らの小隊名は特にない)、彼らもまたジェットストリームアタックを用いて戦った。でも空気

本家ドムでは単なるくらましだった部の拡散ビームが、こちらでは「スクリーミングニンバス」という一種のビームフィールド発生器になっており、先頭機がこれを用いる突撃戦法は攻防一体の立な武器となっている。対艦必殺技というよりは、この特性ドムの機動を活かしての突破戦法というイメージ

新幹線変形ロボ シンカリオン

70話にて「ブラックシンカリオンナンバーズ」が三体同時に出現。その際、複数機が直線的に並ぶことで、相手の視覚認識に誤りを起こさせ、連携して攻撃を仕掛ける。かのジェットストリームアタッ(ク)…つまり直線的に並んで攻撃を仕掛ける戦法を用いた。(シンカリオン世界にはエヴァフィクションとして存在するので恐らくガンダムも…)

それに対してハヤト主人公側は主人公機であるE5はやぶさMkIIが進行を止め、それを踏み台E6こまちE7かがやきが上から攻撃を仕掛けたが、サポートメカシャショットには二機の行動が読めなかったのかハヤトォ!?今E5踏み台にぃ!?集中線付きで驚いていた。


ニコニコ動画では


上記の技が転じて、同機や同キャラ3体が並んでのコンビネーション技(並んで突っ込んできただけの事も…)に対して、ジェットストリームアタックのタグを付けられる事が多い。黒い三連星の魂は、宇宙に飛んで永遠の喜びの中で漂っている。


関連動画



■sm120833[ニコ動]

■sm3660501[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 19/10/22 21:12
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ