ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ジェットロン


ヨミ: ジェットロン
掲示板をミル!
13カキコ!

ジェットロンとは「戦え! 超ロボット生命体トランスフォーマーシリーズに登場する、作画ミスの元である。部隊名。所属はデストロン。ちなみに日本が独自につけた部隊名であり、アニメ劇中では一度しか呼ばれていない。海外では「Desepticon Jets」または「Seekers」と呼ばれている。


概要


初代~ザ☆ヘッドマスターズ期に登場。前述のとおりデストロン航空攻撃部隊であり、初代の作品では名無しの同も多数存在している。その当時のデストロンと言っても過言ではい。

本編でよく作画、設定ミスを起こす・・・・

スタースクリームが2人もいる」

「せっかくの形を変えて差別化を図った新ジェットロンの色を間違える」

スカイワープワープするシーンであるにもかかわらずサンダークラッカーと名乗る(しかも)


初代ジェットロン(F-15に変形)


他にも同が何体もおり、海外展開で名前がついたものもいる。


新ジェットロン(物語中盤より登場、全員とんがり頭。モチーフ戦闘機はなし)


ちなみに彼等の肩書きは「銀河系最強ジェットファイター」である。しかしあまりの役立たずさにメガトロンからその肩書きをあげられたうえで役立たずぶりを摘されている。つまり実際は「銀河系最強ジェットファイター(笑)」である。

初代の玩具においては、の形状以外はスタースクリームとほぼ同じ形状をしており、トンガリ頭もかった。しかし、ただでさえ作画ミスの起こりやすいジェットロンの面々がこれ以上増えては困ると考えたためか、アニメにおける設定で初めて「トンガリ頭」が設定された。玩具においては頭部の後ろに寝かせた機首部分を立たせることで再現できるが、実はスタースクリームなど初代ジェットロンでもトンガリ頭を再現できてしまう。

ラムジェットは変形!ヘンケイ!で登場したが、他の二人は限定販売となっている。


ムービー以降登場


以下の面々をジェットロンに含めることは少ないが。


ジェットロン集結シーン


トランスフォーマーG1シーズンごとに登場するキャラフェードアウトしてしまうキャラがおり(日本版では放映順がバラバラなため最後まで活躍するものもあり)ジェットロンもその例外ではない。
そのため、G1において旧ジェットロンと新ジェットロンが同時出撃するシーンは少ない。
彼等が同時に活躍する回として有名なのは、メガトロン地球作戦Part2における人間達との航空戦である。
Part1含めこのエピソードしくジェットロンがすごいカッコイイと思えるようなシーンが多いのでジェットロンファンなら必見である。


関連商品


■azB0017IDARY


関連コミュニティ


■co3663


関連項目



最終更新日: 16/07/10 08:37
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ